慢性腎不全は、気が付くのがとても難しい病気です。

高齢になった犬に多い慢性腎不全は、ゆっくりと進行するので気が付きにくい病気です。健康そうに見える犬の体の中で既にその兆候が起こっていることがあります。そこで愛犬の慢性腎不全の初期症状を見逃さないために血液検査をお勧めしたいと思います。

慢性腎不全て、どんな病気?

腎臓の機能が70~75%失われた状態が慢性腎不全です。腎臓は、主に血液の中の老廃物をろ過し取り除く働きをしていますからその腎臓の機能が落ちてくると、老廃物を上手くろ過することが出来なくなります。そのため、老廃物に含まれる毒素が少しづつ犬の体に溜まり健康を害して行きます。

慢性腎不全になると、どんな症状が出るの?

ろ過機能が低下することで薄い尿を多量にするようになるため水を飲む量が急に増えてきたり、常にぐったりとし寝て過ごすことが増えたり、食欲が落ちたりするなどの症状が現れます。ただ腎臓は30%くらい機能していると正常に働いてしまい上記のような症状が現れ難いため、とても気が付きにくいやっかいな病気と言えます。

血液検査のこの数値に注目!

血液検査を受けたら、沢山ある項目の中からBUN、クレアチニン、P(リン)の数値に注目してみましょう。腎臓の機能が落ちてきているとろ過しきれなかった老廃物の中の有毒物質(酸、アンモニア、他)が血中に流れだし血中のこれらの物質が増えることでBUN、クレアチニンの数値が上昇します。

血液検査以外ではどんな検査で慢性腎不全がわかるの?

血液検査の他に、尿検査によっても腎臓の機能低下を知ることが出来ます。尿検査において注意したいのは、タンパクとブドウ糖の数値です。腎臓の機能が衰えてくると尿中にタンパクが多くみられるようになります。また、通常では検出されないブドウ糖も腎臓の機能に異常があると検出されることがあります。

慢性腎不全と診断されたら注意することは?

腎臓の機能は一度失われてしまうと元に戻すことは出来ません。ですから、早期発見が大切なのですが、既に慢性腎不全にかかってしまった場合には、主治医と相談して投薬を受けたり、食事の内容を改善することで現状を維持することは出来ます。また、飲水量が増えるので清潔な水が常に飲めるようにしてあげることも大切です。

人間も犬も年齢とともに食欲が衰えたり、疲れやすくなりますが、年齢だからと諦めてしまう前に、血液検査を受けて慢性腎不全であることがわかれば、この病気と上手に付き合いながら、あなたの愛犬に快適な老後の生活を送らせてあげることが出来ることがお分かりいただけたでしょうか。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1819 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 1063 view

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1619 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 2122 view

獣医師が解説「犬のうつ病?」:もしかして、、、と思ったら症状をチェック!原因と予防策…

犬は感情豊かな動物で、繊細な心を持っています。生活環境の変化などから犬にもうつ病のような症状があらわれること…

本間獣医科病院 / 1359 view

犬の避妊手術と去勢後、どんな体調管理が必要?

犬を飼うに当って、避妊手術や去勢をする人は多いですね。これは自治体や動物病院などで奨励していたり、ペットの健…

Chriee / 2195 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2971 view

犬の水分足りてますか?暖かくなったら散歩にも給水器持参でお出かけしましょう

暖かくなると犬もお水をたくさん飲みます。特にお出かけや散歩には必ず持参して十分与えたいですね!飲みやすく便利…

Chriee / 2913 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7842 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1344 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9869 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 2302 view

関連するキーワード