ワンちゃんが喜んで食べる!?これでもう毎月悩まなくてもいい、予防薬のいろいろなカタチ。

犬のフィラリアの薬、毎年飲ませるのが大変で苦労している…何とかならないの!?そんな方必見!いろいろな種類があるの知っていましたか?これを読んで、愛犬にぴったりな薬を選んでみませんか?次からは投薬が楽しくなるかも♪

まるでおやつ!チュアブルタイプ

味も選べちゃう!きっと毎月の投薬が楽しくなる♪

味も選べちゃう!きっと毎月の投薬が楽しくなる♪

まるでオヤツのような見た目ですが、これも実はお薬なんです。錠剤はなかなか飲んでくれないし、皮膚が弱くてスポットタイプはできない…そんなワンちゃんにお勧め!ビーフ味とチキン味があり、ワンちゃんの好みにも対応できます。ただし食べ物にアレルギーのある子は、獣医師に相談してくださいね。

みなさんご存じ、錠剤タイプ

昔はこれがスタンダードでしたよね。

昔はこれがスタンダードでしたよね。

好き嫌いやアレルギーがあって残念ながらチュアブルタイプが食べられない子には錠剤がおすすめ。好きなものに埋め込んであげると、案外食べてくれます。さらにあげるときに、コマンド(オスワリ、マテ)をつかって焦らしてからあげると、気付かずに勢いで食べちゃう子も多いので、試してみてくださいね。

ノミ・ダニも一緒に予防!スポットタイプ

とっても楽ちんだし一石二鳥。飲み薬との違いは?

とっても楽ちんだし一石二鳥。飲み薬との違いは?

月に一回首の後ろにつけるだけで、フィラリアの他にノミ・ダニも予防できちゃうんです。楽ちんですが、皮膚の弱い子は注意。飲み薬と違ってお腹の中の虫の駆虫ができないので、お散歩中よく草を食べてしまう子は飲み薬のほうがおすすめかもしれません。しかしノミ・ダニも一緒に予防できるのはオトクですよね。

こんなのもあるの!?ピーチ風味のゼリータイプ

ちょっと冒険して試してみませんか?

ちょっと冒険して試してみませんか?

犬の反応が気になる、ゼリータイプ。好奇心旺盛な好き嫌いの無い子にはいいのかもしれません。動物性たんぱく質を使っていないので、アレルギーの子にも安心です。それにしても、ピーチ風味だなんて飼い主さんのほうが惹かれちゃいそう♪

何を試してもダメ…そんな子には年に一回の注射を!

飲み忘れも防げて安心!

飲み忘れも防げて安心!

薬もスポットタイプもダメな場合は、一年間予防できる注射がおすすめです!お薬の飲み忘れもなく、確実に予防してあげられます。しかしワクチンで副作用が出たことのある子は注意が必要。出たことがなくても、注射後15分は、アレルギー反応が出ないか様子を見てあげられるようにしてください。

いかがでしたか?フィラリアのお薬にはこんなに種類があったんです!投薬は大変だけど毎年これだし…とあきらめていた飼い主さん、毎月のことですから、ワンちゃんにもストレスなく予防してあげたいですよね。獣医さんや看護師さんに相談してみて、別のお薬も試してみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 1304 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 1328 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 3069 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 2429 view

タバコの煙、犬の健康にどう影響する?気をつけるべきこととは?

人間の健康には多大な害があると言われているタバコですが、犬にとってはどうなのでしょう?人間と同じように犬にと…

cezannee / 2862 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 1246 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3829 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 2412 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 5482 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 1474 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 1277 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 2279 view

関連するキーワード