慢性腎不全は、気が付くのがとても難しい病気です。

高齢になった犬に多い慢性腎不全は、ゆっくりと進行するので気が付きにくい病気です。健康そうに見える犬の体の中で既にその兆候が起こっていることがあります。そこで愛犬の慢性腎不全の初期症状を見逃さないために血液検査をお勧めしたいと思います。

慢性腎不全て、どんな病気?

腎臓の機能が70~75%失われた状態が慢性腎不全です。腎臓は、主に血液の中の老廃物をろ過し取り除く働きをしていますからその腎臓の機能が落ちてくると、老廃物を上手くろ過することが出来なくなります。そのため、老廃物に含まれる毒素が少しづつ犬の体に溜まり健康を害して行きます。

慢性腎不全になると、どんな症状が出るの?

ろ過機能が低下することで薄い尿を多量にするようになるため水を飲む量が急に増えてきたり、常にぐったりとし寝て過ごすことが増えたり、食欲が落ちたりするなどの症状が現れます。ただ腎臓は30%くらい機能していると正常に働いてしまい上記のような症状が現れ難いため、とても気が付きにくいやっかいな病気と言えます。

血液検査のこの数値に注目!

血液検査を受けたら、沢山ある項目の中からBUN、クレアチニン、P(リン)の数値に注目してみましょう。腎臓の機能が落ちてきているとろ過しきれなかった老廃物の中の有毒物質(酸、アンモニア、他)が血中に流れだし血中のこれらの物質が増えることでBUN、クレアチニンの数値が上昇します。

血液検査以外ではどんな検査で慢性腎不全がわかるの?

血液検査の他に、尿検査によっても腎臓の機能低下を知ることが出来ます。尿検査において注意したいのは、タンパクとブドウ糖の数値です。腎臓の機能が衰えてくると尿中にタンパクが多くみられるようになります。また、通常では検出されないブドウ糖も腎臓の機能に異常があると検出されることがあります。

慢性腎不全と診断されたら注意することは?

腎臓の機能は一度失われてしまうと元に戻すことは出来ません。ですから、早期発見が大切なのですが、既に慢性腎不全にかかってしまった場合には、主治医と相談して投薬を受けたり、食事の内容を改善することで現状を維持することは出来ます。また、飲水量が増えるので清潔な水が常に飲めるようにしてあげることも大切です。

人間も犬も年齢とともに食欲が衰えたり、疲れやすくなりますが、年齢だからと諦めてしまう前に、血液検査を受けて慢性腎不全であることがわかれば、この病気と上手に付き合いながら、あなたの愛犬に快適な老後の生活を送らせてあげることが出来ることがお分かりいただけたでしょうか。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1489 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2109 view

突然犬が過呼吸を起こしたら?過呼吸の原因と治療、応急処置を解説

犬も過呼吸を起すことがあります。突然の過呼吸や呼吸の乱れにはどんな病気や体調不良があるのでしょうか?そして異…

Chriee / 14180 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 1443 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1687 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2547 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 3512 view

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 1178 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1047 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1308 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1847 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2215 view

関連するキーワード