リンパ腫

リンパ球が腫瘍化する悪性腫瘍です。リンパ腫には多中心型や縦隔型、消化器
型、皮膚型などがありますが、リンパ腫の約80%は多中心型といわれています。
多中心型では体表にあるリンパ節が腫れていることに気づいて発覚することが多いです。
治療としては、抗がん剤治療、外科治療、放射線治療などをおこなっていくことになります。

甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍のほとんどは悪性の甲状腺癌です。
甲状腺癌は多くの場合、初期には喉のしこり以外に特徴的な症状があまりなく、元気や食欲がなくなってきます。
しこりが大きい場合には呼吸がしづらくなったり、咳などが出てくることがあります。外科手術や抗がん剤治療をしていきます。

唾液腺嚢胞

口の中には唾液腺が存在していて唾液を分泌しています。
なんらかの原因で唾液が漏れてたまってしまい、のどの部分が腫れます。
嚢胞に針を刺して中にたまった唾液を出すことで腫れはなくなりますが、多くの場合はまたたまってきてしまいますので、外科治療で下顎腺と舌下腺を切除します。

まとめ

喉もとにできたしこりは、しこり以外に目立った症状がないために気づくまでに時間がかかってしまうことがあります。しこりの原因によってはしこりが大きくなってしまうと治療が困難になってきてしまうこともありますので、日頃からスキンシップをよくとって早期発見・早期治療ができるようにしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2967 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 1353 view

混合ワクチンが完了しない幼犬がお散歩NGなのは何故?こんな健康上の理由があるんです

混合ワクチンが完了していない幼犬は健康上どんな心配があるのでしょう?混合ワクチンが重要な理由をまとめてみまし…

Chriee / 1118 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1405 view

愛犬のお口が臭い!ひどい口臭はこうして解決できる!?

シニアになってくると気になるのが愛犬の口臭です。歯磨きができるコでも気になるという飼い主さんは多いようです。…

Chriee / 1996 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 1111 view

飼い主が何気なく吸っているタバコ、愛犬の健康にはどんな影響があるか知ってますか?

ペットの健康を気遣う飼い主さんは増えていますが、タバコはどうでしょうか?しっかり別の部屋で吸う人もいると思い…

Chriee / 1592 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1395 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 1271 view

アレルギー体質の犬はご注意!ワクチンに気をつけることや食べ物の選び方は?

アレルギー体質の犬のケアにはいろいろ気を使う必要があります。普段から気をつけたいアレルギー体質の犬の食べ物の…

Chriee / 1254 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 2079 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2577 view

関連するキーワード