人間だけじゃない!犬もかかるうつ病とは?

ストレス社会の現代、人間と同じように犬もうつ病に罹ることがあるのを知っていますか?その原因や対処法、どんな症状が出てどのように治療をするのか、意外に多い犬のうつ病について調べてみました。あなたの愛犬は大丈夫ですか?

犬のうつ病・・・症状とは?

食べたくない・・・

食べたくない・・・

人間の場合は意欲や食欲の減退や体重減少といった症状があるうつ病ですが、実は犬もほぼ同じ。散歩を嫌がるようになり、食欲もなく食べさせても吐いてしまう、体重が落ち毛並みもぼさぼさに、ずっとうろうろと歩き回ったり、鳴き続けたり、小さな隙間にすっぽりはまって動かなくなったりと、元気がなくなってしまいます。

犬のうつ病・・・どうして罹る?原因とは?

またお留守番なの?

またお留守番なの?

犬がうつ病にかかってしまう原因として大きく3つが挙げられます。①飼い主が留守がちで、いつも一人で留守番をしていることが多い ②飼い主がいつも不機嫌でピリピリしている ③飼育環境が悪い ①ではひとりぼっちで孤独を感じ、②では自分はダメなんだと思ってしまい、やがて心を病んでしまうのです。

犬のうつ病・・・治療はどんなことをするの?

元気になりたいな

元気になりたいな

まずは飼い主さんとのスキンシップを増やしたり、止むを得ず長時間留守番をさせる場合の環境改善など、現在の生活環境の改善から取り組みます。うつ病の原因となっていたものを取り除くと症状が改善していくことがほとんどです。状態により動物用の抗鬱剤を処方されることもあります。まずは獣医師と話し合いを持ちましょう

犬のうつ病・・・かからないために普段からできることは?

楽しいね!ね!

楽しいね!ね!

今現在、長時間お留守番も特に問題ない場合でも、実はストレスを溜めてしまっているということが多く、気付いた時には発症してしまっているうつ病。日ごろからのスキンシップがとても重要になってきます。忙しいからと散歩も遊びも適当になってしまっていませんか?時間を作りしっかりと向き合ってあげることが大切です。

犬のうつ病・・・具体的な対処法

次はなにして遊ぶ?

次はなにして遊ぶ?

まずは1日の中で愛犬との時間をしっかり作り、名前を呼んでスキンシップを取るようにしましょう。頭や体を撫でたりブラッシングをしたり、愛犬に触れる機会を沢山作りましょう。どうしても留守番をさせるときは、音楽をかけたり室温を一定にするなど、愛犬が寂しくないよう工夫をしてあげましょう。

いかがでしたか?いつも飼い主さんを癒してくれる存在の愛犬が心を病むほどストレスを溜めてしまわないよう、忙しくても毎日沢山の愛情を持って接してあげましょうね◆最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 957 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 719 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 514 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 865 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 1912 view

要チェック!色、形、匂い、ウンチを見ればわかる愛犬の健康状態

毎日の散歩で、あるいはペットシートで、愛犬がウンチをしたら良く見て健康状態をチェックするようにしましょう。

cezannee / 2481 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 634 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 894 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 1306 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 884 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 1923 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 825 view

関連するキーワード