歯石や口臭はどうしたらいいの??

歯みがきが苦手な愛犬は多いようです。歯みがきガムなどを使う飼い主さんは多いですが、やはりシニアになってくると歯石が気になってくるコは多いですね!
歯石は獣医さんで取ってもらえますが、多くの場合は全身麻酔が必要になり、やはり心配です。歯石や口臭に効果の高いグッズを紹介しましょう。

飲料水に混ぜるだけ!歯石が柔らかくなる効果が

毎日の飲料水に混ぜるだけなので、歯みがきが苦手な犬でも続けやすいのが特徴です。
香りが気になる犬もいるようですが、慣れれば飲めるようになったり、歯石が柔らかくなり取れたという犬もいます。
パピーの頃から続けておくと良いと思います。

簡単!
飲み水に混ぜるだけなのでとっても簡単です!かわいいわが子(犬)に飲ませるものなので味見してみましたが、うすーいレモン風味でした。これを飲ませてからガーゼで歯を拭くと少し歯垢が取れている気がしますし、実際1か月くらいで歯垢が薄くなりました。

お口にスプレーするだけ!消臭や歯石を除去

朝と夜の2回、愛犬の口全体にスプレーするだけでケア出来る簡単な商品です。歯みがきなど口の中に入れてケアするのが苦手な犬は多いので、こういうケアグッズは飼い主には有り難いですね。
歯みがきが出来るコでも、歯の色や口臭が気になったら手軽で良いと思います。

歯ブラシ代わりに!和紙が素材の歯石除去シート

和紙をベースにゼオライトとトルマリンを使用したシートでゴシゴシと愛犬の歯を磨くだけ。
着色した歯を白くしたり、ツルツルになると効果を感じている飼い主さんが多い商品です。
歯ブラシは苦手だけど、飼い主さんの手でケアするのは大丈夫という愛犬には使いやすいですね。

こちらの商品で歯を磨くと歯がツルツルします!目に見えて劇的に良くなったわけではありませんが、少しずつ効いてる気がしますね。奥歯の着色が気になるので、とりあえず毎回ツルツルするまで磨いています。ちょっとずつでも綺麗になるのを願って頑張って続けていきます!

朝と夜の簡単なケアで歯石がきれいに!

朝と夜の2回のケアで歯石を取る、獣医さんが開発した歯石除去できる商品です。
朝はごはんにかけたり、夜はジェル状のクリームを飼い主さんの指で直接愛犬の歯や歯口に塗るだけ。飲み水に抵抗があったり、口に異物が入るのを嫌がる愛犬でも使いやすいですね。

最近塊が取れてびっくりしてます!
その後もどんどん取れてきてます。
今回のをきっかけに、口の中を触らせてくれるようになり
今ではジェルを綿棒で歯に1本づつ塗っています。
7歳の我が子は来月歯石除去と何本か歯を抜きます。
全身麻酔をかける前に、もっと予防を
してあげたら良かったと後悔してます。
予防にはすごく効くと思うので迷ってる方に
オススメしたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1689 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1707 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 2076 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1403 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2816 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 2094 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 2890 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10670 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2939 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2471 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3470 view

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 1639 view

関連するキーワード