わんちゃんの体温調節

わんちゃんは暑さに弱く、体温調節が上手に行えない動物です。というのも、わんちゃんは私たちと違って汗を出す汗腺が少ないので、発汗によって体温を下げることができないからです。体温が上がりそうになると、口を大きく開けて、喘ぐような荒い呼吸で熱を逃がすのですが、このような方法では、高温多湿の環境や直射日光の下ではあまり効果がなく、体温がどんどん上がってしまいます。

こんな環境が危険

暑くて風の通らないところ。例えば、狭い車内や閉め切った部屋に長時間閉じ込めるのは危険です。また、直射日光が当たる時間帯のお散歩ではわんちゃん達は体高が低く、照り返しの熱の影響も大きいので、気をつけたいですね。

どんなわんちゃんがかかりやすい?

一般的に短頭種といわれる、ボクサー、ブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、パグ、シーズー、ペキニーズなどでは、空気の通り道である気道が短く、熱を逃すことがさらに難しくなります。このような犬種では、高温でなくても熱中症には注意が必要です。また、肥満犬、心臓や腎臓の悪いわんちゃんでも熱の放散がうまくできません。

どんな症状になるの?

熱中症になると、まず呼吸が変化します。鼻の穴が広がり、喘ぐような呼吸となります。やがてヨダレを垂らし始め眼や口の中の粘膜が充血します。体温は上昇し、やがて粘膜が青紫色になります。この状態が長く続くと、嘔吐、下痢、鼻血がでるようになります。さらに痙攣を起こし、ショック状態になり、意識がなくなります。

自宅で行える応急処置

わんちゃんの体温はヒトよりも高く37℃後半~38℃後半です。暑い環境にいたわんちゃんの体温がいつもより高く、いつもと違う様子がみられたら、速やかに動物病院に行きましょう。もし、それができない場合、まずは、風通しのよい涼しい場所に移動させるか、扇風機などで換気をします。そして、口の中のヨダレを取り除いてあげます。次に、わんちゃんを冷たい水に浸す。または、水に浸す代わりに、水をかけたり、冷たい水で濡らしたタオルをかけて、まずは体温を下げてあげます。脇の下や内股は大きな血管があるので、その辺りを冷やしてあげるとよいですね。この時、氷水など、急激なことはやめましょう。もし、わんちゃんがお水を飲めるようであれば飲ませてあげてください。
飼い主さんが出来ることはここまでですので、その後はすぐに動物病院に連れて行き、適切な処置を受けるようにしましょう。

予防と早期発見

熱中症は、私たちが少し注意をすれば避けることができる病気です。
●お散歩は涼しい時間帯にする
●室内で飼育するときには、換気を良くし、密室にしない
●屋外で飼育するときには、風通しの良い場所を選んで小屋を置く
●密室になる車内に放置しない

体温が上がって時間の経過が短く、そして、適切な処置を施すことができていれば回復も早いです。時間の経過が長く、わんちゃんの体が長く高熱にさらされるほど回復は望めなくなります。

まとめ

ここまで、熱中症についてお話ししてきました。わんちゃんは私たちが思っている以上に熱に弱く、熱中症になりやすいです。私たちが暑いと感じない環境でもわんちゃん達は暑いと感じています。熱中症は注意をしてあげることで防ぐことができます。たとえ熱中症になっても、早期発見と適切な処置で、命を落とすことは少なくなりますので、わんちゃんの様子をよく観察してあげて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 816 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 533 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 1690 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 3766 view

ダイエットしてるのに痩せない!そんな愛犬には血液検査が必要?

おやつをあげ過ぎて愛犬が肥満になるのは良くあること。でも、ダイエットを初めても効果が得られなければ病気が隠れ…

cezannee / 1064 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 1494 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2225 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1436 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 980 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 709 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 1823 view

関連するキーワード