椎間板ヘルニア

背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こす病気です。ミニチュア・ダックスフンドやウェルシュ・コーギーなどの飼育頭数が増え、身近な病気になりましたね。今回は、椎間板ヘルニアについて、いろいろな角度からお話ししたいと思います。

そもそも、椎間板って何だろう?

腕や脚は骨を軸にして、関節が形成され、関節に付着した筋肉によって動きます。一方、背骨は、関節を形成していませんが、とても柔軟な動きをしますね。背骨と背骨の間でクッション剤の役割をし、柔軟な動きを可能にしているのが椎間板なんです。
背骨には、脊髄という長い神経が通っています。椎間板が変性し、正常な位置から飛び出てしまって脊髄を圧迫する病気が椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアにかかりやすいわんちゃんは?

ダックスフンド、コーギー、シーズーペキニーズ、ビーグルなどの犬種では、遺伝的に若い頃から椎間板の変性と症状が急速に進行することがあります。まだ、若いから…といって油断大敵です!また、どんな犬種でも、加齢に伴って椎間板が変性し、徐々に病気が進行する可能性があります。

椎間板ヘルニアの症状は?

背骨は頚から尻尾の先まで連続していて、場所により、頚椎、胸椎、腰椎、尾椎に分かれます。症状はヘルニアが起こった場所や神経へのダメージの強さによって違いがありますが、自宅での、異変に気付き動物病院を受診される方が多いようです。

飼い主さんが気付く主な症状
●抱こうとすると嫌がる、(痛そうに)キャンと鳴く
●じっとして動かない
●歩き方がおかしい、よろめく、脚を引きずって歩く

神経のダメージによる症状の違い
●ヘルニアが起こった部位が痛む
●ダメージを受けた神経が支配する部位が麻痺する
●ダメージを受けた神経が支配する部位の痛覚が無くなる

診断、そして気になる予後は?

椎間板ヘルニアを起こしている場所の正確な特定は、特殊な検査、脊髄造影検査、あるいはMRI検査をしないと分かりません。どちらも全身麻酔が必要になりますので、まずは、麻酔が必要のない検査を行い、神経に対するダメージの重症度を調べます。通常、麻痺があるかどうか、痛覚が残っているかどうかは、後ろ足で検査をします。痛覚が残っているかどうかは大切な検査項目です。主治医の判断にもよりますが、麻酔をかけて検査をし、外科手術を行うかどうかの決定は痛覚の有無が判断基準となります。
神経へのダメージが少ない程、そして、ヘルニアになってから処置までの経過が早い程、良い予後を望めます。しかし、中には、手術でヘルニアを取り除いても、膀胱や肛門の麻痺が残ってしまい、自力での排尿や排便が不可能になってしまったり、後ろ足が全く立たなくなってしまう場合もあります。

まとめ

ここまで椎間板ヘルニアについてお話しをしてきました。椎間板ヘルニアは突然に症状が出ます。リスクの高い犬種を飼っている方は日頃から心構えをしていれば、慌てることはありません。すぐに病院に行けなければ、絶対安静にしてください。また、背骨の病気は椎間板ヘルニアだけではありません。わんちゃんの様子がいつもと違うようでしたら、動物病院を受診するようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1556 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1636 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2187 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 2055 view

愛犬が寝たきりになったら…高齢犬の床ずれ対策は大丈夫?

犬も高齢になると寝たきりになってしまうことがあります。そうなると人と同じで床ずれが出来てしまうことをご存じで…

cezannee / 1192 view

犬の健康を守るために混合ワクチンって必要なんでしょうか?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されていま…

adelee / 1143 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 693 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 996 view

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 782 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1175 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 1753 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2030 view

関連するキーワード