椎間板ヘルニア

背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こす病気です。ミニチュア・ダックスフンドやウェルシュ・コーギーなどの飼育頭数が増え、身近な病気になりましたね。今回は、椎間板ヘルニアについて、いろいろな角度からお話ししたいと思います。

そもそも、椎間板って何だろう?

腕や脚は骨を軸にして、関節が形成され、関節に付着した筋肉によって動きます。一方、背骨は、関節を形成していませんが、とても柔軟な動きをしますね。背骨と背骨の間でクッション剤の役割をし、柔軟な動きを可能にしているのが椎間板なんです。
背骨には、脊髄という長い神経が通っています。椎間板が変性し、正常な位置から飛び出てしまって脊髄を圧迫する病気が椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアにかかりやすいわんちゃんは?

ダックスフンド、コーギー、シーズーペキニーズ、ビーグルなどの犬種では、遺伝的に若い頃から椎間板の変性と症状が急速に進行することがあります。まだ、若いから…といって油断大敵です!また、どんな犬種でも、加齢に伴って椎間板が変性し、徐々に病気が進行する可能性があります。

椎間板ヘルニアの症状は?

背骨は頚から尻尾の先まで連続していて、場所により、頚椎、胸椎、腰椎、尾椎に分かれます。症状はヘルニアが起こった場所や神経へのダメージの強さによって違いがありますが、自宅での、異変に気付き動物病院を受診される方が多いようです。

飼い主さんが気付く主な症状
●抱こうとすると嫌がる、(痛そうに)キャンと鳴く
●じっとして動かない
●歩き方がおかしい、よろめく、脚を引きずって歩く

神経のダメージによる症状の違い
●ヘルニアが起こった部位が痛む
●ダメージを受けた神経が支配する部位が麻痺する
●ダメージを受けた神経が支配する部位の痛覚が無くなる

診断、そして気になる予後は?

椎間板ヘルニアを起こしている場所の正確な特定は、特殊な検査、脊髄造影検査、あるいはMRI検査をしないと分かりません。どちらも全身麻酔が必要になりますので、まずは、麻酔が必要のない検査を行い、神経に対するダメージの重症度を調べます。通常、麻痺があるかどうか、痛覚が残っているかどうかは、後ろ足で検査をします。痛覚が残っているかどうかは大切な検査項目です。主治医の判断にもよりますが、麻酔をかけて検査をし、外科手術を行うかどうかの決定は痛覚の有無が判断基準となります。
神経へのダメージが少ない程、そして、ヘルニアになってから処置までの経過が早い程、良い予後を望めます。しかし、中には、手術でヘルニアを取り除いても、膀胱や肛門の麻痺が残ってしまい、自力での排尿や排便が不可能になってしまったり、後ろ足が全く立たなくなってしまう場合もあります。

まとめ

ここまで椎間板ヘルニアについてお話しをしてきました。椎間板ヘルニアは突然に症状が出ます。リスクの高い犬種を飼っている方は日頃から心構えをしていれば、慌てることはありません。すぐに病院に行けなければ、絶対安静にしてください。また、背骨の病気は椎間板ヘルニアだけではありません。わんちゃんの様子がいつもと違うようでしたら、動物病院を受診するようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2423 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 787 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 924 view

夜中に愛犬の具合が悪くなったら、きちんと対処できますか?

人間でも犬でも、夜中に急に具合が悪くなることってありますよね?そんな時、落ち着いてきちんと対処できるよう日頃…

cezannee / 1727 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2197 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4271 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2104 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1145 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 1657 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1757 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 2867 view

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 880 view

関連するキーワード