ヘルニアってなんだろう?

胸やお腹に含まれる臓器は、筋肉や膜に囲まれて正常な位置を保っています。この臓器を支える筋肉や膜が薄くなったり、弱くなったりすることで、胸の外やお腹の外に臓器が脱出しまうことをヘルニアといいます。場所により、臍ヘルニア、会陰ヘルニア、鼠径ヘルニア、などと呼びます。
よく知られている椎間板ヘルニアは、椎間板がもとある位置から脱出して神経を圧迫する病気です。

どんなわんちゃんに多いの?

中齢の避妊手術をしていない、雌のわんちゃんに多いと言われています。
遺伝的な要因も関係しており、先天性の鼠径ヘルニアがみられる犬種に、ペキニーズ、プードル、チワワ、ポメラニアン、ダックスフンド、マルチーズ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどが挙げられます。

鼠径ヘルニアの原因は?

脚の付け根には、神経や血管が通る小さな穴があります。しかし、生まれた時からその穴が大きいことがあり、これは遺伝的な原因と言われています。また、雌のわんちゃんでは発情や妊娠時に症状が出たり悪化したりすることから、女性ホルモンの影響も多いとされます。この他、腹筋が弱くなる疾患や肥満、事故なよる外傷なども原因になります。

鼠径ヘルニアの症状は?

脚の付け根に、膨らみがあることに気づいて病院に来られたり、定期検診などで発見されたりします。無症状のことも多いですが、膀胱や腸、子宮などのお腹の中の臓器が出てきてしまった場合には、その臓器に関連する症状が出ます。例えば、お腹を痛がる様子がある、排便や排尿ができない、などです。

どんな治療をするの?

穴を小さくし、脂肪や臓器が出ないように補強する手術が適応になります。臓器が出てきて、重症の場合には緊急手術になることもあります。重症の場合には合併症の危険もあり、予後が悪いこともあります。また、ごく軽度なものであれば経過観察で様子をみることも多くありますが、治療せずに、穴が閉じるという例は報告がありません。

予防策は?

遺伝的な素因が疑われるわんちゃんは、子犬を作らないようにするのが予防に繋がります。雌のわんちゃんはできれば若いうちに避妊手術をするとよいですね。また、どんなわんちゃんにも言えますが、お腹の圧力が上がらないよう、肥満には注意したいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1739 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1080 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2433 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2710 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 3052 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 1229 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1417 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1108 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1786 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 1265 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2355 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1704 view

関連するキーワード