マダニって?

マダニには800以上もの種があります。いろいろな環境に適応、生息できるため、世界中で問題になっています。また、マダニは人にも感染する、犬バベシア症やライム病などを媒介すると言われています。これらの被害からワンちゃんを守るためには定期的な対策が必要です。

マダニの発生と感染

マダニの発生には気温や湿度など多くの要因が複合して関与しています。このため、季節によって大発生したり、突然、多数のマダニが寄生することがあります。マダニは気温が15℃以上になると活動を開始すると言われており、秋口に繁殖期を迎えます。また、北海道から沖縄まで日本全国に生息しており、公園や河原、林などの草むらに隠れるように潜んでいます。

①メスの成虫が地上に産み落とした卵が孵化した幼虫が草の葉の先端にはい上がります。
②動物が近づくとその体温や炭酸ガスに反応して動物に飛び移ります。
③吸血して成長、脱皮を繰り返し、成ダニになります。
④成ダニは行動範囲も広がり、より大きな動物に寄生して吸血します。
⑤2~3週かけて飽血後、メスは産卵を開始します。

マダニによる吸血

マダニの口は、皮膚を突き刺すのに特に適した構造をしています。マダニが動物の皮膚に接触すると皮膚を切開し、その口が皮膚に入り込みます。すると口が抜けないよう、唾液からセメント様の物質を注ぎ込み、皮膚に口を固定します。唾液には血液を固まらせないための成分や、炎症を引き起こさせないための成分が含まれているので、吸血されている動物の反応は抑制されます。

症状と病原体の伝播

マダニの栄養源は血液です。特に成ダニは、1匹あたり1ccもの血液を吸血し、体重は、吸血前の200倍になるとも言われています。そのため、多数のダニが寄生することで貧血を招きます。
マダニは、最初の数日間の遅い吸血の後、急速な吸血が始まりますが、この急速吸血期の唾液分泌は周囲の細胞の溶解と壊死を加速させます。病原体の伝播リスクが高まるのはこの時です。
では、マダニによる病原体の吸血後、どのくらいで病原体が伝播するのでしょうか?
バベシアは、36時間~48時間で感染力をもち、貧血や発熱、食欲不振を示します。急性の場合は死にも至ります。
ライム病は、72時間以降で感染の確率が高くなると言われています。

マダニのチェック

お散歩から帰ったら特に、顔まわり、耳、目の縁、お腹、足の指の間などの被毛の少ない、短い場所をチェックしましょう!
もし、マダニを発見しても、無理に取らずに動物病院へいきましょう。無理に取るとシコリになったり、化膿したりしてしまいますので、注意してください。

マダニの防除法

マダニの寄生とマダニ媒介性疾患を単独で100%防御する方法はありません。したがって、いろいろな防御法を取る必要があります。
まず最初に、効果が高く、長期間持続し、シャンプーや水浴に影響を受けにくいマダニ駆除剤を用いることが大切です。次にマダニが多い地域で動物を散歩させた後には、マダニの寄生を注意深くチェックしてください。

最後に…

たかがマダニ、されどマダニ。マダニの恐ろしさがわかってもらえたでしょうか?マダニそのものだけでなく、伝播される病原体による二次感染が思った以上に怖いものなんです。今日から散歩後のチェックを習慣にして、ワンちゃんをマダニの被害から守りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1034 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1483 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 1065 view

犬の健康を守るために混合ワクチンって必要なんでしょうか?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されていま…

adelee / 1771 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2147 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1605 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1850 view

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 1666 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 2037 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4437 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 3025 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2182 view

関連するキーワード