白~黄色っぽい泡を吐くが、吐いた後も元気

空腹時間が長く続いているために胃液を吐いています。
食餌の回数や量を見直しましょう。
朝・晩の二回ゴハンを与えている場合は、食餌回数を日に3~4回に増やしてみましょう。
太りすぎにならないよう、一日のトータルの食事量には気を付けてくださいね。

食物アレルギー

犬にも食物アレルギーを持つ子がいます。未消化のフードを吐き出したり、下痢をする場合もあります。
低アレルゲンのフードに変更することで改善できます。

異物を誤飲してしまった

お散歩の途中など、目を離したスキに石や金属、ビニール、壊れたおもちゃ、毒物などを食べてしまうことがあります。
おなかの中にまだ残っている可能性がありますので、吐き出したから大丈夫と安心せずにすぐに動物病院を受診しましょう。

吐いたものの中に白く長い虫が混ざっている

消化管内寄生虫が原因ですので、駆虫をします。
体重が減ってしまったり下痢をすることもありますので、定期的に糞便検査をしたり、予防として駆虫薬を与える方法もあります。

頻繁に吐く、全体的に元気がなく、食欲低下、下痢や体重減少などがある

細菌性・ウィルス性胃炎や膵炎、肝臓や腎臓などの内臓疾患の可能性があります。
早急に動物病院で治療を受けたほうがよいでしょう。

胃拡張・胃捻転

特に胸郭が深い大型犬(グレートデンやドーベルマンなど)によくみられます。ゲップをして息が荒い、元気がなくおなかが膨満してヨダレや腹痛がある場合には胃拡張や腸ねん転が考えられます。すぐに動物病院へ行きましょう。
ごはんの早食いや過食をしてしまう子や、食後すぐの運動などは原因となり得ます。

まとめ

嘔吐の原因は軽症のものから命にかかわる重篤なものまでさまざまです。
吐瀉物の内容や様子をよく見て、変だなと感じたら早めに動物病院に受診しましょう。

吐いた物の中に血液が混ざっている場合は胃潰瘍や腫瘍

何度も吐いている場合は、嘔吐後すぐに食べ物や水を与えてしまうと余計に吐いてしまい、脱水になってしまうことがあります。
しばらくの時間飲食をさせないようにし、様子をみながら少しずつ与えましょう。
もちろん自己判断せずに、気になる症状があるときは動物病院を受診してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1738 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 1240 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1210 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 721 view

完治しないと言われている犬のてんかん、その症状とは?

犬にもてんかんを発症するコがいます。完治はしないと言われており、飼い主のケアが必要になってきます。てんかんの…

Chriee / 1409 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2495 view

これなら使わせてみたい!?愛犬の健康グッズ5選

ペット用のサプリも多いですが、健康グッズも実はいろいろあって、愛犬の健康を気づかう飼い主さんには使ってみたい…

Chriee / 1608 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1098 view

ミニチュアダックスフンドは腰を大事にして!犬種によって気をつけたい病気や不調とは!?…

犬を飼っていて重要な事の1つは、病気になった時です。病気・不調は犬種によっても様々なもの。事前にかかりやすい…

Chriee / 1223 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 9640 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 1853 view

関連するキーワード