気管って?

簡単に言うと、空気の通り道です。呼吸をして鼻や口から取り込まれた空気を肺に送り、肺に取り込まれた空気を再度、肺から送り返す管です。気管は柔らかい軟骨でできていて、空気を吸ったり吐いたりする時には、気管にも圧力がかかります。

どんな犬種に多いの?

中高齢の小型犬、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、トイ・プードル、チワワなどに多くみられます。私たちの身の回りでも、よく見かける馴染みのある犬種ですね。これら小型犬は幼少期から、飼い主さんに飛びついては頭を反り返したような姿勢を繰り返し、その姿勢のまま呼吸をしたり、よく吠えたりします。このような習性が気管虚脱を引き起こす引き金になっているとも考えられています。

気管虚脱の原因は?

遺伝的な素因が多いと言われていますが、先ほどの項で取り上げたような生活習慣や体型なども大きく関連しています。肥満で脂肪が多いと喉を圧迫してしまい、気管に負担がかかってしまいます。また歯周病などの感染症、過度の興奮による体温の上昇、過呼吸なども原因になります。

気になる症状は?

先ほどもお話しした通り、気管は柔らかい軟骨でできています。呼吸をして圧力がかかると、虚脱を起こしている部分が凹んで細くなってしまいます。そうなることで、呼吸がしづらくなります。ここで、少しわかりやすいように気管をストローに例えてお話を進めてみましょう。

皆さんも飲み物を飲むときに細いストローで飲むよりも、太いストローで飲んだ方が飲み物を飲みやすいですよね。気管が細くなると、細いストローで飲み物を飲むときのように、空気が通りにくくなって、呼吸がしづらくなります。
実際の症状としては、激しく吠えたり、運動をした後に『ガーガー』という、アヒルの鳴き声のような喉が鳴る音が聞こえるようになります。咳のように聞こえるかもしれません。

また、落ち着かずに歩き回る、座り込んでしまう、舌を出したままよだれを垂らすなどの症状がみられることもあります。さらに症状が進むと呼吸困難となり、舌の色が青紫色になります。

気管虚脱にならないために…

太り気味のわんちゃんは、ダイエットを心がけましょう。小型犬を飼われている方は、若い頃から体重管理に気をつけるとよいですね。特に、去勢手術や避妊手術を受けると、太りやすい体質になります。フードをダイエット用に変更したり、オヤツを減らすなどの工夫もしてみましょう。もし、気管虚脱のような症状がある場合には、過度に興奮することを避け、できるだけ早く動物病院にいきましょう。症状が進行してしまうと呼吸困難になって、命を落としてしまう場合もあります。

まとめ

日本では、小型犬ブームで飼育頭数が増えており、気管虚脱という病気も増えています。コラムを読んで、もしかしたら…と思われる方もみえるかも知れませんね。気管虚脱は適切な処置によって進行を遅らせることができます。愛犬の様子をみていて、何か変だな…と感じられたら、早めに動物病院で診断をつけてもらうようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1258 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 728 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 2691 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1505 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 767 view

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 911 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 1933 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 1827 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1651 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1297 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1368 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1675 view

関連するキーワード