パテラ

パテラとは、膝蓋骨、いわゆる、“膝のおさら”のことですが、一般的には、パテラというと、膝蓋骨の脱臼のことを指すことが多いですね。膝蓋骨の脱臼でも、内側に外れる内方脱臼が大部分を占めていて、外側に外れる外方脱臼は稀にみられる程度です。内方脱臼は、小型犬種に非常に多くみられます。室内飼育の小型犬が増えているので、この病気のことをご存知の方も多いのではないでしょうか。今回はパテラ、膝蓋骨の内方脱臼を中心にお話ししたいと思います。

膝蓋骨の役割

病気についてお話しする前に、膝のお皿の役目について少し触れておきますね。膝のお皿は、膝の関節、太ももの骨とふくらはぎの骨をつなぐ関節に存在しています。太ももの骨の端には溝があり、足の曲げ伸ばしをする時には、その溝をレールにして膝蓋骨は動いています。膝蓋骨は、膝の曲げ伸ばしをスムーズに行う為に、とても重要な役割を果たしています。
太ももの溝が浅いと、膝蓋骨はレールをうまく走れません。つまり、脱線してしまうんですね。それが脱臼です。内側の溝が浅いと内方脱臼に、外側の溝が浅いと外方脱臼になります。

どんなわんちゃんに多いの?

膝蓋骨内方脱臼は、トイ・プードル、チワワ、ヨークシャー・テリア、パピヨン、シー・ズー、ポメラニアンなど、私たちが日頃からよく見かける小型犬に非常に多くみられます。
膝蓋骨外方脱臼は、比較的、大型犬によくみられます。大型犬に多い、股関節の病気に関連していることが多いです。しかし、小型犬でも、全く無いわけではありません。ひどい場合には、内側と外側、両側に脱臼してしまうわんちゃんもいます。

原因は?

生まれつき膝や膝の周囲の筋肉や骨、靭帯に異常がある先天性と、打撲や落下などの外傷が原因となって膝を悪くする、後天性のものに分けられます。

気になる症状は?

膝蓋骨脱臼の症状は、その程度により、無症状のものから正常の歩行ができないものまで、様々です。症状の軽いものから順にどんな症状が出るのかを挙げていきますね。

●膝蓋骨はほとんど正常な位置にあり、たまにスキップのような歩行をする程度です
●膝蓋骨の位置が不安定で、寝起き時のように膝を曲げていると脱臼して、びっこ引く。一定生活に差し支えはありません。
●膝蓋骨が常に脱臼状態にありますが、手で治すことができます。しかしすぐに外れてしまうので、膝を曲げて不自然な歩き方をしていることが多いです。太ももの骨やふくらはぎの骨にも変形が出てきます。
●膝蓋骨は常に脱臼し手で治せません。ワンちゃんは足を曲げたまま、うずくまったような姿勢で歩いていることが多いです。

下にいくほど症状が重くなります。しかし、程度の差はありますが、共通して見られるのは、痛み、腫れ、びっこ、足を上げて歩くなどです。ただし、先天性の場合は習慣的に脱臼し、痛みがほとんどない場合もあります。お宅のわんちゃんは、大丈夫ですか…?

予防と対策

では最後に、ご自宅でできる予防と対策についてお話しします。
先天性のものでは、遺伝的な要素が強いと言われています。わんちゃんを飼われる際には、血縁関係をよく調べておくことも予防につながります。生まれつき膝の弱いわんちゃんは、成長期に足の屈伸運動をするのも効果的だと言われています。また、フローリングなど、滑る床はNG。膝関節だけでなく、どの関節にも良い影響はありません。ワクチン接種の際などに動物病院でチェックをしてもらい、きちんと指導受けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード