膿皮症とは?

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を膿皮症といいます。軽いものでは自然に治りますが、皮膚の弱いわんちゃんや治療が適切でない場合には、炎症が悪化してしまうことがあります。日本の高温多湿の気候は、細菌が増えやすい環境であると言え、特に夏場を中心にこの病気は増えます。わんちゃんを飼われている方は、この病気を経験された方も多いのではないでしょうか。今回は、家庭犬に身近な病気である、膿皮症についてお話を進めたいと思います。

膿皮症の原因は?

通常、私たちの皮膚もワンちゃんたちの皮膚も細菌が全くいない状態ではなく、様々な細菌と共存している状態なんです。健康な皮膚では、皮膚のバリア機能がしっかりしているので細菌が悪さをすることはありません。

しかし、皮膚のバリア機能がしっかりしていない場合や、細菌がすごく増えやすい環境にあると、皮膚が細菌に負けてしまったり、細菌が悪さをしてしまったりします。

この状態が皮膚の化膿した状態、つまり膿皮症です。膿皮症の原因になる細菌は決して強いものではありませんが、皮膚の状態や環境のせいで悪さをしてしまうようになるのです。

どんなわんちゃんにかかりやすい?

アトピーやアレルギーを持っているワわんちゃんは、皮膚が弱いので膿皮症にかかりやすい傾向があります。アトピーやアレルギーを持っていなくても、脂っぽい皮膚であったり、生まれつき皮膚が弱い場合には膿皮症になってしまいます。

また、ブルドックやペキニーズ、パグなど鼻の周りに深いひだを持つ種類では、ひだの部分に膿皮症が発生しやすく、結膜炎も併発することが多いです。

どんな環境が膿皮症になりやすいの?

日本の高温多湿な夏場の環境は細菌ににとって絶好の環境だと言えます。また非衛生的な環境もよくありません。

このようにわんちゃん側の要因と、環境要因とが重なって、膿皮症になってしまうのです。また、肌に合わないシャンプーを使うことで膿皮症を引き起こすこともあります。

どんな症状がでるの?

●赤い発疹ができて痒がる
●発疹ができた部分の毛が抜けてかさぶたができる
●かさぶたが剥がれて、黒っぽくなる
●黒っぽい皮膚が治り毛が生えてくる

膿皮症が発症してから治るまでの過程を示しました。発症してから完全に治るまで、大体2~3週間はかかります。気づかないうちにいつの間にか治ってしまっている、ということもあると思いますが、治りかけてはまた他の場所に新たに膿皮症ができてしまうわんちゃんも多いのではないでしょうか。

どんな治療が必要?

体質がからんでいると、繰り返してなかなか治らないものです。そういった場合には治療が必要になります。

●適切な抗生物質を十分な期間きちんと飲ませる
●適切な薬用シャンプーで洗う
●適切な消毒剤を使って消毒する

以上が要になります。特に、抗生物質を使う場合は、主治医の指示をよく守って、完治するまできちんと飲ませることが大切になります。痒みや皮膚の赤みが無くなってきたからといって、飼い主さんの判断でお薬を途中で止めてしまうと、すぐに再発してしまうどころか、お薬が効かなくなってしまう場合もあるので気をつけたいですね。

自宅でできる対策はあるの?

アトピーアレルギーを持ったわんちゃん、日ごろから、皮膚が弱いなぁと感じられるわんちゃんは、特に室内環境に気をつけてあげて下さい。少し暑くなったらエアコンをかけたり、こまめにシャンプーするなどしてあげると良いでしょう。またサマーカットをして被毛を短くカットしてもらうこともお勧めです。
顔にシワのあるわんちゃんは、シワの間を清潔に保ってあげることも大切ですね。ごはんの後やお散歩のあとに蒸しタオルなどで拭いてあげるとわんちゃんもさっぱりして気持ちが良いとと思いますよ。

まとめ

膿皮症についてご理解いただけたでしょうか。膿皮症はどんなわんちゃんにもかかる可能性があります。深刻な病気ではありませんが、一度こじらせるとなかなかやっかいです。皮膚に異変を感じたら、主治医の先生の指示に従って適切な処置をしましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

みんなどうしてる?犬のバスタイム、適切な回数はどれくらい?

犬を自宅で入れる場合もトリマーさんにお願いする場合も、気になるのはその頻度だと思います。爪切りなどと合わせて…

Chriee / 1123 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3069 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 918 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 1381 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 1409 view

飼い主が何気なく吸っているタバコ、愛犬の健康にはどんな影響があるか知ってますか?

ペットの健康を気遣う飼い主さんは増えていますが、タバコはどうでしょうか?しっかり別の部屋で吸う人もいると思い…

Chriee / 1346 view

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 1009 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4572 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1118 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2451 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 4687 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1735 view

関連するキーワード