愛犬のてんかんとの上手な付き合い方

犬にもてんかんがあります。検査で予知出来る病気ではない為、発症したら飼い主のケアが必要になって来ます。また、完治しないと言われており、長期に渡って上手く付き合っていくことが必要になってきます。
発作の症状や心掛けたいことを書いていきます。

てんかんの原因は主に幼少期にある??

てんかんは、なんらかの外的な力が働いて脳に傷がついたり、出産時に難産で脳に酸素が行きにくい状況が作られていた場合などに原因があると考えられています。
家族として迎えてから特に原因が見当たらなくても、出産時や幼少期に要因がある可能性は高いのです。

主にチワワに多く見られる傾向も

チワワなどは先天性の脳の病気を発症しやすいと言われています。チワワが入っていてもミックス犬などはほぼ心配は無いようですが、純血種のチワワには時々見られる病気です。
ある程度成長してから発作が起こって気づくこともあるので、日常で発作を起こしたら、まず獣医に診てもらいましょう。

てんかんの発作とは??

原因となる場所が脳のどの部分になるかは個体によって違います。その為、発作の症状も個体差があるのです。
例えば、右の前足に関係する脳の部分に原因があれば、右の前足がけいれんを起したり、という具合になります。
この発作は場所や状況は毎回同じように繰り返されることが多いようです。

てんかんはどんな治療法があるの??

てんかんを発症したら、多くの場合は投薬治療になります。完治は見込めない病気なので、薬で発作の回数を抑えたりという感じで症状を軽減していくのが主な治療法になります。
状況と副作用などを見ながら薬を調整し、症状を改善していくのがてんかんの治療なのです。

発作が起こっている時にはどうすればいいの??

発作には部分的なものと、全体的なものがあります。
全身けいれんを起している場合は意識は無いので、あまり触ったり心配のあまり体を揺すったりせず、飼い主は落ち着くことが大切です。
どんな状況の時に発作を起こしたか?発作の時間や経過などを次の受診に報告出来るように書き留めておくと治療に役立ちます。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬が突然けいれんを起して倒れたら、多くの飼い主さんは慌ててしまうと思います。
しかし、てんかんの場合には、その症状が日常的に起こるものなので、獣医に診て貰ったら落ち着いて付き合っていくことが大切になってきます。
症状が出たら落ち着いて、愛犬が改善するようにケアしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1708 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 3670 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1390 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2122 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7685 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1230 view

獣医師が解説「血尿(犬の病気)」:早めの検査を!重大な病気が隠れていることもあるんで…

オシッコが赤い!愛犬が血尿をしていたらビックリして心配になりますよね。考えられる原因をまとめてみました。(犬…

本間獣医科病院 / 2998 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1800 view

突然犬が過呼吸を起こしたら?過呼吸の原因と治療、応急処置を解説

犬も過呼吸を起すことがあります。突然の過呼吸や呼吸の乱れにはどんな病気や体調不良があるのでしょうか?そして異…

Chriee / 14457 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1222 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3056 view

関連するキーワード