犬の過呼吸はどんな状況に起こりやすい?

愛犬が突然ゼーゼーと苦しそうに息をしたり、体の動きも大きい時には過呼吸に陥っている場合があります。そのほか、いつもと違う呼吸をしている時にはどんな病気が心配されてどんな治療があるのか?
そして、過呼吸の時にはどうしたら良いか?また、突然起こった時の対処法はどうしたらいいでしょうか?

突然の過呼吸、こんな時なら心配は要りません

散歩の最中やその後、または激しい運動をしている時など興奮気味な時に過呼吸を起すこともあります。
そんな場合での過呼吸は実は特に心配要らない場合が多いのです。過呼吸を起す場合が大体散歩の時や激しい運動の時で他に見られない場合は病気の可能性は低いようです。

運動中の過呼吸はこんな処置をしてみましょう

散歩や運動中など、病気などの心配が要らない過呼吸でも、当然ですが愛犬が苦しそうにしていたらそれなりに処置してあげたほうが良いのです。
愛犬の鼻を抑えて息が漏れないようにします。そうすることで過呼吸が落ち着きやすいので、発作を起こしたらやってみましょう。

いつもと違う呼吸を感じたら要注意

散歩や運動をしている時以外でいつもと違う呼吸をしていたら、なんらかの病気が疑われます。
特に心配なのはフィラリアに感染している場合です。いつもと違う呼吸や咳こんだりしている様子が見られたら、フィラリア症を疑ってみます。適切な治療が必要になるので、早めに獣医さんに相談することをおすすめします。

いつもより荒い呼吸をしている時は?

特に運動をしていない時でも、夏などの暑い時期などにはいつもより大きく荒い呼吸をしている時があります。
そんな時は体温調節をしている時でもあるので、特に心配は要りません。室温が高い時には涼しくしたり、飲み水をあげたりして快適にしてあげましょう。

やや浅めで呼吸が速いようなら病院へ

浅めの早い呼吸をしているなら、気管支炎や心臓の疾患など、いくつかの病気が疑われます。
愛犬がこのような呼吸を始めたら、早めに行き着けの動物病院へ相談し、受診することをおすすめします。問題のない場合もありますが、気がついた時点で早めに受診しておくと安心ですね。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬が過呼吸を起したり、息が上がっていると心配になりますが、簡単な応急処置で大丈夫なものや、心配要らないものもあります。
呼吸のタイプやタイミングでは重要な病気が隠れていることもあります。何も思い当たることがなく、いつもと様子が違う時には早めに獣医さんに相談しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 1744 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 834 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 976 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9264 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 853 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 6075 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2085 view

混合ワクチンが完了しない幼犬がお散歩NGなのは何故?こんな健康上の理由があるんです

混合ワクチンが完了していない幼犬は健康上どんな心配があるのでしょう?混合ワクチンが重要な理由をまとめてみまし…

Chriee / 892 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 2672 view

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 1283 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 2473 view

こんな症状から始まります!年齢とともに気になる犬の痴呆症とは?

犬にも痴呆症があります。全ての犬に起こるわけではありませんが、シニアに入って不審な行動などの症状が見られるよ…

Chriee / 1184 view

関連するキーワード