混合ワクチンは何故必要なの??

生後から数ヶ月で混合ワクチンは計3回の接種が必要になります。その間は外でのお散歩や他の犬への接触など気をつけたいことがたくさんあるのです。
でも、実際には健康上どんな影響があるのか、多頭飼いも含めて解説します。

幼犬特有の感染症にかかりやすい

混合ワクチンが完了していない時期は、感染症に感染しやすい状態でもあります。生後1〜2ヶ月は本来は親犬の元で免疫力や社会性を身につける時期でもあるからです。
さまざまな感染症への感染を防ぐ為に、混合ワクチンが完了していない免疫力の無い幼犬は、外界との接触に注意するのです。

感染症の中には死に至ってしまう病気もあります

ジステンバーやパルボウイルス感染症は、かかってしまうと死に至る確率の高い感染症です。実はペットショップで感染している場合も多いのです。
他にもケンネルコフなど、致死率は低いものの、幼犬特有の感染症も混合ワクチン完了前には気をつけたい感染症です。

多頭飼いは他の犬のフンに要注意

感染症は主に犬のフンから感染します。
先住犬がいる状況で混合ワクチンが完了していない幼犬を迎える場合には、念のため先住犬の健康診断をしておくとより安心です。
ただし、幼犬がショップで何らかの感染症に感染している場合もあるので、飼い始めは別々の空間で飼うのが望ましいのです。トイレももちろん別にします。

成犬になっても毎年の混合ワクチンは大切です

成犬になっても毎年の混合ワクチンの接種はもちろん必要です。
混合ワクチンは国内では主に5種と8種が多いようです。8種であれば水辺などさまざまな場所でもほぼ安心です。
アレルギーのある犬は5種が良いという獣医もいますが、個体によっては5種でもアレルギー反応は出てしまいます。

混合ワクチンは義務ではありませんが必要です

混合ワクチンは、狂犬病予防接種と違い、国に定められた義務ではありません。
しかし、愛犬の健康を考えると定期的に接種したほうが良いものです。旅行で海外に行く場合は渡航先に合ったワクチンをプラスしたり、または減らしたりと、組み合わせを変えることも上手な混合ワクチンの接種法です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
混合ワクチンは、中には面倒だと考えている飼い主さんもいるようです。しかし、ジステンパーなど混合ワクチンの普及で発症率がかなり低下した実績もあり、愛犬が重大な感染症になったら取り返しがつきません。
生活環境と愛犬の体質に合わせて、適切に混合ワクチンを接種することが大切な健康管理なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 928 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 9941 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1146 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 1954 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1198 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2216 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2683 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1200 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1978 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4483 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 749 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 6592 view

関連するキーワード