犬のイボは放っておいて大丈夫なの?

愛犬の体に出来るイボは、場合によってはさまざまな病気の信号だったりもします。放ってよいものや皮膚病などの恐れがあるもの、また重大な病気が心配されるしこりなど、普段から異変に気づいてあげるようにしましょう。

幼犬に出来るイボは大丈夫?

イボは幼犬にも出来ます。「乳頭腫」と言われるもので、脂肪腫よりは小さなものになります。
幼犬の頃はまだ免疫力が弱く、ほとんどはウィルス性のものですが、免疫力が出て来ると自然に消えてしまう為、心配の無いものがほとんどです。

犬の状態によって放っておいても大丈夫なイボ

「乳頭腫」よりは大きめで、柔らかいのは「脂肪腫」です。これも特に危険性の高いということもないイボですが、大きさや場所で判断しましょう。愛犬の動きや身体機能に影響のある場所や大きさの場合は病院で取って貰うほうがいいですが、問題が無ければ大丈夫です。

黒いイボには要注意!見つけたらすぐに病院へ!

黒い色のイボは「黒色腫(メラノーマ)」と言って、危険な皮膚がんの一種です。皮膚に発生するものはかなりの割合で良性が多く、心配は無いようです。
「黒色腫(メラノーマ)」は口や足指に多く、特に口の場合は注意が必要です。口臭があり食欲低下が見られたり、口から出血があったら病院で検査して貰いましょう。

愛犬の体にできるしこりは大丈夫?

イボではないけど、しこりが気になる場合もあります。色など表面的な変化はないのに触るとしこりを感じることはありませんか?
ワクチンなど注射をした後には、一時的にその箇所が硬くなってしまう時があります。そんな時はマッサージでほぐしてあげます。すぐに消えれば注射後の一時的なものなので心配は要りません。

黒くない場合でも要注意なイボやしこりも

上で解説した「黒色腫(メラノーマ)」には黒くないものもあります。
硬いものや、大きくなるようなら早めに獣医さんに診てもらいましょう。しこりには中に膿がたまっているものや、他に転移する皮膚がんもあります。気になるしこりやコブは発見した時点で診て貰うのが一番です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
ペットは体の異変を自分で伝えることができません。特に見えにくい箇所のイボやしこりはなかなか判らない場合もあります。
普段のシャンプーやブラッシングでチェックしたり、口腔ケアをしながら口の中に悪性のイボは無いか、普段から愛犬の体をしっかりチェックしてあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 1111 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1606 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4950 view

犬の水分足りてますか?暖かくなったら散歩にも給水器持参でお出かけしましょう

暖かくなると犬もお水をたくさん飲みます。特にお出かけや散歩には必ず持参して十分与えたいですね!飲みやすく便利…

Chriee / 3117 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1638 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 2158 view

犬が震えたり吐く時はこんな病気を疑ってみて!

犬が震えている時や、吐く症状にはさまざまな原因があります。特に心配ないものや、見落としてしまいがちな病気や体…

Chriee / 2261 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 2282 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2933 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 1611 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 3031 view

こんな症状から始まります!年齢とともに気になる犬の痴呆症とは?

犬にも痴呆症があります。全ての犬に起こるわけではありませんが、シニアに入って不審な行動などの症状が見られるよ…

Chriee / 1517 view

関連するキーワード