椎間板ヘルニア

背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こす病気です。ミニチュア・ダックスフンドやウェルシュ・コーギーなどの飼育頭数が増え、身近な病気になりましたね。今回は、椎間板ヘルニアについて、いろいろな角度からお話ししたいと思います。

そもそも、椎間板って何だろう?

腕や脚は骨を軸にして、関節が形成され、関節に付着した筋肉によって動きます。一方、背骨は、関節を形成していませんが、とても柔軟な動きをしますね。背骨と背骨の間でクッション剤の役割をし、柔軟な動きを可能にしているのが椎間板なんです。
背骨には、脊髄という長い神経が通っています。椎間板が変性し、正常な位置から飛び出てしまって脊髄を圧迫する病気が椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアにかかりやすいわんちゃんは?

ダックスフンド、コーギー、シーズーペキニーズ、ビーグルなどの犬種では、遺伝的に若い頃から椎間板の変性と症状が急速に進行することがあります。まだ、若いから…といって油断大敵です!また、どんな犬種でも、加齢に伴って椎間板が変性し、徐々に病気が進行する可能性があります。

椎間板ヘルニアの症状は?

背骨は頚から尻尾の先まで連続していて、場所により、頚椎、胸椎、腰椎、尾椎に分かれます。症状はヘルニアが起こった場所や神経へのダメージの強さによって違いがありますが、自宅での、異変に気付き動物病院を受診される方が多いようです。

飼い主さんが気付く主な症状
●抱こうとすると嫌がる、(痛そうに)キャンと鳴く
●じっとして動かない
●歩き方がおかしい、よろめく、脚を引きずって歩く

神経のダメージによる症状の違い
●ヘルニアが起こった部位が痛む
●ダメージを受けた神経が支配する部位が麻痺する
●ダメージを受けた神経が支配する部位の痛覚が無くなる

診断、そして気になる予後は?

椎間板ヘルニアを起こしている場所の正確な特定は、特殊な検査、脊髄造影検査、あるいはMRI検査をしないと分かりません。どちらも全身麻酔が必要になりますので、まずは、麻酔が必要のない検査を行い、神経に対するダメージの重症度を調べます。通常、麻痺があるかどうか、痛覚が残っているかどうかは、後ろ足で検査をします。痛覚が残っているかどうかは大切な検査項目です。主治医の判断にもよりますが、麻酔をかけて検査をし、外科手術を行うかどうかの決定は痛覚の有無が判断基準となります。
神経へのダメージが少ない程、そして、ヘルニアになってから処置までの経過が早い程、良い予後を望めます。しかし、中には、手術でヘルニアを取り除いても、膀胱や肛門の麻痺が残ってしまい、自力での排尿や排便が不可能になってしまったり、後ろ足が全く立たなくなってしまう場合もあります。

まとめ

ここまで椎間板ヘルニアについてお話しをしてきました。椎間板ヘルニアは突然に症状が出ます。リスクの高い犬種を飼っている方は日頃から心構えをしていれば、慌てることはありません。すぐに病院に行けなければ、絶対安静にしてください。また、背骨の病気は椎間板ヘルニアだけではありません。わんちゃんの様子がいつもと違うようでしたら、動物病院を受診するようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 1940 view

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 697 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1087 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 967 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 902 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 2225 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 1689 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 1275 view

犬のおならには情報がいっぱい⁈おならでわかる内蔵の異常や病気について

犬のおならには体調を知る為の情報が意外とたくさんあります。臭いや頻度、音の有無など、内蔵の異変に気づけるもの…

Chriee / 1166 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 2178 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 885 view

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 805 view

関連するキーワード