犬のイボは放っておいて大丈夫なの?

愛犬の体に出来るイボは、場合によってはさまざまな病気の信号だったりもします。放ってよいものや皮膚病などの恐れがあるもの、また重大な病気が心配されるしこりなど、普段から異変に気づいてあげるようにしましょう。

幼犬に出来るイボは大丈夫?

イボは幼犬にも出来ます。「乳頭腫」と言われるもので、脂肪腫よりは小さなものになります。
幼犬の頃はまだ免疫力が弱く、ほとんどはウィルス性のものですが、免疫力が出て来ると自然に消えてしまう為、心配の無いものがほとんどです。

犬の状態によって放っておいても大丈夫なイボ

「乳頭腫」よりは大きめで、柔らかいのは「脂肪腫」です。これも特に危険性の高いということもないイボですが、大きさや場所で判断しましょう。愛犬の動きや身体機能に影響のある場所や大きさの場合は病院で取って貰うほうがいいですが、問題が無ければ大丈夫です。

黒いイボには要注意!見つけたらすぐに病院へ!

黒い色のイボは「黒色腫(メラノーマ)」と言って、危険な皮膚がんの一種です。皮膚に発生するものはかなりの割合で良性が多く、心配は無いようです。
「黒色腫(メラノーマ)」は口や足指に多く、特に口の場合は注意が必要です。口臭があり食欲低下が見られたり、口から出血があったら病院で検査して貰いましょう。

愛犬の体にできるしこりは大丈夫?

イボではないけど、しこりが気になる場合もあります。色など表面的な変化はないのに触るとしこりを感じることはありませんか?
ワクチンなど注射をした後には、一時的にその箇所が硬くなってしまう時があります。そんな時はマッサージでほぐしてあげます。すぐに消えれば注射後の一時的なものなので心配は要りません。

黒くない場合でも要注意なイボやしこりも

上で解説した「黒色腫(メラノーマ)」には黒くないものもあります。
硬いものや、大きくなるようなら早めに獣医さんに診てもらいましょう。しこりには中に膿がたまっているものや、他に転移する皮膚がんもあります。気になるしこりやコブは発見した時点で診て貰うのが一番です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
ペットは体の異変を自分で伝えることができません。特に見えにくい箇所のイボやしこりはなかなか判らない場合もあります。
普段のシャンプーやブラッシングでチェックしたり、口腔ケアをしながら口の中に悪性のイボは無いか、普段から愛犬の体をしっかりチェックしてあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説:犬に生理痛はあるのでしょうか?

避妊手術をしていないメスの犬には「生理」が年に1~2回ほどあります。生理中の犬にも人間の女性が感じるような「…

本間獣医科病院 / 1611 view

犬の水分足りてますか?暖かくなったら散歩にも給水器持参でお出かけしましょう

暖かくなると犬もお水をたくさん飲みます。特にお出かけや散歩には必ず持参して十分与えたいですね!飲みやすく便利…

Chriee / 2479 view

愛犬が寝たきりになったら…高齢犬の床ずれ対策は大丈夫?

犬も高齢になると寝たきりになってしまうことがあります。そうなると人と同じで床ずれが出来てしまうことをご存じで…

cezannee / 1687 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9508 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 886 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2091 view

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 1011 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2551 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1856 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 3400 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1271 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1612 view

関連するキーワード