ヘルニアってなんだろう?

胸やお腹に含まれる臓器は、筋肉や膜に囲まれて正常な位置を保っています。この臓器を支える筋肉や膜が薄くなったり、弱くなったりすることで、胸の外やお腹の外に臓器が脱出しまうことをヘルニアといいます。場所により、臍ヘルニア、会陰ヘルニア、鼠径ヘルニア、などと呼びます。
よく知られている椎間板ヘルニアは、椎間板がもとある位置から脱出して神経を圧迫する病気です。

どんなわんちゃんに多いの?

中齢の避妊手術をしていない、雌のわんちゃんに多いと言われています。
遺伝的な要因も関係しており、先天性の鼠径ヘルニアがみられる犬種に、ペキニーズ、プードル、チワワ、ポメラニアン、ダックスフンド、マルチーズ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどが挙げられます。

鼠径ヘルニアの原因は?

脚の付け根には、神経や血管が通る小さな穴があります。しかし、生まれた時からその穴が大きいことがあり、これは遺伝的な原因と言われています。また、雌のわんちゃんでは発情や妊娠時に症状が出たり悪化したりすることから、女性ホルモンの影響も多いとされます。この他、腹筋が弱くなる疾患や肥満、事故なよる外傷なども原因になります。

鼠径ヘルニアの症状は?

脚の付け根に、膨らみがあることに気づいて病院に来られたり、定期検診などで発見されたりします。無症状のことも多いですが、膀胱や腸、子宮などのお腹の中の臓器が出てきてしまった場合には、その臓器に関連する症状が出ます。例えば、お腹を痛がる様子がある、排便や排尿ができない、などです。

どんな治療をするの?

穴を小さくし、脂肪や臓器が出ないように補強する手術が適応になります。臓器が出てきて、重症の場合には緊急手術になることもあります。重症の場合には合併症の危険もあり、予後が悪いこともあります。また、ごく軽度なものであれば経過観察で様子をみることも多くありますが、治療せずに、穴が閉じるという例は報告がありません。

予防策は?

遺伝的な素因が疑われるわんちゃんは、子犬を作らないようにするのが予防に繋がります。雌のわんちゃんはできれば若いうちに避妊手術をするとよいですね。また、どんなわんちゃんにも言えますが、お腹の圧力が上がらないよう、肥満には注意したいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1229 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 2512 view

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 1380 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1847 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 1961 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2506 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1356 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2335 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1004 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2033 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1047 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1702 view

関連するキーワード