マダニって?

マダニには800以上もの種があります。いろいろな環境に適応、生息できるため、世界中で問題になっています。また、マダニは人にも感染する、犬バベシア症やライム病などを媒介すると言われています。これらの被害からワンちゃんを守るためには定期的な対策が必要です。

マダニの発生と感染

マダニの発生には気温や湿度など多くの要因が複合して関与しています。このため、季節によって大発生したり、突然、多数のマダニが寄生することがあります。マダニは気温が15℃以上になると活動を開始すると言われており、秋口に繁殖期を迎えます。また、北海道から沖縄まで日本全国に生息しており、公園や河原、林などの草むらに隠れるように潜んでいます。

①メスの成虫が地上に産み落とした卵が孵化した幼虫が草の葉の先端にはい上がります。
②動物が近づくとその体温や炭酸ガスに反応して動物に飛び移ります。
③吸血して成長、脱皮を繰り返し、成ダニになります。
④成ダニは行動範囲も広がり、より大きな動物に寄生して吸血します。
⑤2~3週かけて飽血後、メスは産卵を開始します。

マダニによる吸血

マダニの口は、皮膚を突き刺すのに特に適した構造をしています。マダニが動物の皮膚に接触すると皮膚を切開し、その口が皮膚に入り込みます。すると口が抜けないよう、唾液からセメント様の物質を注ぎ込み、皮膚に口を固定します。唾液には血液を固まらせないための成分や、炎症を引き起こさせないための成分が含まれているので、吸血されている動物の反応は抑制されます。

症状と病原体の伝播

マダニの栄養源は血液です。特に成ダニは、1匹あたり1ccもの血液を吸血し、体重は、吸血前の200倍になるとも言われています。そのため、多数のダニが寄生することで貧血を招きます。
マダニは、最初の数日間の遅い吸血の後、急速な吸血が始まりますが、この急速吸血期の唾液分泌は周囲の細胞の溶解と壊死を加速させます。病原体の伝播リスクが高まるのはこの時です。
では、マダニによる病原体の吸血後、どのくらいで病原体が伝播するのでしょうか?
バベシアは、36時間~48時間で感染力をもち、貧血や発熱、食欲不振を示します。急性の場合は死にも至ります。
ライム病は、72時間以降で感染の確率が高くなると言われています。

マダニのチェック

お散歩から帰ったら特に、顔まわり、耳、目の縁、お腹、足の指の間などの被毛の少ない、短い場所をチェックしましょう!
もし、マダニを発見しても、無理に取らずに動物病院へいきましょう。無理に取るとシコリになったり、化膿したりしてしまいますので、注意してください。

マダニの防除法

マダニの寄生とマダニ媒介性疾患を単独で100%防御する方法はありません。したがって、いろいろな防御法を取る必要があります。
まず最初に、効果が高く、長期間持続し、シャンプーや水浴に影響を受けにくいマダニ駆除剤を用いることが大切です。次にマダニが多い地域で動物を散歩させた後には、マダニの寄生を注意深くチェックしてください。

最後に…

たかがマダニ、されどマダニ。マダニの恐ろしさがわかってもらえたでしょうか?マダニそのものだけでなく、伝播される病原体による二次感染が思った以上に怖いものなんです。今日から散歩後のチェックを習慣にして、ワンちゃんをマダニの被害から守りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2469 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1100 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1914 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2030 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1798 view

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 971 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1867 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1009 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1267 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1690 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1292 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 912 view

関連するキーワード