痙攣

愛犬が痙攣を起こしてる!
突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。
痙攣の原因と対処法をまとめました。

痙攣の原因として、てんかん、低血糖、感染症などがあります。

てんかん

普段は何も異常なく過ごしていますが、突然発作がおきます。
この発作は繰り返し起きますが、その間隔はそれぞれ違います。一年に一度程度の場合もありますし、毎日のように起こすこともあります。またてんかん重積といって発作が止まらなくなることがあり、この場合には早急に動物病院で処置をしてもらう必要があります。
てんかん発作では意識は残っているけれど、体の一部が痙攣など起こす場合や、気を失って激しく全身が痙攣を起こす場合があります。
激しい痙攣を起こしている姿をみてビックリしてしまうかもしれませんが、落ち着いて対応してください。
愛犬の周りに危ないものがないかなどを確認して、ぶつかったり落下することがないよう安全を確保しましょう。また心配して体を押さえつけたり、口の中に手を入れるなどは噛まれてしまう危険があるためしないでください。
可能であれば動画を撮って動物病院に持っていくとよいでしょう。
てんかんと診断されたら、抗てんかん薬などのお薬を使って治療をしていきます。

低血糖

血液中の糖分濃度が低下してしまうことにより、痙攣を起こすことがあります。
特に子犬では、食餌の間隔が長かったり食餌量が足りていない、長時間連続して遊ばせてエネルギーを消耗してしまうことが原因で低血糖となることがあります。
子犬は毎日体が成長していきますので、多くのエネルギーを必要とします。
食餌回数は3~4回とし、十分な食餌量を与えましょう。
また子犬は多くの休息も必要とします。少し遊んだら静かなスペース(ゲージの中など)に戻し、おやすみさせてあげましょう。
もしも低血糖になってしまったときは砂糖水を舐めさせてあげましょう。
その後は必ず動物病院を受診してくださいね。
成犬が低血糖になる場合には、すい臓の腫瘍や重度の感染症による敗血症、副腎皮質機能低下症などが原因となります。
激しい痛みや緊張、恐怖による震えが痙攣のようにみえることがあります。
ケガや病気などで痛みがあったり、カミナリなどの大きな音がこわくて小刻みに震えることがあります。
このような場合は疼痛管理や、精神的なものの場合は優しく声をかけて落ち着かせてあげてください。
カミナリや大きな音などへの恐怖心がひどい場合には心を落ち着かせる効果のあるサプリメントなどを試してみてもよいかもしれません。

まとめ

実際に愛犬が痙攣を起こすとビックリして慌ててしまいますが、心を落ち着かせて冷静に対応してください。
痙攣の原因によっては命を落としてしまうこともありますので、動物病院に連絡をしてすぐに動物病院に行くようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 1434 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 1217 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1068 view

犬の健康を守るために混合ワクチンって必要なんでしょうか?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されていま…

adelee / 2014 view

アレルギー体質の犬はご注意!ワクチンに気をつけることや食べ物の選び方は?

アレルギー体質の犬のケアにはいろいろ気を使う必要があります。普段から気をつけたいアレルギー体質の犬の食べ物の…

Chriee / 1066 view

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 1038 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1811 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 2093 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 3571 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 2690 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1734 view

なんだかおいしそう⁈犬用フィラリアのお薬は進化しているのです

犬のフィラリアの薬と言ったら白い錠剤。なかなか飲んでくれないし、困ってる…。そんな方にお勧めしたい、フィラリ…

Gigii / 2584 view

関連するキーワード