リンパ腫

リンパ球が腫瘍化する悪性腫瘍です。リンパ腫には多中心型や縦隔型、消化器
型、皮膚型などがありますが、リンパ腫の約80%は多中心型といわれています。
多中心型では体表にあるリンパ節が腫れていることに気づいて発覚することが多いです。
治療としては、抗がん剤治療、外科治療、放射線治療などをおこなっていくことになります。

甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍のほとんどは悪性の甲状腺癌です。
甲状腺癌は多くの場合、初期には喉のしこり以外に特徴的な症状があまりなく、元気や食欲がなくなってきます。
しこりが大きい場合には呼吸がしづらくなったり、咳などが出てくることがあります。外科手術や抗がん剤治療をしていきます。

唾液腺嚢胞

口の中には唾液腺が存在していて唾液を分泌しています。
なんらかの原因で唾液が漏れてたまってしまい、のどの部分が腫れます。
嚢胞に針を刺して中にたまった唾液を出すことで腫れはなくなりますが、多くの場合はまたたまってきてしまいますので、外科治療で下顎腺と舌下腺を切除します。

まとめ

喉もとにできたしこりは、しこり以外に目立った症状がないために気づくまでに時間がかかってしまうことがあります。しこりの原因によってはしこりが大きくなってしまうと治療が困難になってきてしまうこともありますので、日頃からスキンシップをよくとって早期発見・早期治療ができるようにしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1486 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1591 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 1806 view

混合ワクチンが完了しない幼犬がお散歩NGなのは何故?こんな健康上の理由があるんです

混合ワクチンが完了していない幼犬は健康上どんな心配があるのでしょう?混合ワクチンが重要な理由をまとめてみまし…

Chriee / 879 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1483 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 933 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1519 view

簡単にチェックしたい!犬の皮膚や毛の状態でわかる、手軽な健康管理とは?

愛犬の体調管理は飼い主さんにとって一番気になることではないでしょうか?嘔吐や食欲不振など判りやすい症状のほか…

Chriee / 1192 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1247 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2314 view

獣医師が解説「逆くしゃみ(犬の病気)」:小型犬や短鼻種のワンちゃんに起こりやすい!?…

逆くしゃみって知っていますか? 犬が突然立ち止まって苦しそうにグエ~グエ~というような音をさせながら、空気を…

本間獣医科病院 / 2077 view

知っておいて欲しい、犬のフィラリア予防の大切さ。

毎月犬に薬を飲ませてるけど、なぜ毎月飲ませないといけないのか、そもそもフィラリアが何なのか、実際よくわからな…

Gigii / 1019 view

関連するキーワード