白~黄色っぽい泡を吐くが、吐いた後も元気

空腹時間が長く続いているために胃液を吐いています。
食餌の回数や量を見直しましょう。
朝・晩の二回ゴハンを与えている場合は、食餌回数を日に3~4回に増やしてみましょう。
太りすぎにならないよう、一日のトータルの食事量には気を付けてくださいね。

食物アレルギー

犬にも食物アレルギーを持つ子がいます。未消化のフードを吐き出したり、下痢をする場合もあります。
低アレルゲンのフードに変更することで改善できます。

異物を誤飲してしまった

お散歩の途中など、目を離したスキに石や金属、ビニール、壊れたおもちゃ、毒物などを食べてしまうことがあります。
おなかの中にまだ残っている可能性がありますので、吐き出したから大丈夫と安心せずにすぐに動物病院を受診しましょう。

吐いたものの中に白く長い虫が混ざっている

消化管内寄生虫が原因ですので、駆虫をします。
体重が減ってしまったり下痢をすることもありますので、定期的に糞便検査をしたり、予防として駆虫薬を与える方法もあります。

頻繁に吐く、全体的に元気がなく、食欲低下、下痢や体重減少などがある

細菌性・ウィルス性胃炎や膵炎、肝臓や腎臓などの内臓疾患の可能性があります。
早急に動物病院で治療を受けたほうがよいでしょう。

胃拡張・胃捻転

特に胸郭が深い大型犬(グレートデンやドーベルマンなど)によくみられます。ゲップをして息が荒い、元気がなくおなかが膨満してヨダレや腹痛がある場合には胃拡張や腸ねん転が考えられます。すぐに動物病院へ行きましょう。
ごはんの早食いや過食をしてしまう子や、食後すぐの運動などは原因となり得ます。

まとめ

嘔吐の原因は軽症のものから命にかかわる重篤なものまでさまざまです。
吐瀉物の内容や様子をよく見て、変だなと感じたら早めに動物病院に受診しましょう。

吐いた物の中に血液が混ざっている場合は胃潰瘍や腫瘍

何度も吐いている場合は、嘔吐後すぐに食べ物や水を与えてしまうと余計に吐いてしまい、脱水になってしまうことがあります。
しばらくの時間飲食をさせないようにし、様子をみながら少しずつ与えましょう。
もちろん自己判断せずに、気になる症状があるときは動物病院を受診してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1721 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1406 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9600 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 1059 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2036 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 2019 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 917 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1679 view

犬が震えたり吐く時はこんな病気を疑ってみて!

犬が震えている時や、吐く症状にはさまざまな原因があります。特に心配ないものや、見落としてしまいがちな病気や体…

Chriee / 2043 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1734 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1316 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1305 view

関連するキーワード