太ったから?高齢だから?愛犬が寝てばかりになのには他の理由があるかも‥

愛犬が最近太ってしまい、すっかり運動が嫌いになってしまった。あんなに好きだった散歩も喜ばない。そこで、ダイエットを始めてみたけど一向に効果が現れない。高齢だからか、最近は寝てばかりいる。そんな時、原因は肥満や高齢化だけではないかもしれません。血液検査で隠れた原因を探ってみましょう。

愛犬の肥満の原因を考えてみましょう。

愛犬の肥満の原因を考えた時、一番多いのは、おやつのあげ過ぎではないでしょうか?可愛い顔でおねだりされたから、喜ぶからと食べ物をあげていませんか?その行為は、愛犬のためになるどころか健康を損ねる原因になってしまいます。犬も人と同じで肥満は万病のもとになることを覚えておきましょう。

食べ過ぎや運動不足だけじゃない!肥満の原因は他にもあります。

おやつも止めて、食事もダイエットフードに替えたのに、それでもダイエットがうまく行かない!実は肥満の原因は食べ過ぎだけではないのです。避妊や去勢の手術によりホルモンバランスが崩れたり、クッシング症候群などの病気が隠れていることもあります。中でも気が付きにくいのが甲状腺機能低下です

病気とは気が付き難い甲状腺機能の低下

甲状腺の機能が低下すると、肥満、無気力になり寝てばかりいるようになります。これらの症状は、ちょうど太り過ぎだったり、高齢な犬にも良くみられる症状の為、あまり飼い主が深刻にとらえず病気と言う自覚がないことも多いようです。特に高齢な犬の場合「仕方がない」という受け止め方の飼い主もいることでしょう。

血液検査でコレステロール値をチェック!

肥満だから高齢だからと決めつけず一度血液検査を受けてみて下さい。まだあまり甲状腺の数値まで検査できる機器を備えた病院はないので、最初の一般的な血液検査で貧血や、総コレステロール値の上昇が見らた場合、甲状腺の機能の低下が疑われます。医師と相談の上、甲状腺機能の検査を他の機関に依頼してもらいましょう。

T4って?甲状腺機能の検査でわかること。

T4は血液中に含まれる甲状腺ホルモンの量を現しています。甲状腺はホルモンを分泌する器官で、この数値が標準値より低い場合、甲状腺機能の低下が考えられます。治療法は不足したT4を補うためのT4製剤の投与が一般的です。薬を、その犬にあった量で服用させることで、また以前の元気を取り戻すことが多いようです。

甲状腺機能の低下が原因の肥満や無気力の場合、治療を始めると見違えるように元気になったり、体も絞られて健康的な容姿を取り戻す犬が多いようです。肥満だから、齢だからと、諦めてしまう前にきちんと検査を受けさせてあげることが愛犬の長生きの秘訣だと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2574 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 1924 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2852 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2438 view

犬の健康を守るために混合ワクチンって必要なんでしょうか?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されていま…

adelee / 2038 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2608 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 2331 view

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 1325 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1666 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 2452 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2572 view

こんな症状から始まります!年齢とともに気になる犬の痴呆症とは?

犬にも痴呆症があります。全ての犬に起こるわけではありませんが、シニアに入って不審な行動などの症状が見られるよ…

Chriee / 1328 view

関連するキーワード