犬の血液検査はこれくらい重要です

血液検査ってどれくらいの感覚で受けていますか?また何歳から必要だと思いますか?
実は、健康な時こど血液検査はしておく必要があるのをご存知でしょうか?シニアになっても大切な犬の血液検査について書いていきます。

元気な時から検査しておくにはこんな理由があります

まだ元気で若い時から血液検査をしておくと、健康な状態での数値も把握できることになります。そしてこれが長い間でとっても重要な健康管理につながります。
正常な数値を知っておくことと、定期的に受けることで、ちょっとした変化にも気づきやすくなります。

見た目では判りにくい病気を早期発見できる

血液型検査では、普段の愛犬の様子では判別しにくい病気が隠れている場合でも、早期に発見することが可能に繋がります。
症状が出にくく、静かに進行してしまう病気などは、血液検査をしていることで発見される場合もあります。もちろん、正確に把握するにはレントゲンや尿検査なども必要になります。

血液検査ではこんなことを調べます

赤血球や白血球、血小板など、血液中の細胞を検査することで貧血や感染症が起こっていないかと調べることができます。
その他、血液中の化学物質を測定したり、ホルモン濃度の測定など、さまざまな異常につながる数値を調べていきます。

血液でこんなことが判ってきます

炎症や貧血、感染症を起していないか、甲状腺には異常がないか、などが判ってきます。また、フィラリア症など心臓になんらかの異常や病気がないかを調べる手がかりにもなります。
腎臓や膵臓、肝臓の異常にも早期で気づけるきっかけになります。

血液検査を受けさせる頻度はこれくらいが理想です

成犬になったら毎年1回は血液検査を受けるようにすると安心です。
また、7歳以上になってくると、さまざまな内蔵負担も出てきやすくなります。人間に換算すると40歳以上になり、内蔵機能も落ちてきます。シニア犬は年2回の血液検査が好ましいと言われています。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬の血液検査は、シニアになってから考えるようになる飼い主さんも多いと思いますが、実際には若い時から受けておくと、愛犬の正常数値が把握できて変化に気づきやすいのですね。時間を取るのもなかなか大変なので、ワクチンやフィラリア検査などと合わせて行うのもいいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1172 view

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 1110 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2727 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 2519 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 2787 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1100 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1932 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1161 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1989 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2248 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 4619 view

関連するキーワード