混合ワクチンは何故必要なの??

生後から数ヶ月で混合ワクチンは計3回の接種が必要になります。その間は外でのお散歩や他の犬への接触など気をつけたいことがたくさんあるのです。
でも、実際には健康上どんな影響があるのか、多頭飼いも含めて解説します。

幼犬特有の感染症にかかりやすい

混合ワクチンが完了していない時期は、感染症に感染しやすい状態でもあります。生後1〜2ヶ月は本来は親犬の元で免疫力や社会性を身につける時期でもあるからです。
さまざまな感染症への感染を防ぐ為に、混合ワクチンが完了していない免疫力の無い幼犬は、外界との接触に注意するのです。

感染症の中には死に至ってしまう病気もあります

ジステンバーやパルボウイルス感染症は、かかってしまうと死に至る確率の高い感染症です。実はペットショップで感染している場合も多いのです。
他にもケンネルコフなど、致死率は低いものの、幼犬特有の感染症も混合ワクチン完了前には気をつけたい感染症です。

多頭飼いは他の犬のフンに要注意

感染症は主に犬のフンから感染します。
先住犬がいる状況で混合ワクチンが完了していない幼犬を迎える場合には、念のため先住犬の健康診断をしておくとより安心です。
ただし、幼犬がショップで何らかの感染症に感染している場合もあるので、飼い始めは別々の空間で飼うのが望ましいのです。トイレももちろん別にします。

成犬になっても毎年の混合ワクチンは大切です

成犬になっても毎年の混合ワクチンの接種はもちろん必要です。
混合ワクチンは国内では主に5種と8種が多いようです。8種であれば水辺などさまざまな場所でもほぼ安心です。
アレルギーのある犬は5種が良いという獣医もいますが、個体によっては5種でもアレルギー反応は出てしまいます。

混合ワクチンは義務ではありませんが必要です

混合ワクチンは、狂犬病予防接種と違い、国に定められた義務ではありません。
しかし、愛犬の健康を考えると定期的に接種したほうが良いものです。旅行で海外に行く場合は渡航先に合ったワクチンをプラスしたり、または減らしたりと、組み合わせを変えることも上手な混合ワクチンの接種法です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
混合ワクチンは、中には面倒だと考えている飼い主さんもいるようです。しかし、ジステンパーなど混合ワクチンの普及で発症率がかなり低下した実績もあり、愛犬が重大な感染症になったら取り返しがつきません。
生活環境と愛犬の体質に合わせて、適切に混合ワクチンを接種することが大切な健康管理なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 1248 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1216 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2750 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 3317 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2299 view

要チェック!色、形、匂い、ウンチを見ればわかる愛犬の健康状態

毎日の散歩で、あるいはペットシートで、愛犬がウンチをしたら良く見て健康状態をチェックするようにしましょう。

cezannee / 3768 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 2695 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3473 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9975 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 2896 view

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 1642 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 1353 view

関連するキーワード