犬の血液検査はこれくらい重要です

血液検査ってどれくらいの感覚で受けていますか?また何歳から必要だと思いますか?
実は、健康な時こど血液検査はしておく必要があるのをご存知でしょうか?シニアになっても大切な犬の血液検査について書いていきます。

元気な時から検査しておくにはこんな理由があります

まだ元気で若い時から血液検査をしておくと、健康な状態での数値も把握できることになります。そしてこれが長い間でとっても重要な健康管理につながります。
正常な数値を知っておくことと、定期的に受けることで、ちょっとした変化にも気づきやすくなります。

見た目では判りにくい病気を早期発見できる

血液型検査では、普段の愛犬の様子では判別しにくい病気が隠れている場合でも、早期に発見することが可能に繋がります。
症状が出にくく、静かに進行してしまう病気などは、血液検査をしていることで発見される場合もあります。もちろん、正確に把握するにはレントゲンや尿検査なども必要になります。

血液検査ではこんなことを調べます

赤血球や白血球、血小板など、血液中の細胞を検査することで貧血や感染症が起こっていないかと調べることができます。
その他、血液中の化学物質を測定したり、ホルモン濃度の測定など、さまざまな異常につながる数値を調べていきます。

血液でこんなことが判ってきます

炎症や貧血、感染症を起していないか、甲状腺には異常がないか、などが判ってきます。また、フィラリア症など心臓になんらかの異常や病気がないかを調べる手がかりにもなります。
腎臓や膵臓、肝臓の異常にも早期で気づけるきっかけになります。

血液検査を受けさせる頻度はこれくらいが理想です

成犬になったら毎年1回は血液検査を受けるようにすると安心です。
また、7歳以上になってくると、さまざまな内蔵負担も出てきやすくなります。人間に換算すると40歳以上になり、内蔵機能も落ちてきます。シニア犬は年2回の血液検査が好ましいと言われています。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬の血液検査は、シニアになってから考えるようになる飼い主さんも多いと思いますが、実際には若い時から受けておくと、愛犬の正常数値が把握できて変化に気づきやすいのですね。時間を取るのもなかなか大変なので、ワクチンやフィラリア検査などと合わせて行うのもいいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 2156 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 2164 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 5154 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2611 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1439 view

夜中に愛犬の具合が悪くなったら、きちんと対処できますか?

人間でも犬でも、夜中に急に具合が悪くなることってありますよね?そんな時、落ち着いてきちんと対処できるよう日頃…

cezannee / 2419 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 5251 view

愛犬のお散歩にもいいかも!こんなに可愛くてオシャレになった最近のエリザベスカラー

愛犬の治療中や介護のグッズとして便利なエリザベスカラー。硬いものはちょっと不便と感じることはありませんか?お…

Chriee / 4862 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2938 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1216 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9974 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 2189 view

関連するキーワード