犬の血液検査はこれくらい重要です

血液検査ってどれくらいの感覚で受けていますか?また何歳から必要だと思いますか?
実は、健康な時こど血液検査はしておく必要があるのをご存知でしょうか?シニアになっても大切な犬の血液検査について書いていきます。

元気な時から検査しておくにはこんな理由があります

まだ元気で若い時から血液検査をしておくと、健康な状態での数値も把握できることになります。そしてこれが長い間でとっても重要な健康管理につながります。
正常な数値を知っておくことと、定期的に受けることで、ちょっとした変化にも気づきやすくなります。

見た目では判りにくい病気を早期発見できる

血液型検査では、普段の愛犬の様子では判別しにくい病気が隠れている場合でも、早期に発見することが可能に繋がります。
症状が出にくく、静かに進行してしまう病気などは、血液検査をしていることで発見される場合もあります。もちろん、正確に把握するにはレントゲンや尿検査なども必要になります。

血液検査ではこんなことを調べます

赤血球や白血球、血小板など、血液中の細胞を検査することで貧血や感染症が起こっていないかと調べることができます。
その他、血液中の化学物質を測定したり、ホルモン濃度の測定など、さまざまな異常につながる数値を調べていきます。

血液でこんなことが判ってきます

炎症や貧血、感染症を起していないか、甲状腺には異常がないか、などが判ってきます。また、フィラリア症など心臓になんらかの異常や病気がないかを調べる手がかりにもなります。
腎臓や膵臓、肝臓の異常にも早期で気づけるきっかけになります。

血液検査を受けさせる頻度はこれくらいが理想です

成犬になったら毎年1回は血液検査を受けるようにすると安心です。
また、7歳以上になってくると、さまざまな内蔵負担も出てきやすくなります。人間に換算すると40歳以上になり、内蔵機能も落ちてきます。シニア犬は年2回の血液検査が好ましいと言われています。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬の血液検査は、シニアになってから考えるようになる飼い主さんも多いと思いますが、実際には若い時から受けておくと、愛犬の正常数値が把握できて変化に気づきやすいのですね。時間を取るのもなかなか大変なので、ワクチンやフィラリア検査などと合わせて行うのもいいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1591 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 1065 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1082 view

飼い主が何気なく吸っているタバコ、愛犬の健康にはどんな影響があるか知ってますか?

ペットの健康を気遣う飼い主さんは増えていますが、タバコはどうでしょうか?しっかり別の部屋で吸う人もいると思い…

Chriee / 1251 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2360 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 3025 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 900 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2321 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1560 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1159 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1532 view

犬が震えたり吐く時はこんな病気を疑ってみて!

犬が震えている時や、吐く症状にはさまざまな原因があります。特に心配ないものや、見落としてしまいがちな病気や体…

Chriee / 1879 view

関連するキーワード