困った涙やけ、なんとかしたい!

どんなにきれいに手入れされた犬でも目の周りに涙やけがあるだけで、なんとなく不健康な、ちょっと残念な印象になってしまいますよね。でも、涙やけをきれいにしたいと思っても愛犬が嫌がってなかなか手入れをするのが難しかったりすることはありませんか?そんなやっかいな涙やけの解決方法をご紹介します。

涙やけって、そもそも何でしょう?

涙やけとは、犬の眼の周りが常に涙にぬれている状態が続くことで目の周りから鼻にかけての被毛が変色した状態をいいます。また、犬の眼の周りが常に涙でぬれている症状を流涙症と呼び、マルチーズやトイプードル、シーズーなどに多く見られます。

涙やけの大きな原因の一つ流涙症を知ろう

涙やけの原因となる流涙症にはどんな原因があるのでしょう? 流涙症は涙が過剰に分泌されるために起こります。涙が過剰に分泌されるのは、目にゴミが入ったり、目の周りの毛が入ったりすることも原因の一つです。他の原因に、涙を正しく流すための涙小管、鼻涙管などが炎症等起こして詰まっている場合もあります。

食事を見直してみるのも効果的!

流涙症の犬でも涙やけが酷い犬と、あまり目立たない犬がいます。それは涙やけの変色の原因にはドッグフードなどに含まれる物質が涙となって排出され着色するため、食べているドッグフードによって涙に含まれる色素が違ってくるからです。ですから、ドッグフードを替えることで涙やけが改善されることもあります。

カットを変えてみるなどの工夫で改善!

マルチーズやシーズーなどの長毛種の場合、毛が目に入り込むことが原因で流涙症になり涙やけの原因になっていることがあります。カットを変えて目に毛が入らないように工夫したり、前の毛を結ぶなどすることで涙やけの原因となる流涙症にならないようにしましょう。

目の周りを上手に手入れするポイントとは?

他にも目の周りが汚れていたりゴミが入ることも流涙症の原因になりますので目の周りは常に清潔に保つようにしましょう。目の周りの汚れをふき取るときなどは犬の後頭部から一方の手をまわし優しく顎を固定して、もう一方の手も後頭部から回して眼のふちから拭くようにすると上手く拭くことが出来ます。

愛犬が涙やけになったら、まずその原因となる流涙症を治すことが肝心です。被毛やごみが原因なら飼主さんが注意することで防げますが、先天的なものや病気などで涙を流す機能が上手く働いていない場合もありますので病院で診てもらうのも良いでしょう。また、ドッグフードを替えることで目立たなくすることも出来ます。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

これは病気・不調なの?!愛犬の食糞症って?

パピーを迎え入れたけれど、あのかわいい愛犬が、まさかの食糞症! これは病気・不調のサインなのでしょうか!? …

amblee / 1468 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2969 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 2538 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 3208 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 1269 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2506 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3791 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1501 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 1859 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 2372 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2745 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 3004 view

関連するキーワード