白~黄色っぽい泡を吐くが、吐いた後も元気

空腹時間が長く続いているために胃液を吐いています。
食餌の回数や量を見直しましょう。
朝・晩の二回ゴハンを与えている場合は、食餌回数を日に3~4回に増やしてみましょう。
太りすぎにならないよう、一日のトータルの食事量には気を付けてくださいね。

食物アレルギー

犬にも食物アレルギーを持つ子がいます。未消化のフードを吐き出したり、下痢をする場合もあります。
低アレルゲンのフードに変更することで改善できます。

異物を誤飲してしまった

お散歩の途中など、目を離したスキに石や金属、ビニール、壊れたおもちゃ、毒物などを食べてしまうことがあります。
おなかの中にまだ残っている可能性がありますので、吐き出したから大丈夫と安心せずにすぐに動物病院を受診しましょう。

吐いたものの中に白く長い虫が混ざっている

消化管内寄生虫が原因ですので、駆虫をします。
体重が減ってしまったり下痢をすることもありますので、定期的に糞便検査をしたり、予防として駆虫薬を与える方法もあります。

頻繁に吐く、全体的に元気がなく、食欲低下、下痢や体重減少などがある

細菌性・ウィルス性胃炎や膵炎、肝臓や腎臓などの内臓疾患の可能性があります。
早急に動物病院で治療を受けたほうがよいでしょう。

胃拡張・胃捻転

特に胸郭が深い大型犬(グレートデンやドーベルマンなど)によくみられます。ゲップをして息が荒い、元気がなくおなかが膨満してヨダレや腹痛がある場合には胃拡張や腸ねん転が考えられます。すぐに動物病院へ行きましょう。
ごはんの早食いや過食をしてしまう子や、食後すぐの運動などは原因となり得ます。

まとめ

嘔吐の原因は軽症のものから命にかかわる重篤なものまでさまざまです。
吐瀉物の内容や様子をよく見て、変だなと感じたら早めに動物病院に受診しましょう。

吐いた物の中に血液が混ざっている場合は胃潰瘍や腫瘍

何度も吐いている場合は、嘔吐後すぐに食べ物や水を与えてしまうと余計に吐いてしまい、脱水になってしまうことがあります。
しばらくの時間飲食をさせないようにし、様子をみながら少しずつ与えましょう。
もちろん自己判断せずに、気になる症状があるときは動物病院を受診してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 1459 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1858 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1699 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 2418 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1384 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 4600 view

獣医師が解説「血尿(犬の病気)」:早めの検査を!重大な病気が隠れていることもあるんで…

オシッコが赤い!愛犬が血尿をしていたらビックリして心配になりますよね。考えられる原因をまとめてみました。(犬…

本間獣医科病院 / 3653 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3681 view

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 1616 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1810 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 3359 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1606 view

関連するキーワード