犬の結石の原因は?普段からできる予防は?

犬も尿路結石ができます。原因はいくつかあり、見逃しやすい症状もあります。
食べ物や飲料水などにも結石の原因を作るものがあります。飼い主が早期で気づいてあげることと、普段の餌や飲み物でも予防できることはいろいろあるんです。

尿路結石ができるとこんな症状が表れます。

尿路結石ができる病気を尿路結石症と言います。体内でできた石のように固まった物質が、膀胱や尿道にたまってしまう病気です。
結石ができてしまうと、その影響でおしっこがでにくくなったり、石で膀胱などが傷つき、痛みを伴ったり、詰まっておしっこが出なくなってしまうこともあります。

犬のこんな様子には注意しましょう

いつもよりおしっこの量が減ってきたり、またはする時に痛そうにしていたら、尿道に結石ができている可能性は高いです。
また、トイレに座っていたり、するような素振りがあっても出ない場合や、おしっこ自体が濁っている場合も可能性があります。
お腹を触った時に硬いものが触れるようなら緊急を要する場合があります。

尿路結石になりやすい飲料水

マグネシウムやカルシウムを過度に摂取していると結石ができる要因にもなります。
そしてミネラルウォータの硬水には、このマグネシウムとカルシウムが多く、与え続けていると結石の原因にもなるのです。
飲料水は犬用のものか、軟水、または水道水なら安心です。

結石の予防として与えないほうが良い食べ物

普段なにげなく与えてしまいがちな食べ物の中にも、尿路結石の原因になりやすいものはあります。
時々少量なら問題は無いですが、海苔や煮干しなどの小魚などカルシウムやマグネシウムを多く含んでいるものは、あまり犬には与えないようにします。

水分をたっぷり摂るのが一番の予防です

尿路結石の一番の予防は水分をたっぷり取り、おしっこの量も十分であることです。
運動量の少ない犬など、あまり水分を摂りたがらない犬もいますが、あまりにも飲まない場合は水分の多い餌にしたり、飲料水にミルクを少しだけ混ぜてみたり、またはヤギミルクを与えてみたりと、飲む工夫もしてみると良いですよ。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
犬の尿道結石は、小さなものだとおしっこと一緒に出てしまうものもあり、見逃してしまうものも多いようです。特に水分を過度に摂らなかったり、おしっこの量が少ない犬は、水分をたくさん摂る工夫をしましょう。その為には散歩やドッグランでの運動も大切なんですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

それは熱中症かも?愛犬の食欲不振などに表れるサイン

気温が高くなると心配なのが熱中症です。屋外はもちろんですが室内でも危険はいっぱい!突然の食欲不振など、愛犬の…

Chriee / 854 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 2457 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 1451 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1361 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2175 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 1083 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1081 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1699 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2269 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 2118 view

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 1208 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2612 view

関連するキーワード