骨折

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。
近年は、室内飼育のわんちゃんが増えており、室内での落下事故による骨折が非常に増えています。このコラムを読んでいる方の中にも小型犬を飼われている方は多いのではないのでしょうか。今回は室内でも起こりうる骨折について、予防なども含めてお話ししたいと思います。

骨折の原因

骨折は原因により、外傷性骨折と病的骨折に分かれます。

●外傷性骨折

わんちゃんでは、交通事故や落下など、強い打撲が原因で発生することが最も多い原因です。この場合の落下は、ソファーや椅子などからの転落事故や、飼い主さんが抱っこしていて落としてしまうという事故なども含まれます。また、小型犬ではわんちゃん同士の喧嘩によって起こることもあります。

●病的骨折

くる病や骨腫瘍、骨の感染症、その他栄養障害などが原因になって、軽い力でも簡単に骨折することがあります。これを病的骨折といいます。

こんな症状は骨折の疑いがあります!

骨折した場所によって特有の症状が出ることがありますが、一般的に、以下に挙げる症状が出ます。
●事故の直後から、痛がり、歩けなくなる
●腫れて熱感があり、内出血などを伴っている
●(四肢の場合)変な方向に曲がっている
●(背骨や骨盤の場合)後足や腰の痛みだけでなく、麻痺や排便排尿の困難を伴うことも

骨折したかも…と思ったら

まずはかかりつけの動物病院に連絡を取り、指示を仰ぎましょう。かかりつけの動物病院が休診日だったり夜間の場合には、救急病院に連れていきましょう。もし、病院に連れて行けない場合には、わんちゃんをなるべく安静に、動かないようにしてください。
この時、骨折を確認しようとして、骨折してそうなところをむやみに触ることは絶対にやめましょう。血管や神経を傷つけてしまい、余計に悪くしてしまう可能性があります。

合併症

特に外傷性骨折の場合には、神経や血管、筋肉など、周りの組織に合併症が起こります。神経や血管がダメージをけることで、血液が通わなくなり、筋肉や骨折部位の骨の組織が死んでしまいます。処置が遅れると、骨折した骨が治癒すべきに日数を過ぎても、治癒しない状態になってしまうこともあります。

予防

わんちゃんの骨折は、事故による外傷性骨折が大部分を占めています。散歩に行くときは必ずリードし、ワンちゃんが自由に歩けないようにしましょう。また、大きい通りを歩く時や道を横断するときはリードを短く持つようにするのも大切です。
室内での落下事故は、子犬や若いわんちゃんに多くみられます。 子犬は突発的に思わぬ動きををすることがあります。子犬を抱っこする時は十分な注意をして下さいね。特に小さなお子さんが抱っこする場合や、ご家族以外の子犬に慣れていない方が抱っこする時には、注意を喚起してあげることが予防につながります。また、椅子やソファーなど、高いところには上らないようにする工夫も必要です。プードルやパピヨン、ポメラニアンといった小型犬は脚も細く、40~50cmほどの高さから落下しても、落ち方によっては骨折してしまいます。

まとめ

ここまで、骨折の中でも多くみられる外傷性骨折を中心にお話をしてきました。読者の方にも、室内で小型犬を飼われている方は多いと思います。室内での骨折も事故です。しかし、ちょっとした注意で防ぐこともできる事故なんです。かわいい家族を事故から守ってあげるためにも、注意して生活してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1614 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 1362 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1659 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 1417 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 2625 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 1354 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 8657 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3571 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 2538 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2642 view

獣医師が解説:犬に生理痛はあるのでしょうか?

避妊手術をしていないメスの犬には「生理」が年に1~2回ほどあります。生理中の犬にも人間の女性が感じるような「…

本間獣医科病院 / 1995 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1327 view

関連するキーワード