混合ワクチンは何故必要なの??

生後から数ヶ月で混合ワクチンは計3回の接種が必要になります。その間は外でのお散歩や他の犬への接触など気をつけたいことがたくさんあるのです。
でも、実際には健康上どんな影響があるのか、多頭飼いも含めて解説します。

幼犬特有の感染症にかかりやすい

混合ワクチンが完了していない時期は、感染症に感染しやすい状態でもあります。生後1〜2ヶ月は本来は親犬の元で免疫力や社会性を身につける時期でもあるからです。
さまざまな感染症への感染を防ぐ為に、混合ワクチンが完了していない免疫力の無い幼犬は、外界との接触に注意するのです。

感染症の中には死に至ってしまう病気もあります

ジステンバーやパルボウイルス感染症は、かかってしまうと死に至る確率の高い感染症です。実はペットショップで感染している場合も多いのです。
他にもケンネルコフなど、致死率は低いものの、幼犬特有の感染症も混合ワクチン完了前には気をつけたい感染症です。

多頭飼いは他の犬のフンに要注意

感染症は主に犬のフンから感染します。
先住犬がいる状況で混合ワクチンが完了していない幼犬を迎える場合には、念のため先住犬の健康診断をしておくとより安心です。
ただし、幼犬がショップで何らかの感染症に感染している場合もあるので、飼い始めは別々の空間で飼うのが望ましいのです。トイレももちろん別にします。

成犬になっても毎年の混合ワクチンは大切です

成犬になっても毎年の混合ワクチンの接種はもちろん必要です。
混合ワクチンは国内では主に5種と8種が多いようです。8種であれば水辺などさまざまな場所でもほぼ安心です。
アレルギーのある犬は5種が良いという獣医もいますが、個体によっては5種でもアレルギー反応は出てしまいます。

混合ワクチンは義務ではありませんが必要です

混合ワクチンは、狂犬病予防接種と違い、国に定められた義務ではありません。
しかし、愛犬の健康を考えると定期的に接種したほうが良いものです。旅行で海外に行く場合は渡航先に合ったワクチンをプラスしたり、または減らしたりと、組み合わせを変えることも上手な混合ワクチンの接種法です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
混合ワクチンは、中には面倒だと考えている飼い主さんもいるようです。しかし、ジステンパーなど混合ワクチンの普及で発症率がかなり低下した実績もあり、愛犬が重大な感染症になったら取り返しがつきません。
生活環境と愛犬の体質に合わせて、適切に混合ワクチンを接種することが大切な健康管理なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2201 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 1796 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 787 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1188 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 723 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 709 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1030 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 1704 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 1726 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 1573 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 2330 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 1367 view

関連するキーワード