犬のいびきについて知る!いびきは病気のサインかも!?いびきの原因とは!?

いびきのメカニズムとは!? いびきは病気のサインかもしれません

犬も人と同様にいびきをかきます。いびきとは、上気道(鼻から咽頭までの気道)が何らかの原因で狭くなり、呼吸による空気の出入りが障害されて発生する音です。いびきは睡眠時に生じますので本人は気づかない場合が多いですが、いびきがひどい人では睡眠の質の低下や睡眠時無呼吸症候群となるリスクがあります。これに類似したことが犬でも考えられ、ときにいびきが病気のサインとして現れることがあります。

いびきの原因は様々!犬種や年齢で考えられること

上気道の狭窄の原因は、人では解剖学的な原因(舌が大きい、のどちんこが大きいなど)の他、炎症(扁桃腺の腫れ、アレルギー性鼻炎などに伴う鼻詰まりなど)、肥満、疲労や飲酒などが挙げられます。犬においても様々な原因で上気道の狭窄が起こりますが、よく知られている先天的な病気として短頭種気道閉塞症候群という病態があります。また近年ではペットの高齢化に伴い腫瘍性疾患も増加しており、鼻腔内腫瘍など上気道に占拠性病変がつくられるとそれが物理的に呼吸を妨げるといったことも考えられます。

短頭種気道閉塞症候群はどんな病態!?

短頭種気道閉塞症候群は先天的に外鼻孔が狭窄した状態で、パグ、ブルドック、フレンチ•ブルドック、ペキニーズ、シー•ズー、ボクサーなど短頭種と呼ばれる特定の犬種に発生する病態です。この症候群には外鼻孔の狭窄の他にも軟口蓋過長症、気管の低形成および虚脱が含まれ、これらが原因となり吸気性呼吸困難を引き起こします。軟口蓋過長症とは、人でいうのどちんこに相当する部分(厳密には犬や猫にのどちんこはありません)が先天的に長く、これが気道を狭窄してしまう病態です。軟口蓋が喉頭を完全に塞いでしまうと呼吸ができなくなることもあるため、症状が重いときは外科手術によって気道スペースを広げてあげる必要があります。

まとめ

犬のいびきはかわいいしぐさの一つですが、ときに病気の徴候として現れることを知っておくとよいでしょう。短頭種気道閉塞症候群のように特定の犬種に生じる病態がいびきの原因となっていることもありますので、飼い主の方は普段から注意深く観察されるとよいでしょう。また鼻水、鼻出血や顔面の変形などその他の症状もみられる場合には、炎症性疾患や腫瘍性疾患も考慮されますので早めに動物病院で診てもらいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬がなめるのは何故?やめさせる前に読知って欲しい理由があります

犬が自分をなめるのは何故?お口の周りをなめるのはどんな理由?やめさせる前に愛犬がなめる理由を知っておくと、ち…

Chriee / 2893 view

マーキングより困る犬の行動!“ウレション”はこんな気持ちの表現なのです

全部の犬ではありませんが、嬉しくてしてオシッコをしてしまう犬っていますね。ウレションと言いますが、一体何故?…

Chriee / 2985 view

散歩のさせすぎもよくないの?!愛犬にあった散歩距離とは?

いくらお散歩大好き!だからといって、長距離のお散歩をさせていませんか?散歩が愛犬を弱らせているとしたら・・・…

cerisee / 9355 view

お腹を出して服従ポーズ!?反省する犬の動画が可愛い!

イタズラは困りますが、見つかって気まずそうにしている時や

Chriee / 3089 view

お散歩中も抱っこしてほしい!甘えん坊な犬の可愛い動画まとめ

お散歩デビューしても飼い主さんにすぐ抱っこしたり、甘えん坊な犬は多いですね!飼い主さんにはたまらない、犬達の…

Chriee / 2408 view

耳の動きが大事!?愛犬のしぐさ行動で気持ちを読む秘訣とは!

犬が何を考えているのか知りたい時には、そのしぐさ・行動を見ていると判るものもありますよね?耳も簡単に心理を読…

Chriee / 3349 view

獣医師が解説「吠える」:愛犬が吠えて困っている!?やめさせる方法を伝授します

愛犬が吠えて困っている!?やめさせる方法についてご紹介します

本間獣医科病院 / 5234 view

愛犬の性格に合わせた、とっておきのストレス解消法をご紹介!

犬だってストレスはたまります。ストレスで吠えたりいたずらしたり悪いコになる場合も。愛犬の性格に合わせたストレ…

Chriee / 1943 view

暖かい季節になったら、犬と一緒に外遊びを楽しんでみませんか?

毎日の散歩の時の気分転換や、休日などに犬と一緒にお出かけした時に、外遊びをを楽しんでみましょう。犬と一緒に出…

cezannee / 2722 view

こんな時は仲良くなれる?しっぽで分かる愛犬の気持ち

よその犬と挨拶している時や知り合いに会った時など、大喜びの時もあれば吠えている時もありませんか?愛犬のしっぽ…

Chriee / 1306 view

獣医師が解説「犬の発情」:複数のホルモンが関与している!?発情周期の異常について

雌犬の発情周期は平均6-7ヶ月おきにみられますが、個体、品種などにより差があり、4-18ヶ月程度のばらつきあ…

本間獣医科病院 / 5283 view

関連するキーワード