腸閉塞

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてしまったことが原因になる腸閉塞が最も多い原因になっています。室内飼育の小型犬の増加に伴い、この病気も増える傾向にあります。

腸閉塞の原因は?

腸閉塞の原因にはいろいろあります。しかし、ワンちゃんでは、異物によるものが群を抜いて多いです。タオル、ペットシーツ、ボール、ビニールや果物の種、石、木片などの消化のできないものを摂取してしまい、胃は通過したけれども、腸のどこかに詰まってしまう、これが腸閉塞です。異物による閉塞は、比較的若いわんちゃんに多くみられます。コラムを読まれている方の中にも、ヒヤッとした瞬間を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
一方、病気が引き金になって腸閉塞を起こす場合もあります。仔犬でよくみられる腸重積です。生後半年未満の仔犬がパルボウイルス、ジステンパーウイルス、寄生虫が原因で激しい下痢をしたり、駆虫薬を大量に投与された場合に起きます。

こんなわんちゃんは気を付けて!

わんちゃんはとても好奇心が強い動物です。気になったものはまず匂いをかいで、ヒトの乳幼児と同じように口に入れてそれが何なのかを確かめます。しかし、なかには、口に入れたもので遊び、そのまま食べ物のように飲み込んでしまうわんちゃんもいます。また、食いしん坊のわんちゃんは、ゴミ箱をあさってイタズラをすることもあります。こういったイタズラは、飼い主さんの留守中や少し目を離した隙にしてしまうことが多いものです。もし、外出先から帰って、部屋にイタズラの跡がある場合、在宅時でも、ふとわんちゃんをみたら口をモグモグさせている…などの様子がある場合には要注意です。

気になる症状は?

ワンちゃんの腸は体長のおよそ6倍の長さであると言われています。それゆえ、腸閉塞による症状は、腸が詰まっている場所と、詰まっている程度によって異なります。
閉塞が軽い場合では、食欲不振やたまに嘔吐をする程度です。一方、完全に詰まってしまうと、食べ物が全く流れないため、腸が膨れてゴムのように伸びてしまいます。すると血液の流れも悪くなり、そのせいで強い痛みと激しい嘔吐が起こります。嘔吐は胃に近い腸であるほど激しく、胃から遠くなると嘔吐はみられなくなることもあります。腸の動きが悪くなったり止まったりすると、悪いガスが湧いてしまい、そのガスのせいでわんちゃんは衰弱してしまいます。

予防と対策

室内でワンちゃんを飼っている方は、何か落ちていれば食べてしまう!と思って下さい。特に前科のあるわんちゃんは必ずまた繰り返します。
イタズラされたり、食べてしまったら危険なものは、わんちゃんの目の届かないところに片付けるようにしましょう。これは、腸閉塞の予防だけではなく、中毒を起こすものや化学薬品の摂取による事故の防止にもつながります。
また、わんちゃんがイタズラ食いをしている時、大きな声を出してやめさせようとしないで下さいね。こちらが焦って大きな声を出すと、わんちゃんにも慌てて口の中のものを飲み込んでしまいます。焦る気持ちを抑え、静かにイタズラをやめさせるようにしましょう。どうしてもイタズラが防げない場合には、サークルに入れて置くことも事故防止につながります。

まとめ

病気が原因の場合を除いて、腸閉塞は私たちの注意1つで防ぐことができます。腸が詰まってしまうと、手術で異物を取り除かなければなりません。腸の状態が悪ければ、腸を切る必要もあります。運が悪ければ命を落とすこともあります。 コラムを読んではっと思われた方、まだ間に合いますよ!大切なかわいい家族を守るためにも、そこに置いてあるスーパーのビニール袋、片付けましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 737 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 913 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 3901 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1000 view

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 1017 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 5365 view

愛犬のお散歩にもいいかも!こんなに可愛くてオシャレになった最近のエリザベスカラー

愛犬の治療中や介護のグッズとして便利なエリザベスカラー。硬いものはちょっと不便と感じることはありませんか?お…

Chriee / 2917 view

愛犬が寝たきりになったら…高齢犬の床ずれ対策は大丈夫?

犬も高齢になると寝たきりになってしまうことがあります。そうなると人と同じで床ずれが出来てしまうことをご存じで…

cezannee / 1144 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 1723 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 862 view

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 761 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 2344 view

関連するキーワード