わんちゃんの体温調節

わんちゃんは暑さに弱く、体温調節が上手に行えない動物です。というのも、わんちゃんは私たちと違って汗を出す汗腺が少ないので、発汗によって体温を下げることができないからです。体温が上がりそうになると、口を大きく開けて、喘ぐような荒い呼吸で熱を逃がすのですが、このような方法では、高温多湿の環境や直射日光の下ではあまり効果がなく、体温がどんどん上がってしまいます。

こんな環境が危険

暑くて風の通らないところ。例えば、狭い車内や閉め切った部屋に長時間閉じ込めるのは危険です。また、直射日光が当たる時間帯のお散歩ではわんちゃん達は体高が低く、照り返しの熱の影響も大きいので、気をつけたいですね。

どんなわんちゃんがかかりやすい?

一般的に短頭種といわれる、ボクサー、ブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、パグ、シーズー、ペキニーズなどでは、空気の通り道である気道が短く、熱を逃すことがさらに難しくなります。このような犬種では、高温でなくても熱中症には注意が必要です。また、肥満犬、心臓や腎臓の悪いわんちゃんでも熱の放散がうまくできません。

どんな症状になるの?

熱中症になると、まず呼吸が変化します。鼻の穴が広がり、喘ぐような呼吸となります。やがてヨダレを垂らし始め眼や口の中の粘膜が充血します。体温は上昇し、やがて粘膜が青紫色になります。この状態が長く続くと、嘔吐、下痢、鼻血がでるようになります。さらに痙攣を起こし、ショック状態になり、意識がなくなります。

自宅で行える応急処置

わんちゃんの体温はヒトよりも高く37℃後半~38℃後半です。暑い環境にいたわんちゃんの体温がいつもより高く、いつもと違う様子がみられたら、速やかに動物病院に行きましょう。もし、それができない場合、まずは、風通しのよい涼しい場所に移動させるか、扇風機などで換気をします。そして、口の中のヨダレを取り除いてあげます。次に、わんちゃんを冷たい水に浸す。または、水に浸す代わりに、水をかけたり、冷たい水で濡らしたタオルをかけて、まずは体温を下げてあげます。脇の下や内股は大きな血管があるので、その辺りを冷やしてあげるとよいですね。この時、氷水など、急激なことはやめましょう。もし、わんちゃんがお水を飲めるようであれば飲ませてあげてください。
飼い主さんが出来ることはここまでですので、その後はすぐに動物病院に連れて行き、適切な処置を受けるようにしましょう。

予防と早期発見

熱中症は、私たちが少し注意をすれば避けることができる病気です。
●お散歩は涼しい時間帯にする
●室内で飼育するときには、換気を良くし、密室にしない
●屋外で飼育するときには、風通しの良い場所を選んで小屋を置く
●密室になる車内に放置しない

体温が上がって時間の経過が短く、そして、適切な処置を施すことができていれば回復も早いです。時間の経過が長く、わんちゃんの体が長く高熱にさらされるほど回復は望めなくなります。

まとめ

ここまで、熱中症についてお話ししてきました。わんちゃんは私たちが思っている以上に熱に弱く、熱中症になりやすいです。私たちが暑いと感じない環境でもわんちゃん達は暑いと感じています。熱中症は注意をしてあげることで防ぐことができます。たとえ熱中症になっても、早期発見と適切な処置で、命を落とすことは少なくなりますので、わんちゃんの様子をよく観察してあげて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 1923 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 1080 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1968 view

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 1061 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 834 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1043 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2573 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1332 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9651 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1895 view

犬のおならには情報がいっぱい⁈おならでわかる内蔵の異常や病気について

犬のおならには体調を知る為の情報が意外とたくさんあります。臭いや頻度、音の有無など、内蔵の異変に気づけるもの…

Chriee / 1603 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1203 view

関連するキーワード