骨折

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。
近年は、室内飼育のわんちゃんが増えており、室内での落下事故による骨折が非常に増えています。このコラムを読んでいる方の中にも小型犬を飼われている方は多いのではないのでしょうか。今回は室内でも起こりうる骨折について、予防なども含めてお話ししたいと思います。

骨折の原因

骨折は原因により、外傷性骨折と病的骨折に分かれます。

●外傷性骨折

わんちゃんでは、交通事故や落下など、強い打撲が原因で発生することが最も多い原因です。この場合の落下は、ソファーや椅子などからの転落事故や、飼い主さんが抱っこしていて落としてしまうという事故なども含まれます。また、小型犬ではわんちゃん同士の喧嘩によって起こることもあります。

●病的骨折

くる病や骨腫瘍、骨の感染症、その他栄養障害などが原因になって、軽い力でも簡単に骨折することがあります。これを病的骨折といいます。

こんな症状は骨折の疑いがあります!

骨折した場所によって特有の症状が出ることがありますが、一般的に、以下に挙げる症状が出ます。
●事故の直後から、痛がり、歩けなくなる
●腫れて熱感があり、内出血などを伴っている
●(四肢の場合)変な方向に曲がっている
●(背骨や骨盤の場合)後足や腰の痛みだけでなく、麻痺や排便排尿の困難を伴うことも

骨折したかも…と思ったら

まずはかかりつけの動物病院に連絡を取り、指示を仰ぎましょう。かかりつけの動物病院が休診日だったり夜間の場合には、救急病院に連れていきましょう。もし、病院に連れて行けない場合には、わんちゃんをなるべく安静に、動かないようにしてください。
この時、骨折を確認しようとして、骨折してそうなところをむやみに触ることは絶対にやめましょう。血管や神経を傷つけてしまい、余計に悪くしてしまう可能性があります。

合併症

特に外傷性骨折の場合には、神経や血管、筋肉など、周りの組織に合併症が起こります。神経や血管がダメージをけることで、血液が通わなくなり、筋肉や骨折部位の骨の組織が死んでしまいます。処置が遅れると、骨折した骨が治癒すべきに日数を過ぎても、治癒しない状態になってしまうこともあります。

予防

わんちゃんの骨折は、事故による外傷性骨折が大部分を占めています。散歩に行くときは必ずリードし、ワンちゃんが自由に歩けないようにしましょう。また、大きい通りを歩く時や道を横断するときはリードを短く持つようにするのも大切です。
室内での落下事故は、子犬や若いわんちゃんに多くみられます。 子犬は突発的に思わぬ動きををすることがあります。子犬を抱っこする時は十分な注意をして下さいね。特に小さなお子さんが抱っこする場合や、ご家族以外の子犬に慣れていない方が抱っこする時には、注意を喚起してあげることが予防につながります。また、椅子やソファーなど、高いところには上らないようにする工夫も必要です。プードルやパピヨン、ポメラニアンといった小型犬は脚も細く、40~50cmほどの高さから落下しても、落ち方によっては骨折してしまいます。

まとめ

ここまで、骨折の中でも多くみられる外傷性骨折を中心にお話をしてきました。読者の方にも、室内で小型犬を飼われている方は多いと思います。室内での骨折も事故です。しかし、ちょっとした注意で防ぐこともできる事故なんです。かわいい家族を事故から守ってあげるためにも、注意して生活してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 1495 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 2892 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 1253 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 3230 view

犬の避妊手術と去勢後、どんな体調管理が必要?

犬を飼うに当って、避妊手術や去勢をする人は多いですね。これは自治体や動物病院などで奨励していたり、ペットの健…

Chriee / 2250 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1215 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 1522 view

要チェック!色、形、匂い、ウンチを見ればわかる愛犬の健康状態

毎日の散歩で、あるいはペットシートで、愛犬がウンチをしたら良く見て健康状態をチェックするようにしましょう。

cezannee / 3768 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 1433 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2296 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 1150 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 2546 view

関連するキーワード