痙攣

愛犬が痙攣を起こしてる!
突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。
痙攣の原因と対処法をまとめました。

痙攣の原因として、てんかん、低血糖、感染症などがあります。

てんかん

普段は何も異常なく過ごしていますが、突然発作がおきます。
この発作は繰り返し起きますが、その間隔はそれぞれ違います。一年に一度程度の場合もありますし、毎日のように起こすこともあります。またてんかん重積といって発作が止まらなくなることがあり、この場合には早急に動物病院で処置をしてもらう必要があります。
てんかん発作では意識は残っているけれど、体の一部が痙攣など起こす場合や、気を失って激しく全身が痙攣を起こす場合があります。
激しい痙攣を起こしている姿をみてビックリしてしまうかもしれませんが、落ち着いて対応してください。
愛犬の周りに危ないものがないかなどを確認して、ぶつかったり落下することがないよう安全を確保しましょう。また心配して体を押さえつけたり、口の中に手を入れるなどは噛まれてしまう危険があるためしないでください。
可能であれば動画を撮って動物病院に持っていくとよいでしょう。
てんかんと診断されたら、抗てんかん薬などのお薬を使って治療をしていきます。

低血糖

血液中の糖分濃度が低下してしまうことにより、痙攣を起こすことがあります。
特に子犬では、食餌の間隔が長かったり食餌量が足りていない、長時間連続して遊ばせてエネルギーを消耗してしまうことが原因で低血糖となることがあります。
子犬は毎日体が成長していきますので、多くのエネルギーを必要とします。
食餌回数は3~4回とし、十分な食餌量を与えましょう。
また子犬は多くの休息も必要とします。少し遊んだら静かなスペース(ゲージの中など)に戻し、おやすみさせてあげましょう。
もしも低血糖になってしまったときは砂糖水を舐めさせてあげましょう。
その後は必ず動物病院を受診してくださいね。
成犬が低血糖になる場合には、すい臓の腫瘍や重度の感染症による敗血症、副腎皮質機能低下症などが原因となります。
激しい痛みや緊張、恐怖による震えが痙攣のようにみえることがあります。
ケガや病気などで痛みがあったり、カミナリなどの大きな音がこわくて小刻みに震えることがあります。
このような場合は疼痛管理や、精神的なものの場合は優しく声をかけて落ち着かせてあげてください。
カミナリや大きな音などへの恐怖心がひどい場合には心を落ち着かせる効果のあるサプリメントなどを試してみてもよいかもしれません。

まとめ

実際に愛犬が痙攣を起こすとビックリして慌ててしまいますが、心を落ち着かせて冷静に対応してください。
痙攣の原因によっては命を落としてしまうこともありますので、動物病院に連絡をしてすぐに動物病院に行くようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬のおならには情報がいっぱい⁈おならでわかる内蔵の異常や病気について

犬のおならには体調を知る為の情報が意外とたくさんあります。臭いや頻度、音の有無など、内蔵の異変に気づけるもの…

Chriee / 1469 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1607 view

獣医師が解説「逆くしゃみ(犬の病気)」:小型犬や短鼻種のワンちゃんに起こりやすい!?…

逆くしゃみって知っていますか? 犬が突然立ち止まって苦しそうにグエ~グエ~というような音をさせながら、空気を…

本間獣医科病院 / 2135 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 9940 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2208 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 1734 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 1970 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1635 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 1771 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1895 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1763 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2192 view

関連するキーワード