実はよくできている、フィラリア予防の仕組み。

地域によりますが、毎年5月頃になると犬のかかりつけの病院から″フィラリア予防の時期です″というはがきが届くと思います。薬を毎月飲ませるのは大変だし、正直憂鬱…と思われる飼い主さんも多いはず。一度フィラリアのメカニズムを勉強して、理解した上で予防してあげましょう!

フィラリア症って、いったい何なの?

″フィラリア″とは、″犬糸状虫″というそうめん状の寄生虫のこと。

″フィラリア″とは、″犬糸状虫″というそうめん状の寄生虫のこと。

フィラリアを持った蚊が犬の血を吸血するとき、犬の体内にフィラリアが入り込んでしまいます。約二か月ほどかけ皮膚の下で準備を整え、血管を通り心臓や肺の動脈へ向かいます。辿り着いたからといってすぐに症状が出るわけではなく、何年かたって血管がボロボロにされた頃に症状が現れることが多いようです。

どうして毎月薬を飲ませないといけないの?

予防と言っていますが、わかって頂きたいのが″予防薬″ではなく″駆虫薬″であるということ。

予防と言っていますが、わかって頂きたいのが″予防薬″ではなく″駆虫薬″であるということ。

勘違いしがちなのが、毎月飲ませているあのお薬は予防薬ではないと言う事。飲ませているからと言って蚊に刺されなくわけでも、体内にフィラリアが入り込まなくなるわけでもないんです。体内に入り込んだフィラリアが皮膚の下で準備を整えている2か月間のうちに駆除してしまおう!という仕組みなんです。

じゃあ、二か月に一回でもよくない?…と思いますが。

血管に入る前に駆除したいんです。

血管に入る前に駆除したいんです。

血管に入って移動開始してから駆虫すると死骸が大量に発生し、血管を詰まらせてしまう危険も…。皮膚の下で感染の準備を整えているこの期間に確実に駆虫したいんです!そのためには二か月に一回だと少し遅い場合もあるので、一か月に一回投薬する必要があります。

どうして投薬期間が決まっているの?

投薬期間が決まっているのも地域によってまちまちなのも、理由があるんです。

投薬期間が決まっているのも地域によってまちまちなのも、理由があるんです。

フィラリアを運ぶ蚊の発生時期によって投薬期間が決められており、発生から一か月後~いなくなってから一か月後まで投薬することになっています。なので地域によっては4月開始だったり、6月開始だったりとまちまちなのです。期間についてはかかりつけの病院の指示に従いましょう。

蚊がいなくなってから一か月後に飲ませる必要ある?

とっても大事!忘れずに飲ませてください。

とっても大事!忘れずに飲ませてください。

確かに蚊がいなくなったらもういいんじゃ?と思うかもしれませんが、先ほどの説明を思い出して!いなくなる月に飲ませても、そこから先予防してくれるわけではないんです。もしも最後の蚊に刺されたら、翌年の開始時期にはフィラリアは血管の中…遅いですよね。念には念を、一か月後もしっかり投薬を!

いかがでしたか?毎月飲ませなければいけない理由、フィラリアのメカニズムと合わせてご理解いただけましたでしょうか。命にかかわるとは聞いていても、何がどう命にかかわるのかなかなかわかり辛いですよね。この記事を頭において、毎月一回、飲み忘れの無いように投薬頑張ってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

簡単にチェックしたい!犬の皮膚や毛の状態でわかる、手軽な健康管理とは?

愛犬の体調管理は飼い主さんにとって一番気になることではないでしょうか?嘔吐や食欲不振など判りやすい症状のほか…

Chriee / 1345 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1771 view

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 1065 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3191 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1323 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 1076 view

獣医師が解説:犬に生理痛はあるのでしょうか?

避妊手術をしていないメスの犬には「生理」が年に1~2回ほどあります。生理中の犬にも人間の女性が感じるような「…

本間獣医科病院 / 1692 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2578 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 2636 view

タバコの煙、犬の健康にどう影響する?気をつけるべきこととは?

人間の健康には多大な害があると言われているタバコですが、犬にとってはどうなのでしょう?人間と同じように犬にと…

cezannee / 2402 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1269 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1240 view

関連するキーワード