混合ワクチンは何故必要なの??

生後から数ヶ月で混合ワクチンは計3回の接種が必要になります。その間は外でのお散歩や他の犬への接触など気をつけたいことがたくさんあるのです。
でも、実際には健康上どんな影響があるのか、多頭飼いも含めて解説します。

幼犬特有の感染症にかかりやすい

混合ワクチンが完了していない時期は、感染症に感染しやすい状態でもあります。生後1〜2ヶ月は本来は親犬の元で免疫力や社会性を身につける時期でもあるからです。
さまざまな感染症への感染を防ぐ為に、混合ワクチンが完了していない免疫力の無い幼犬は、外界との接触に注意するのです。

感染症の中には死に至ってしまう病気もあります

ジステンバーやパルボウイルス感染症は、かかってしまうと死に至る確率の高い感染症です。実はペットショップで感染している場合も多いのです。
他にもケンネルコフなど、致死率は低いものの、幼犬特有の感染症も混合ワクチン完了前には気をつけたい感染症です。

多頭飼いは他の犬のフンに要注意

感染症は主に犬のフンから感染します。
先住犬がいる状況で混合ワクチンが完了していない幼犬を迎える場合には、念のため先住犬の健康診断をしておくとより安心です。
ただし、幼犬がショップで何らかの感染症に感染している場合もあるので、飼い始めは別々の空間で飼うのが望ましいのです。トイレももちろん別にします。

成犬になっても毎年の混合ワクチンは大切です

成犬になっても毎年の混合ワクチンの接種はもちろん必要です。
混合ワクチンは国内では主に5種と8種が多いようです。8種であれば水辺などさまざまな場所でもほぼ安心です。
アレルギーのある犬は5種が良いという獣医もいますが、個体によっては5種でもアレルギー反応は出てしまいます。

混合ワクチンは義務ではありませんが必要です

混合ワクチンは、狂犬病予防接種と違い、国に定められた義務ではありません。
しかし、愛犬の健康を考えると定期的に接種したほうが良いものです。旅行で海外に行く場合は渡航先に合ったワクチンをプラスしたり、または減らしたりと、組み合わせを変えることも上手な混合ワクチンの接種法です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
混合ワクチンは、中には面倒だと考えている飼い主さんもいるようです。しかし、ジステンパーなど混合ワクチンの普及で発症率がかなり低下した実績もあり、愛犬が重大な感染症になったら取り返しがつきません。
生活環境と愛犬の体質に合わせて、適切に混合ワクチンを接種することが大切な健康管理なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1141 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 627 view

なんだかおいしそう⁈犬用フィラリアのお薬は進化しているのです

犬のフィラリアの薬と言ったら白い錠剤。なかなか飲んでくれないし、困ってる…。そんな方にお勧めしたい、フィラリ…

Gigii / 1568 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 750 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 1624 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1179 view

これは病気・不調なの?!愛犬の食糞症って?

パピーを迎え入れたけれど、あのかわいい愛犬が、まさかの食糞症! これは病気・不調のサインなのでしょうか!? …

amblee / 774 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1220 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 878 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 1623 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 1216 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 945 view

関連するキーワード