犬のフィラリア症はこんなに恐ろしい

フィラリアは犬の内蔵にどれぐらい影響してどんな恐ろしい行基を併発するのかご存知ですか?
心臓以外にもさまざまな内蔵に影響することが判っています。フィラリアの予防をしっかりやって愛犬の健康を守ってあげましょう

まず最初にフィラリア症って何?

フィラリア予防のお薬を毎年愛犬に与えるいる飼い主さんは多いですが、フィラリア症をちゃんと理解できている人はどれくらいいるのでしょうけ?
フィラリアとは寄生虫です。蚊で媒介されることによって犬の心臓などの血管に寄生する糸状の寄生虫のことなんです。

フィラリア症の恐ろしさとは?

糸状のフィラリアは、その長さはなんと17〜28センチにもなるそうです。そして血管に寄生すると愛犬の血液中の養分を吸い取っていきます。この状態をフィラリア症と言うのです。
そしてそこからさまざまな臓器へ影響していくところが恐ろしいのです。

フィラリア症はこんな症状は危険です

多くのフィラリア症は慢性的なものになりますが、中には急性のものがあり、これが非常に危険な状況をもたらします。
危険な急性の場合には、愛犬に血尿が見られます。他には呼吸困難など、循環不全を主とした症状が見られ、手術が必要になります。

慢性的なフィラリア症は心臓病に

慢性的なものは、心臓病になるのが主なものです。分泌物や排泄物から二次的にさまざまな臓器への影響が起こります。
臓器がうっ血状態になる為、それぞれの臓器の機能不全という症状へと移行していくのです。
特にダイエットもしていないのに痩せてきたり、ぜんそくのような咳をする時は要注意です。

予防と定期検査でフィラリア症から守りましょう

フィラリアに感染した犬の体内には、フィラリアの成虫と産卵した子虫がが至る所に存在してしまいます。
それを防ぐ為には毎年のフィラリア予防の薬の投与を怠らずにしっかりやりましょう。また、毎年投与開始前は獣医さんで成虫と子虫がいないかを検査してもらうことも重要です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
毎年のことですが、フィラリア予防も大切な愛犬の健康管理の一つです。4月に入ったら予防を始めるには適度な時期です。そして、最近は秋に入っても暑い日も増えており、蚊が出ている期間は長くなっている傾向が見られます。季節で限定せずにしっかりケアしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 4920 view

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 1766 view

犬の健康を守るために混合ワクチンって必要なんでしょうか?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されていま…

adelee / 3079 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 2987 view

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 1554 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1558 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 2253 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 3391 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 2054 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 2618 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1772 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1742 view

関連するキーワード