アレルギー体質の犬はこんなケアが必要です。

アレルギーを持っている犬は食べ物を考えたり、普段から気をつけたいことがいろいろあります。
シャンプーやワクチン、そして食べ物など、アレルギー体質の犬に合ったものの選び方や気をつけたいことにはこんなことがあるんです。

シャンプーは薬用など低刺激のものを選びましょう

アレルギー体質の犬の場合は、香りの強いシャンプーなどは肌に刺激が強過ぎる傾向があります。
薬用シャンプーや香りの弱い低刺激のものを選び、自宅でシャンプーする場合は皮膚に傷をつけないように優しくシャンプーします。

アレルギー対策をしてワクチン接種をする

ワクチン接種の時にかゆみをともなって腫れてしまうことがあります。
アレルギー反応を起こしやすい8種ではなく5種を摂取して回避できる場合もありますが、それでも反応することもあります。摂取する時には獣医に相談し、腫れてしまう前に対策を練っておくと症状が出ても緩和されることも多いのです。

マダニ予防薬の投与で肌に負担をかけないように注意

ノミやマダニの予防薬として使用されているフロントライン。犬を飼っている人なら皆さん毎年投与されていると思います。
一般的に使われているのは滴下タイプが多いようですが、これをつける場所も毎回少しずつずらすなど工夫してあげると良いのです。毎回同じ場所につけていると皮膚が赤くなってしまうことがあります。

お魚大好きな犬!でも青魚の与え過ぎはNGです

飼い主さんの中でも愛犬に手作りご飯をあげている人もいると思います。ドライフードがメインでも、お肉やお魚、または野菜をトッピングする人は多いようです。
魚の好きな犬にはほぐしてトッピングするのも良いですが、アレルギーの犬にはサバやアジなどの青魚の与え過ぎは湿疹やじんましんを引き起こしやすくなります。

皮膚を常に清潔にアレルギーを起しやすい食べ物を控える

アレルギーを持っている犬は、基本的な気をつけ方は人間と同じです。
疲れていたり体力が低下している時には特に敏感に症状が出やすいようです。
シャンプーの時も洗い残しやシャンプーが残らないように気をつけ、肌の清潔に気をつけます。食べ物もアレルギー反応が出るものを与えないようにしましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
アレルギー体質の犬は、軽い症状なら体力が落ちている時に反応する程度だったり、成長に従って少しずつ出なくなることもありますが、酷い場合は毛が抜けてしまったり、ドライフード自体も変えないといけない場合もあります。アレルギーの状態に合わせて普段の食べ物を中心にケアしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1567 view

タバコの煙、犬の健康にどう影響する?気をつけるべきこととは?

人間の健康には多大な害があると言われているタバコですが、犬にとってはどうなのでしょう?人間と同じように犬にと…

cezannee / 1820 view

犬の水分足りてますか?暖かくなったら散歩にも給水器持参でお出かけしましょう

暖かくなると犬もお水をたくさん飲みます。特にお出かけや散歩には必ず持参して十分与えたいですね!飲みやすく便利…

Chriee / 1767 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 1634 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1010 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 1990 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2073 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 2391 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 848 view

簡単にチェックしたい!犬の皮膚や毛の状態でわかる、手軽な健康管理とは?

愛犬の体調管理は飼い主さんにとって一番気になることではないでしょうか?嘔吐や食欲不振など判りやすい症状のほか…

Chriee / 1016 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 2814 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 965 view

関連するキーワード