ワンちゃんが喜んで食べる!?これでもう毎月悩まなくてもいい、予防薬のいろいろなカタチ。

犬のフィラリアの薬、毎年飲ませるのが大変で苦労している…何とかならないの!?そんな方必見!いろいろな種類があるの知っていましたか?これを読んで、愛犬にぴったりな薬を選んでみませんか?次からは投薬が楽しくなるかも♪

まるでおやつ!チュアブルタイプ

味も選べちゃう!きっと毎月の投薬が楽しくなる♪

味も選べちゃう!きっと毎月の投薬が楽しくなる♪

まるでオヤツのような見た目ですが、これも実はお薬なんです。錠剤はなかなか飲んでくれないし、皮膚が弱くてスポットタイプはできない…そんなワンちゃんにお勧め!ビーフ味とチキン味があり、ワンちゃんの好みにも対応できます。ただし食べ物にアレルギーのある子は、獣医師に相談してくださいね。

みなさんご存じ、錠剤タイプ

昔はこれがスタンダードでしたよね。

昔はこれがスタンダードでしたよね。

好き嫌いやアレルギーがあって残念ながらチュアブルタイプが食べられない子には錠剤がおすすめ。好きなものに埋め込んであげると、案外食べてくれます。さらにあげるときに、コマンド(オスワリ、マテ)をつかって焦らしてからあげると、気付かずに勢いで食べちゃう子も多いので、試してみてくださいね。

ノミ・ダニも一緒に予防!スポットタイプ

とっても楽ちんだし一石二鳥。飲み薬との違いは?

とっても楽ちんだし一石二鳥。飲み薬との違いは?

月に一回首の後ろにつけるだけで、フィラリアの他にノミ・ダニも予防できちゃうんです。楽ちんですが、皮膚の弱い子は注意。飲み薬と違ってお腹の中の虫の駆虫ができないので、お散歩中よく草を食べてしまう子は飲み薬のほうがおすすめかもしれません。しかしノミ・ダニも一緒に予防できるのはオトクですよね。

こんなのもあるの!?ピーチ風味のゼリータイプ

ちょっと冒険して試してみませんか?

ちょっと冒険して試してみませんか?

犬の反応が気になる、ゼリータイプ。好奇心旺盛な好き嫌いの無い子にはいいのかもしれません。動物性たんぱく質を使っていないので、アレルギーの子にも安心です。それにしても、ピーチ風味だなんて飼い主さんのほうが惹かれちゃいそう♪

何を試してもダメ…そんな子には年に一回の注射を!

飲み忘れも防げて安心!

飲み忘れも防げて安心!

薬もスポットタイプもダメな場合は、一年間予防できる注射がおすすめです!お薬の飲み忘れもなく、確実に予防してあげられます。しかしワクチンで副作用が出たことのある子は注意が必要。出たことがなくても、注射後15分は、アレルギー反応が出ないか様子を見てあげられるようにしてください。

いかがでしたか?フィラリアのお薬にはこんなに種類があったんです!投薬は大変だけど毎年これだし…とあきらめていた飼い主さん、毎月のことですから、ワンちゃんにもストレスなく予防してあげたいですよね。獣医さんや看護師さんに相談してみて、別のお薬も試してみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 1110 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1756 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2248 view

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 1759 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 2207 view

知っておいて欲しい、犬のフィラリア予防の大切さ。

毎月犬に薬を飲ませてるけど、なぜ毎月飲ませないといけないのか、そもそもフィラリアが何なのか、実際よくわからな…

Gigii / 1065 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1100 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10076 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 2377 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1292 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1799 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1932 view

関連するキーワード