腸閉塞

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてしまったことが原因になる腸閉塞が最も多い原因になっています。室内飼育の小型犬の増加に伴い、この病気も増える傾向にあります。

腸閉塞の原因は?

腸閉塞の原因にはいろいろあります。しかし、ワンちゃんでは、異物によるものが群を抜いて多いです。タオル、ペットシーツ、ボール、ビニールや果物の種、石、木片などの消化のできないものを摂取してしまい、胃は通過したけれども、腸のどこかに詰まってしまう、これが腸閉塞です。異物による閉塞は、比較的若いわんちゃんに多くみられます。コラムを読まれている方の中にも、ヒヤッとした瞬間を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
一方、病気が引き金になって腸閉塞を起こす場合もあります。仔犬でよくみられる腸重積です。生後半年未満の仔犬がパルボウイルス、ジステンパーウイルス、寄生虫が原因で激しい下痢をしたり、駆虫薬を大量に投与された場合に起きます。

こんなわんちゃんは気を付けて!

わんちゃんはとても好奇心が強い動物です。気になったものはまず匂いをかいで、ヒトの乳幼児と同じように口に入れてそれが何なのかを確かめます。しかし、なかには、口に入れたもので遊び、そのまま食べ物のように飲み込んでしまうわんちゃんもいます。また、食いしん坊のわんちゃんは、ゴミ箱をあさってイタズラをすることもあります。こういったイタズラは、飼い主さんの留守中や少し目を離した隙にしてしまうことが多いものです。もし、外出先から帰って、部屋にイタズラの跡がある場合、在宅時でも、ふとわんちゃんをみたら口をモグモグさせている…などの様子がある場合には要注意です。

気になる症状は?

ワンちゃんの腸は体長のおよそ6倍の長さであると言われています。それゆえ、腸閉塞による症状は、腸が詰まっている場所と、詰まっている程度によって異なります。
閉塞が軽い場合では、食欲不振やたまに嘔吐をする程度です。一方、完全に詰まってしまうと、食べ物が全く流れないため、腸が膨れてゴムのように伸びてしまいます。すると血液の流れも悪くなり、そのせいで強い痛みと激しい嘔吐が起こります。嘔吐は胃に近い腸であるほど激しく、胃から遠くなると嘔吐はみられなくなることもあります。腸の動きが悪くなったり止まったりすると、悪いガスが湧いてしまい、そのガスのせいでわんちゃんは衰弱してしまいます。

予防と対策

室内でワンちゃんを飼っている方は、何か落ちていれば食べてしまう!と思って下さい。特に前科のあるわんちゃんは必ずまた繰り返します。
イタズラされたり、食べてしまったら危険なものは、わんちゃんの目の届かないところに片付けるようにしましょう。これは、腸閉塞の予防だけではなく、中毒を起こすものや化学薬品の摂取による事故の防止にもつながります。
また、わんちゃんがイタズラ食いをしている時、大きな声を出してやめさせようとしないで下さいね。こちらが焦って大きな声を出すと、わんちゃんにも慌てて口の中のものを飲み込んでしまいます。焦る気持ちを抑え、静かにイタズラをやめさせるようにしましょう。どうしてもイタズラが防げない場合には、サークルに入れて置くことも事故防止につながります。

まとめ

病気が原因の場合を除いて、腸閉塞は私たちの注意1つで防ぐことができます。腸が詰まってしまうと、手術で異物を取り除かなければなりません。腸の状態が悪ければ、腸を切る必要もあります。運が悪ければ命を落とすこともあります。 コラムを読んではっと思われた方、まだ間に合いますよ!大切なかわいい家族を守るためにも、そこに置いてあるスーパーのビニール袋、片付けましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1318 view

完治しないと言われている犬のてんかん、その症状とは?

犬にもてんかんを発症するコがいます。完治はしないと言われており、飼い主のケアが必要になってきます。てんかんの…

Chriee / 1274 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 6489 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 2575 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 829 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 967 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 1990 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 2233 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 4063 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 2388 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1246 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 1066 view

関連するキーワード