犬の歯につて、あなたはどれだけ知っていますか?

犬の歯と人間の歯とはずいぶんと違った形をしています。例えば犬の臼歯は食べ物をすりつぶす役目の為ではなく、食べ物・主に肉を切り裂いたり噛み砕いたりするのに適した尖った形をしています。このように犬と人間の歯には違いがありますが、どちらにとっても健康を保つために歯が重要であることに変わりはありません。

犬にも乳歯と永久歯があることを知っていますか?

犬の乳歯は生後3週間くらいから生えはじめ2ヶ月くらいで生え揃います。5ヶ月くらいになると永久歯が生え始めますが、人と違い乳歯が抜ける前に永久歯が生え始めるため、永久歯が生え揃った後、乳歯が残っていることに気が付きにく、そのことが歯並びが悪くなる原因になりますので見つけて抜く様にしましょう。

犬の歯並びと正しい噛み合わせについて

元々、肉食だった犬にとって歯は肉を噛み千切るのが主な仕事でした。ですから、人間や草食動物のように食べ物をすりつぶすための歯はなく歯をスライドすることも出来ません。そのため口を閉じた時に上の歯の裏面に下の歯の表面が触れている状態で上の歯の内側に下の歯が全て治まる鋏状咬合が正しい噛み合わせです。

犬の悪い噛み合せと、治療の必要性について

残った乳歯に気が付かなかったり、小型犬に多い顎が小さかったり、また下顎が突き出ているなど様々な原因で犬の歯並びや噛み合せわは悪くなります。残った乳歯の抜歯などは別として、人間の様に矯正治療によって積極的に歯並びを治す様なことは、あまり必要ではありませんが虫歯になりやすいので注意は必要です。

治療が必要になる悪い噛み合せと、その弊害について。

先に犬の歯並びについて積極的な治療は必要としないと書きましたが、歯が歯茎や顎に常に当たってしまう、食べ物が歯の間からこぼれて上手く食事が出来ないなどの症状がある場合には、緊急に治療が必要です。特に歯茎や顎に歯が常に当たっている場合、その箇所が傷つき黴菌などが入ると化膿してしまうことがあり危険です。

犬がなりやすい歯の病気と歯磨きの必要性について

犬も虫歯や歯周病になります。特に歯周病になる犬は多く歯磨き習慣のない犬の場合90%近い犬が程度の差はあっても歯周病にかかっているというデータもあります。歯周病になると犬の口臭がきつくなり、歯がぐらつき、やがて抜けてしまいます。そうなる前に、犬にも歯磨きをする習慣をつけるようにしましょう。

入れ歯や差し歯がある私たち人間と違って犬は歯を失ってしまうと、そのかわりになる物がありません。食事をするのに不自由を感じるようになれば食欲も落ち、それが原因で体調を悪くしたり、老化が早く進んでしまうこともあります。愛犬の健康管理には、常に犬の歯に注意を払うことがとても大切です。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1946 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2658 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 1090 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1349 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 2219 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 2341 view

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1834 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1327 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 1380 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 2563 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1633 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 3263 view

関連するキーワード