大丈夫、、、!?

大丈夫、、、!?

熱中症

呼吸が苦しそうで、体が熱くグッタリしている。

春夏~秋にかけては熱中症になるわんちゃんが多くいます。冷房のない部屋や車内での留守番、日中暑い時間のお散歩などが原因です。
犬の適温は人間が涼しいなあと感じる25度前後になります。愛犬がお留守番をする際にはエアコンのタイマーなどの機能を上手に使って、過ごしやすい環境を作ってください。
毛量の多い犬は、トリミングサロンで毛を短くカットしてもらうのも暑さ対策になります。

またお散歩は必ず人間が地面を手でさわって熱くないかを確認してから出発してください。特に夏場のアスファルトはとても熱くなります。お散歩は日が出る前と、日が完全に沈んで地面が涼しくなってからにしましょうね。

もしも熱中症になってしまったら、すぐに動物病院に連絡して向かいましょう。
可能であれば首元や脇、股などを氷などで冷やすなどして、体を冷やしながら病院まで向かうとよいです。

心臓病

心臓の中にある僧帽弁という血液の逆流を防ぐ弁がしっかり閉じなくなってしまう僧帽弁閉鎖不全症というものがあります。

疲れやすく、好きだった運動やお散歩にあまり行きたがらなくなったり、朝方や興奮時に咳をすることが増えます。
病気が進行すると肺に水がたまる肺水腫という状態になり、呼吸が苦しくなることもあります。

加齢とともに発症しやすくなりますので、定期的に健康診断で聴診をしてもらうとよいですね。太りすぎは心臓や関節に負担をかけますので、体重管理をきちんとすることも大切です。

気管虚脱

興奮したときや、お散歩のときにガーガーというような鳴き声を出します。
これは通常蛇腹のホースのような形の気管が扁平になってしまうことにより呼吸ができなくなり、呼吸困難となるためです。
ひどい場合には酸素欠乏のために舌が紫色になってしまうこともありますので、落ち着かせるようにしてあげましょう。

交通事故

車や自転車などにぶつかり肺に水や血液がたまってしまったり、横隔膜ヘルニアなどを起こすことにより呼吸が荒くなったり、呼吸困難となります。すぐさま治療が必要になります。

まとめ

犬は緊張や興奮などから一時的に呼吸が少し荒くなることもありますが、痛みを我慢することや、呼吸器系、循環器系の病気や怪我など様々なことが息の荒さの原因となっている可能性があります。
呼吸の荒さは病気のサインかもしれません。気になるときには一度動物病院に相談してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 956 view

知っておいて欲しい、犬のフィラリア予防の大切さ。

毎月犬に薬を飲ませてるけど、なぜ毎月飲ませないといけないのか、そもそもフィラリアが何なのか、実際よくわからな…

Gigii / 1116 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 894 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1147 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 1045 view

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 1015 view

完治しないと言われている犬のてんかん、その症状とは?

犬にもてんかんを発症するコがいます。完治はしないと言われており、飼い主のケアが必要になってきます。てんかんの…

Chriee / 1561 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1997 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2557 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1150 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 941 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 7142 view

関連するキーワード