春に気をつけてあげたい愛犬の花粉症対策

春は緑もきれいで散歩が楽しいものですが、花粉症の人は憂鬱な季節ですね。実は犬にも花粉症があるのをご存知ですか?
犬の花粉症も人間同様、気をつけたいことがいろいろあります。症状や、散歩や日常で気をつけてあげたい花粉症についてまとめてみました。

愛犬にこんな症状があったら花粉症かも?

人間の場合と違って、犬の花粉症は主に皮膚に症状が表れるようです。
皮膚が赤くなっていたり、急に痒がるような時には花粉症かも知れません。通常のアレルギーやアトピー性皮膚炎と似ているようですが、春先といった時期を限定して症状が表れる場合は花粉症を疑ってみましょう。

外耳炎が酷くなる場合もあります

犬の花粉症は、外耳炎がひどくなる傾向も見られるようです。2月頃から外耳炎の症状が悪化するというものが見られたら、花粉症を疑って獣医さんに診てもらうと良いですね!
皮膚同様、花粉症の場合は5月〜夏頃まで続くようです。

人間同様、くしゃみや目に症状が出ることも

そして、人間同様、くしゃみや目の痒みといった症状が出ることも多いようです。犬は痒いとは言えませんが、目の周りが赤くなっていたり、くしゃみが出る場合は花粉症の可能性が高いようです。
犬も花粉症は辛そうですね。

花粉症を予防するのに適した時間帯は?

早朝は花粉が飛びやすい時間帯なので、早朝はなるべく避けて、日中や夕方に散歩するのがいいようです。
ブタクサなどの植物は8月頃までピークが続くので、せっかく気持ちの良い夏の早朝も、花粉症気味な場合は控えたほうが良さそうですね!

花粉がつかない工夫と散歩後はしっかり落とす

お散歩中に花粉がつくのを防ぐ為には服を着せたり、足には保護パウダーを塗るのがおすすめです。靴や靴下を履かせるのも良いですね。
散歩から帰ったら足やお腹など、付着しやすい所を中心にタオルでしっかり拭いたり、花粉を落とすようにしてあげましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
犬にも花粉症があるなんて驚きですが、アレルギー体質のコも多いので、飼い主としては気をつけてあげたいですね。
散歩が気持ち良くなる季節なので、しっかりケアをしながら、楽しいお散歩をしましょう。花粉症の症状が疑われたら獣医さんで早めに検査してもらうと安心ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

混合ワクチンが完了しない幼犬がお散歩NGなのは何故?こんな健康上の理由があるんです

混合ワクチンが完了していない幼犬は健康上どんな心配があるのでしょう?混合ワクチンが重要な理由をまとめてみまし…

Chriee / 746 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 1473 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 1685 view

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 763 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 1800 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1284 view

知っておいて欲しい、犬のフィラリア予防の大切さ。

毎月犬に薬を飲ませてるけど、なぜ毎月飲ませないといけないのか、そもそもフィラリアが何なのか、実際よくわからな…

Gigii / 852 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1004 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 869 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 1364 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2332 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1402 view

関連するキーワード