糖尿病

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。私たち、ヒトでは成人病とされ、多くの人が糖尿病にかかっていますが、わんちゃんにも珍しい病気ではありません。今回は、私たちにとって身近な病気の糖尿病。わんちゃんではどんな病気なのかについてお話ししたいと思います。

インシュリンって?

膵臓から分泌される、血糖値を下げるための唯一のホルモンです。インシュリンの作用が不足すると、エネルギー源の糖質がうまく利用できなくなり、血液中の糖が増えて、高血糖になります。

糖尿病の原因は?

膵臓からの、インシュリンの分泌が不足してしまう、また、インシュリンは足りていても、うまく働かないような因子が存在すること、が主な原因です。発症には、遺伝的な素因、肥満、運動不足、感染、血糖値をあげてしまう病気の存在などの環境因子が複雑に絡んでいます。
血糖値を上げてしまう病気の一つに、クッシング症候群という病気があります。これは、中高齢のわんちゃんに比較的多い病気です。クッシング症候群が原因となっている糖尿病は重度なものが多く、コントロールが難しくなります。

どんなわんちゃんがなりやすいの?

好発年齢は、7~10歳頃です。だいたい、中高齢に当たる年齢ですね。どんな犬種にも発生しますが、避妊手術を終えた雌犬に多いとの報告があります。

気になる症状は?

一般的にみられる症状は、
●肥満
●多食
●水を飲む量が多く、オシッコが多い
です。症状の進行につれ
●痩せてくる
●食欲不振
●嘔吐
●ぐったりする
となります。
『オシッコが多い』ことに気付き病院に来られる患者さんが多いです。オシッコが増える疾患には、糖尿病の他、腎不全の初期、尿崩症、クッシング症候群などもありますが、血液検査をすれば診断がつきます。心配な方は動物病院で検査をしてもらって下さいね。

恐い合併症

糖尿病の恐いところは、全身、様々なところに起こる合併症です。糖尿病は血管の病気だからです。主な合併症をご紹介しておきます。
●糖尿病性白内障
●糖尿病性網膜症
●糖尿病性腎症
●抹消性神経障害
体の細い血管が詰まってしまうことが原因です。わんちゃんの糖尿病でも、私たちと同じように合併症があります。

治療は?そして予防は?

治療はヒトと同じで、糖尿病用の処方食を用いた食餌療法に並行して、インシュリンを注射で補うことになります。ご自宅でインシュリンを注射するのは飼い主のみなさんです!やはり、糖尿病になってからではいろいろな制限も出て、コントロールも困難になります。できる予防は大切です!
予防は、体重管理になります。私たちと同様に、やはり、肥満は大敵です。特に避妊、去勢手術を終えたわんちゃんは脂肪がつきやすく、肥満になりやすいので、日頃から処方食と運動でコントロールしてあげるとよいですね。

まとめ

身近な病気、糖尿病についてお話ししてきましたが、どんなものか分かってもらえたでしょうか?わんちゃんの糖尿病は遺伝的な原因も含まれますが、生活習慣病である場合もあります。異変に気付いたら動物病院へいきましょう。また、これを機会に家族みんなの生活習慣も見直してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

アレルギー体質の犬はご注意!ワクチンに気をつけることや食べ物の選び方は?

アレルギー体質の犬のケアにはいろいろ気を使う必要があります。普段から気をつけたいアレルギー体質の犬の食べ物の…

Chriee / 713 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 1465 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 960 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 706 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 968 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 919 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1079 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 675 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 1670 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 737 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 1884 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 1451 view

関連するキーワード