気管って?

簡単に言うと、空気の通り道です。呼吸をして鼻や口から取り込まれた空気を肺に送り、肺に取り込まれた空気を再度、肺から送り返す管です。気管は柔らかい軟骨でできていて、空気を吸ったり吐いたりする時には、気管にも圧力がかかります。

どんな犬種に多いの?

中高齢の小型犬、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、トイ・プードル、チワワなどに多くみられます。私たちの身の回りでも、よく見かける馴染みのある犬種ですね。これら小型犬は幼少期から、飼い主さんに飛びついては頭を反り返したような姿勢を繰り返し、その姿勢のまま呼吸をしたり、よく吠えたりします。このような習性が気管虚脱を引き起こす引き金になっているとも考えられています。

気管虚脱の原因は?

遺伝的な素因が多いと言われていますが、先ほどの項で取り上げたような生活習慣や体型なども大きく関連しています。肥満で脂肪が多いと喉を圧迫してしまい、気管に負担がかかってしまいます。また歯周病などの感染症、過度の興奮による体温の上昇、過呼吸なども原因になります。

気になる症状は?

先ほどもお話しした通り、気管は柔らかい軟骨でできています。呼吸をして圧力がかかると、虚脱を起こしている部分が凹んで細くなってしまいます。そうなることで、呼吸がしづらくなります。ここで、少しわかりやすいように気管をストローに例えてお話を進めてみましょう。

皆さんも飲み物を飲むときに細いストローで飲むよりも、太いストローで飲んだ方が飲み物を飲みやすいですよね。気管が細くなると、細いストローで飲み物を飲むときのように、空気が通りにくくなって、呼吸がしづらくなります。
実際の症状としては、激しく吠えたり、運動をした後に『ガーガー』という、アヒルの鳴き声のような喉が鳴る音が聞こえるようになります。咳のように聞こえるかもしれません。

また、落ち着かずに歩き回る、座り込んでしまう、舌を出したままよだれを垂らすなどの症状がみられることもあります。さらに症状が進むと呼吸困難となり、舌の色が青紫色になります。

気管虚脱にならないために…

太り気味のわんちゃんは、ダイエットを心がけましょう。小型犬を飼われている方は、若い頃から体重管理に気をつけるとよいですね。特に、去勢手術や避妊手術を受けると、太りやすい体質になります。フードをダイエット用に変更したり、オヤツを減らすなどの工夫もしてみましょう。もし、気管虚脱のような症状がある場合には、過度に興奮することを避け、できるだけ早く動物病院にいきましょう。症状が進行してしまうと呼吸困難になって、命を落としてしまう場合もあります。

まとめ

日本では、小型犬ブームで飼育頭数が増えており、気管虚脱という病気も増えています。コラムを読んで、もしかしたら…と思われる方もみえるかも知れませんね。気管虚脱は適切な処置によって進行を遅らせることができます。愛犬の様子をみていて、何か変だな…と感じられたら、早めに動物病院で診断をつけてもらうようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 737 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 947 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 5608 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 706 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 968 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 3766 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 1834 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2070 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1436 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 619 view

獣医師が解説:犬に生理痛はあるのでしょうか?

避妊手術をしていないメスの犬には「生理」が年に1~2回ほどあります。生理中の犬にも人間の女性が感じるような「…

本間獣医科病院 / 1052 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 1470 view

関連するキーワード