痙攣

愛犬が痙攣を起こしてる!
突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。
痙攣の原因と対処法をまとめました。

痙攣の原因として、てんかん、低血糖、感染症などがあります。

てんかん

普段は何も異常なく過ごしていますが、突然発作がおきます。
この発作は繰り返し起きますが、その間隔はそれぞれ違います。一年に一度程度の場合もありますし、毎日のように起こすこともあります。またてんかん重積といって発作が止まらなくなることがあり、この場合には早急に動物病院で処置をしてもらう必要があります。
てんかん発作では意識は残っているけれど、体の一部が痙攣など起こす場合や、気を失って激しく全身が痙攣を起こす場合があります。
激しい痙攣を起こしている姿をみてビックリしてしまうかもしれませんが、落ち着いて対応してください。
愛犬の周りに危ないものがないかなどを確認して、ぶつかったり落下することがないよう安全を確保しましょう。また心配して体を押さえつけたり、口の中に手を入れるなどは噛まれてしまう危険があるためしないでください。
可能であれば動画を撮って動物病院に持っていくとよいでしょう。
てんかんと診断されたら、抗てんかん薬などのお薬を使って治療をしていきます。

低血糖

血液中の糖分濃度が低下してしまうことにより、痙攣を起こすことがあります。
特に子犬では、食餌の間隔が長かったり食餌量が足りていない、長時間連続して遊ばせてエネルギーを消耗してしまうことが原因で低血糖となることがあります。
子犬は毎日体が成長していきますので、多くのエネルギーを必要とします。
食餌回数は3~4回とし、十分な食餌量を与えましょう。
また子犬は多くの休息も必要とします。少し遊んだら静かなスペース(ゲージの中など)に戻し、おやすみさせてあげましょう。
もしも低血糖になってしまったときは砂糖水を舐めさせてあげましょう。
その後は必ず動物病院を受診してくださいね。
成犬が低血糖になる場合には、すい臓の腫瘍や重度の感染症による敗血症、副腎皮質機能低下症などが原因となります。
激しい痛みや緊張、恐怖による震えが痙攣のようにみえることがあります。
ケガや病気などで痛みがあったり、カミナリなどの大きな音がこわくて小刻みに震えることがあります。
このような場合は疼痛管理や、精神的なものの場合は優しく声をかけて落ち着かせてあげてください。
カミナリや大きな音などへの恐怖心がひどい場合には心を落ち着かせる効果のあるサプリメントなどを試してみてもよいかもしれません。

まとめ

実際に愛犬が痙攣を起こすとビックリして慌ててしまいますが、心を落ち着かせて冷静に対応してください。
痙攣の原因によっては命を落としてしまうこともありますので、動物病院に連絡をしてすぐに動物病院に行くようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 917 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 2108 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 852 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 2391 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1047 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1590 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 1586 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 8839 view

タバコの煙、犬の健康にどう影響する?気をつけるべきこととは?

人間の健康には多大な害があると言われているタバコですが、犬にとってはどうなのでしょう?人間と同じように犬にと…

cezannee / 1820 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1471 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 922 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 1095 view

関連するキーワード