骨折

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。
近年は、室内飼育のわんちゃんが増えており、室内での落下事故による骨折が非常に増えています。このコラムを読んでいる方の中にも小型犬を飼われている方は多いのではないのでしょうか。今回は室内でも起こりうる骨折について、予防なども含めてお話ししたいと思います。

骨折の原因

骨折は原因により、外傷性骨折と病的骨折に分かれます。

●外傷性骨折

わんちゃんでは、交通事故や落下など、強い打撲が原因で発生することが最も多い原因です。この場合の落下は、ソファーや椅子などからの転落事故や、飼い主さんが抱っこしていて落としてしまうという事故なども含まれます。また、小型犬ではわんちゃん同士の喧嘩によって起こることもあります。

●病的骨折

くる病や骨腫瘍、骨の感染症、その他栄養障害などが原因になって、軽い力でも簡単に骨折することがあります。これを病的骨折といいます。

こんな症状は骨折の疑いがあります!

骨折した場所によって特有の症状が出ることがありますが、一般的に、以下に挙げる症状が出ます。
●事故の直後から、痛がり、歩けなくなる
●腫れて熱感があり、内出血などを伴っている
●(四肢の場合)変な方向に曲がっている
●(背骨や骨盤の場合)後足や腰の痛みだけでなく、麻痺や排便排尿の困難を伴うことも

骨折したかも…と思ったら

まずはかかりつけの動物病院に連絡を取り、指示を仰ぎましょう。かかりつけの動物病院が休診日だったり夜間の場合には、救急病院に連れていきましょう。もし、病院に連れて行けない場合には、わんちゃんをなるべく安静に、動かないようにしてください。
この時、骨折を確認しようとして、骨折してそうなところをむやみに触ることは絶対にやめましょう。血管や神経を傷つけてしまい、余計に悪くしてしまう可能性があります。

合併症

特に外傷性骨折の場合には、神経や血管、筋肉など、周りの組織に合併症が起こります。神経や血管がダメージをけることで、血液が通わなくなり、筋肉や骨折部位の骨の組織が死んでしまいます。処置が遅れると、骨折した骨が治癒すべきに日数を過ぎても、治癒しない状態になってしまうこともあります。

予防

わんちゃんの骨折は、事故による外傷性骨折が大部分を占めています。散歩に行くときは必ずリードし、ワンちゃんが自由に歩けないようにしましょう。また、大きい通りを歩く時や道を横断するときはリードを短く持つようにするのも大切です。
室内での落下事故は、子犬や若いわんちゃんに多くみられます。 子犬は突発的に思わぬ動きををすることがあります。子犬を抱っこする時は十分な注意をして下さいね。特に小さなお子さんが抱っこする場合や、ご家族以外の子犬に慣れていない方が抱っこする時には、注意を喚起してあげることが予防につながります。また、椅子やソファーなど、高いところには上らないようにする工夫も必要です。プードルやパピヨン、ポメラニアンといった小型犬は脚も細く、40~50cmほどの高さから落下しても、落ち方によっては骨折してしまいます。

まとめ

ここまで、骨折の中でも多くみられる外傷性骨折を中心にお話をしてきました。読者の方にも、室内で小型犬を飼われている方は多いと思います。室内での骨折も事故です。しかし、ちょっとした注意で防ぐこともできる事故なんです。かわいい家族を事故から守ってあげるためにも、注意して生活してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 7625 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 654 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 1635 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1200 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 698 view

ダイエットしてるのに痩せない!そんな愛犬には血液検査が必要?

おやつをあげ過ぎて愛犬が肥満になるのは良くあること。でも、ダイエットを初めても効果が得られなければ病気が隠れ…

cezannee / 945 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 1629 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 632 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 629 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 2066 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 966 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 1570 view

関連するキーワード