犬のイボは放っておいて大丈夫なの?

愛犬の体に出来るイボは、場合によってはさまざまな病気の信号だったりもします。放ってよいものや皮膚病などの恐れがあるもの、また重大な病気が心配されるしこりなど、普段から異変に気づいてあげるようにしましょう。

幼犬に出来るイボは大丈夫?

イボは幼犬にも出来ます。「乳頭腫」と言われるもので、脂肪腫よりは小さなものになります。
幼犬の頃はまだ免疫力が弱く、ほとんどはウィルス性のものですが、免疫力が出て来ると自然に消えてしまう為、心配の無いものがほとんどです。

犬の状態によって放っておいても大丈夫なイボ

「乳頭腫」よりは大きめで、柔らかいのは「脂肪腫」です。これも特に危険性の高いということもないイボですが、大きさや場所で判断しましょう。愛犬の動きや身体機能に影響のある場所や大きさの場合は病院で取って貰うほうがいいですが、問題が無ければ大丈夫です。

黒いイボには要注意!見つけたらすぐに病院へ!

黒い色のイボは「黒色腫(メラノーマ)」と言って、危険な皮膚がんの一種です。皮膚に発生するものはかなりの割合で良性が多く、心配は無いようです。
「黒色腫(メラノーマ)」は口や足指に多く、特に口の場合は注意が必要です。口臭があり食欲低下が見られたり、口から出血があったら病院で検査して貰いましょう。

愛犬の体にできるしこりは大丈夫?

イボではないけど、しこりが気になる場合もあります。色など表面的な変化はないのに触るとしこりを感じることはありませんか?
ワクチンなど注射をした後には、一時的にその箇所が硬くなってしまう時があります。そんな時はマッサージでほぐしてあげます。すぐに消えれば注射後の一時的なものなので心配は要りません。

黒くない場合でも要注意なイボやしこりも

上で解説した「黒色腫(メラノーマ)」には黒くないものもあります。
硬いものや、大きくなるようなら早めに獣医さんに診てもらいましょう。しこりには中に膿がたまっているものや、他に転移する皮膚がんもあります。気になるしこりやコブは発見した時点で診て貰うのが一番です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
ペットは体の異変を自分で伝えることができません。特に見えにくい箇所のイボやしこりはなかなか判らない場合もあります。
普段のシャンプーやブラッシングでチェックしたり、口腔ケアをしながら口の中に悪性のイボは無いか、普段から愛犬の体をしっかりチェックしてあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 1052 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 971 view

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 1665 view

犬の健康を守るために混合ワクチンって必要なんでしょうか?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されていま…

adelee / 1771 view

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 910 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1604 view

獣医師が解説「血尿(犬の病気)」:早めの検査を!重大な病気が隠れていることもあるんで…

オシッコが赤い!愛犬が血尿をしていたらビックリして心配になりますよね。考えられる原因をまとめてみました。(犬…

本間獣医科病院 / 2694 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2150 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1486 view

夜中に愛犬の具合が悪くなったら、きちんと対処できますか?

人間でも犬でも、夜中に急に具合が悪くなることってありますよね?そんな時、落ち着いてきちんと対処できるよう日頃…

cezannee / 1847 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 3255 view

こんな症状から始まります!年齢とともに気になる犬の痴呆症とは?

犬にも痴呆症があります。全ての犬に起こるわけではありませんが、シニアに入って不審な行動などの症状が見られるよ…

Chriee / 1156 view

関連するキーワード