フィラリア症

蚊が媒介するフィラリアという寄生虫が心臓に寄生することにより咳が出ることがあります。フィラリアが多数寄生すると血流が悪くなり、心臓に負担をかけます。
このフィラリアは予防薬を投与期間をきちんと守って与えることで予防することができます。
フィラリアに感染している犬に予防薬を与えてしまうとショックなどを起こす恐れがありますので、投与前にフィラリアに感染していないか検査をしてから投与しましょう。

心臓疾患

心臓にある僧帽弁という弁が完全に閉じなくなってしまうことにより、血液が逆流してしまう僧帽弁閉鎖不全症が犬には多いです。
軽度ではあまり症状がみられませんが、進行してくると疲れやすくなったり、運動を嫌がるようになります。また興奮時や気温差の激しい朝方などに咳をすることがあります。重度になると肺に水がたまる肺水腫という状態になり、呼吸が難しくなります。
治療としては内服薬を使って心臓の働きを助けてあげます。
定期的に健康診断として動物病院で聴診をしてもらい、早めに異常に気づいてあげたいですね。

ケンネルコフ

犬伝染性気管気管支炎ともいいますが、咳や発熱などが症状として現れます。
ウィルスや細菌感染が原因で呼吸器症状が出ますが、特に体力のない子犬や老犬が感染すると重症化して肺炎などを起こすこともあります。
冬の乾燥時期はウィルスが活発になりますので、部屋を暖かくして湿度にも気を付けましょう。
ケンネルコフ以外にも犬ジステンパーウィルスなどのウィルス感染症でも咳が出ることがありますので、咳をする場合には重症化する前に早めに動物病院に連れていってください。

気管虚脱

通常、筒状の形をしている気管が変形してしまうことによって呼吸がうまくできなくなり、咳や呼吸困難が起きます。
ガーガーというようなガチョウの鳴き声のような咳をします。
遺伝や栄養の偏り、肥満、短頭種などが気管虚脱の原因とされています。

まとめ

咳の原因は様々ですが、原因によっては予防することができるものもあります。きちんと予防することで愛犬が元気に過ごせますので、忘れずに予防してくださいね。
また太りすぎは心臓に負担をかけます。質の良い食餌と毎日の運動は欠かせません。
咳が続くときには獣医師に早めに相談してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 937 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2037 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 811 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 871 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1368 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2076 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 1831 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1297 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 1833 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 2827 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 728 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 8740 view

関連するキーワード