フィラリア症

蚊が媒介するフィラリアという寄生虫が心臓に寄生することにより咳が出ることがあります。フィラリアが多数寄生すると血流が悪くなり、心臓に負担をかけます。
このフィラリアは予防薬を投与期間をきちんと守って与えることで予防することができます。
フィラリアに感染している犬に予防薬を与えてしまうとショックなどを起こす恐れがありますので、投与前にフィラリアに感染していないか検査をしてから投与しましょう。

心臓疾患

心臓にある僧帽弁という弁が完全に閉じなくなってしまうことにより、血液が逆流してしまう僧帽弁閉鎖不全症が犬には多いです。
軽度ではあまり症状がみられませんが、進行してくると疲れやすくなったり、運動を嫌がるようになります。また興奮時や気温差の激しい朝方などに咳をすることがあります。重度になると肺に水がたまる肺水腫という状態になり、呼吸が難しくなります。
治療としては内服薬を使って心臓の働きを助けてあげます。
定期的に健康診断として動物病院で聴診をしてもらい、早めに異常に気づいてあげたいですね。

ケンネルコフ

犬伝染性気管気管支炎ともいいますが、咳や発熱などが症状として現れます。
ウィルスや細菌感染が原因で呼吸器症状が出ますが、特に体力のない子犬や老犬が感染すると重症化して肺炎などを起こすこともあります。
冬の乾燥時期はウィルスが活発になりますので、部屋を暖かくして湿度にも気を付けましょう。
ケンネルコフ以外にも犬ジステンパーウィルスなどのウィルス感染症でも咳が出ることがありますので、咳をする場合には重症化する前に早めに動物病院に連れていってください。

気管虚脱

通常、筒状の形をしている気管が変形してしまうことによって呼吸がうまくできなくなり、咳や呼吸困難が起きます。
ガーガーというようなガチョウの鳴き声のような咳をします。
遺伝や栄養の偏り、肥満、短頭種などが気管虚脱の原因とされています。

まとめ

咳の原因は様々ですが、原因によっては予防することができるものもあります。きちんと予防することで愛犬が元気に過ごせますので、忘れずに予防してくださいね。
また太りすぎは心臓に負担をかけます。質の良い食餌と毎日の運動は欠かせません。
咳が続くときには獣医師に早めに相談してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 1673 view

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 699 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 578 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 2229 view

知っておいて欲しい、犬のフィラリア予防の大切さ。

毎月犬に薬を飲ませてるけど、なぜ毎月飲ませないといけないのか、そもそもフィラリアが何なのか、実際よくわからな…

Gigii / 785 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 1400 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 1717 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 1797 view

それは熱中症かも?愛犬の食欲不振などに表れるサイン

気温が高くなると心配なのが熱中症です。屋外はもちろんですが室内でも危険はいっぱい!突然の食欲不振など、愛犬の…

Chriee / 516 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 1771 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 3808 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 1691 view

関連するキーワード