骨折

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。
近年は、室内飼育のわんちゃんが増えており、室内での落下事故による骨折が非常に増えています。このコラムを読んでいる方の中にも小型犬を飼われている方は多いのではないのでしょうか。今回は室内でも起こりうる骨折について、予防なども含めてお話ししたいと思います。

骨折の原因

骨折は原因により、外傷性骨折と病的骨折に分かれます。

●外傷性骨折

わんちゃんでは、交通事故や落下など、強い打撲が原因で発生することが最も多い原因です。この場合の落下は、ソファーや椅子などからの転落事故や、飼い主さんが抱っこしていて落としてしまうという事故なども含まれます。また、小型犬ではわんちゃん同士の喧嘩によって起こることもあります。

●病的骨折

くる病や骨腫瘍、骨の感染症、その他栄養障害などが原因になって、軽い力でも簡単に骨折することがあります。これを病的骨折といいます。

こんな症状は骨折の疑いがあります!

骨折した場所によって特有の症状が出ることがありますが、一般的に、以下に挙げる症状が出ます。
●事故の直後から、痛がり、歩けなくなる
●腫れて熱感があり、内出血などを伴っている
●(四肢の場合)変な方向に曲がっている
●(背骨や骨盤の場合)後足や腰の痛みだけでなく、麻痺や排便排尿の困難を伴うことも

骨折したかも…と思ったら

まずはかかりつけの動物病院に連絡を取り、指示を仰ぎましょう。かかりつけの動物病院が休診日だったり夜間の場合には、救急病院に連れていきましょう。もし、病院に連れて行けない場合には、わんちゃんをなるべく安静に、動かないようにしてください。
この時、骨折を確認しようとして、骨折してそうなところをむやみに触ることは絶対にやめましょう。血管や神経を傷つけてしまい、余計に悪くしてしまう可能性があります。

合併症

特に外傷性骨折の場合には、神経や血管、筋肉など、周りの組織に合併症が起こります。神経や血管がダメージをけることで、血液が通わなくなり、筋肉や骨折部位の骨の組織が死んでしまいます。処置が遅れると、骨折した骨が治癒すべきに日数を過ぎても、治癒しない状態になってしまうこともあります。

予防

わんちゃんの骨折は、事故による外傷性骨折が大部分を占めています。散歩に行くときは必ずリードし、ワンちゃんが自由に歩けないようにしましょう。また、大きい通りを歩く時や道を横断するときはリードを短く持つようにするのも大切です。
室内での落下事故は、子犬や若いわんちゃんに多くみられます。 子犬は突発的に思わぬ動きををすることがあります。子犬を抱っこする時は十分な注意をして下さいね。特に小さなお子さんが抱っこする場合や、ご家族以外の子犬に慣れていない方が抱っこする時には、注意を喚起してあげることが予防につながります。また、椅子やソファーなど、高いところには上らないようにする工夫も必要です。プードルやパピヨン、ポメラニアンといった小型犬は脚も細く、40~50cmほどの高さから落下しても、落ち方によっては骨折してしまいます。

まとめ

ここまで、骨折の中でも多くみられる外傷性骨折を中心にお話をしてきました。読者の方にも、室内で小型犬を飼われている方は多いと思います。室内での骨折も事故です。しかし、ちょっとした注意で防ぐこともできる事故なんです。かわいい家族を事故から守ってあげるためにも、注意して生活してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 2909 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2245 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 836 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 1982 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 1208 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 2438 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2563 view

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 988 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1365 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 921 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1419 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 4303 view

関連するキーワード