混合ワクチンは何故必要なの??

生後から数ヶ月で混合ワクチンは計3回の接種が必要になります。その間は外でのお散歩や他の犬への接触など気をつけたいことがたくさんあるのです。
でも、実際には健康上どんな影響があるのか、多頭飼いも含めて解説します。

幼犬特有の感染症にかかりやすい

混合ワクチンが完了していない時期は、感染症に感染しやすい状態でもあります。生後1〜2ヶ月は本来は親犬の元で免疫力や社会性を身につける時期でもあるからです。
さまざまな感染症への感染を防ぐ為に、混合ワクチンが完了していない免疫力の無い幼犬は、外界との接触に注意するのです。

感染症の中には死に至ってしまう病気もあります

ジステンバーやパルボウイルス感染症は、かかってしまうと死に至る確率の高い感染症です。実はペットショップで感染している場合も多いのです。
他にもケンネルコフなど、致死率は低いものの、幼犬特有の感染症も混合ワクチン完了前には気をつけたい感染症です。

多頭飼いは他の犬のフンに要注意

感染症は主に犬のフンから感染します。
先住犬がいる状況で混合ワクチンが完了していない幼犬を迎える場合には、念のため先住犬の健康診断をしておくとより安心です。
ただし、幼犬がショップで何らかの感染症に感染している場合もあるので、飼い始めは別々の空間で飼うのが望ましいのです。トイレももちろん別にします。

成犬になっても毎年の混合ワクチンは大切です

成犬になっても毎年の混合ワクチンの接種はもちろん必要です。
混合ワクチンは国内では主に5種と8種が多いようです。8種であれば水辺などさまざまな場所でもほぼ安心です。
アレルギーのある犬は5種が良いという獣医もいますが、個体によっては5種でもアレルギー反応は出てしまいます。

混合ワクチンは義務ではありませんが必要です

混合ワクチンは、狂犬病予防接種と違い、国に定められた義務ではありません。
しかし、愛犬の健康を考えると定期的に接種したほうが良いものです。旅行で海外に行く場合は渡航先に合ったワクチンをプラスしたり、または減らしたりと、組み合わせを変えることも上手な混合ワクチンの接種法です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
混合ワクチンは、中には面倒だと考えている飼い主さんもいるようです。しかし、ジステンパーなど混合ワクチンの普及で発症率がかなり低下した実績もあり、愛犬が重大な感染症になったら取り返しがつきません。
生活環境と愛犬の体質に合わせて、適切に混合ワクチンを接種することが大切な健康管理なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 716 view

なんだかおいしそう⁈犬用フィラリアのお薬は進化しているのです

犬のフィラリアの薬と言ったら白い錠剤。なかなか飲んでくれないし、困ってる…。そんな方にお勧めしたい、フィラリ…

Gigii / 1782 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 1468 view

ダイエットしてるのに痩せない!そんな愛犬には血液検査が必要?

おやつをあげ過ぎて愛犬が肥満になるのは良くあること。でも、ダイエットを初めても効果が得られなければ病気が隠れ…

cezannee / 1066 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1313 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 2180 view

こんな症状から始まります!年齢とともに気になる犬の痴呆症とは?

犬にも痴呆症があります。全ての犬に起こるわけではありませんが、シニアに入って不審な行動などの症状が見られるよ…

Chriee / 912 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 719 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 819 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 5640 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 1884 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1206 view

関連するキーワード