慢性腎不全は、気が付くのがとても難しい病気です。

高齢になった犬に多い慢性腎不全は、ゆっくりと進行するので気が付きにくい病気です。健康そうに見える犬の体の中で既にその兆候が起こっていることがあります。そこで愛犬の慢性腎不全の初期症状を見逃さないために血液検査をお勧めしたいと思います。

慢性腎不全て、どんな病気?

腎臓の機能が70~75%失われた状態が慢性腎不全です。腎臓は、主に血液の中の老廃物をろ過し取り除く働きをしていますからその腎臓の機能が落ちてくると、老廃物を上手くろ過することが出来なくなります。そのため、老廃物に含まれる毒素が少しづつ犬の体に溜まり健康を害して行きます。

慢性腎不全になると、どんな症状が出るの?

ろ過機能が低下することで薄い尿を多量にするようになるため水を飲む量が急に増えてきたり、常にぐったりとし寝て過ごすことが増えたり、食欲が落ちたりするなどの症状が現れます。ただ腎臓は30%くらい機能していると正常に働いてしまい上記のような症状が現れ難いため、とても気が付きにくいやっかいな病気と言えます。

血液検査のこの数値に注目!

血液検査を受けたら、沢山ある項目の中からBUN、クレアチニン、P(リン)の数値に注目してみましょう。腎臓の機能が落ちてきているとろ過しきれなかった老廃物の中の有毒物質(酸、アンモニア、他)が血中に流れだし血中のこれらの物質が増えることでBUN、クレアチニンの数値が上昇します。

血液検査以外ではどんな検査で慢性腎不全がわかるの?

血液検査の他に、尿検査によっても腎臓の機能低下を知ることが出来ます。尿検査において注意したいのは、タンパクとブドウ糖の数値です。腎臓の機能が衰えてくると尿中にタンパクが多くみられるようになります。また、通常では検出されないブドウ糖も腎臓の機能に異常があると検出されることがあります。

慢性腎不全と診断されたら注意することは?

腎臓の機能は一度失われてしまうと元に戻すことは出来ません。ですから、早期発見が大切なのですが、既に慢性腎不全にかかってしまった場合には、主治医と相談して投薬を受けたり、食事の内容を改善することで現状を維持することは出来ます。また、飲水量が増えるので清潔な水が常に飲めるようにしてあげることも大切です。

人間も犬も年齢とともに食欲が衰えたり、疲れやすくなりますが、年齢だからと諦めてしまう前に、血液検査を受けて慢性腎不全であることがわかれば、この病気と上手に付き合いながら、あなたの愛犬に快適な老後の生活を送らせてあげることが出来ることがお分かりいただけたでしょうか。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 1066 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 2651 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 984 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 1494 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 1078 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 2329 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2102 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1902 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1357 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2867 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1407 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1967 view

関連するキーワード