白内障は特別な病気ではありません。

ある程度の年齢になった犬の多くに見られるのが白内障です。命にかかわる病気ではありませんが視力を徐々に失うことで犬の生活レベルは落ちてゆきます。また、若年性でかかる白内障もあります。正しい治療を行うことで進行を遅らせたり、現在では、手術によって治すこともできる病気であることを知っておきましょう。

白内障にはどうしてなるの?

白内障の原因には様々なものがあります。若いうちに発症する先天的、あるいは遺伝的な要因によるものや、他の病気(糖尿病や他の眼病など)が原因のもの、外傷性のものなどです。中でも一番多いのは加齢によるもので、これは眼球の中の水晶体が紫外線などの影響により経年劣化することでおこります。

白内障ってどうやって知ればいいの?

犬の白内障はなかなか気が付かない場合が多いようです。もともと視力の弱い犬は目よりも、優れた嗅覚を備えた鼻や、聴覚を備えた耳を頼りにする傾向があるので衰えた視力をそれらでカバーし生活できるからです。ですから、外見上、犬の目が白濁してきて初めて気が付くというケースも少なくありません

白内障にはどんな治療があるの?

白内障の原因によって治療法は様々です。他の病気が原因であれば、まずその病気を治すことから始めます。外傷性の場合は外科的手術で治す場合もあります。加齢の場合は点眼薬により進行を遅らせる治療法が最も多いようですが、最近では人間と同じように手術による治療法もあります。

手術を受けることのリスクとは?

目薬による治療は、完治と言うことはなくあくまでも進行を抑える対処的な治療法であるのに比べ、手術は劇的な改善も望めます。ただし、犬の場合は人と違い手術には全身麻酔が必要なため心臓に大きな負担がかかります。また、大変高度な治療の為、施術の出来る病院も少なく治療が高価であるというリスクがあります。

白内障の犬にしてあげられることは?

目が見え難いと不安になり警戒心が強くなる犬もいます。そんな犬には驚かせないよう声をかけたり、臭いを嗅がせてから触れれば犬も安心します。また、部屋の模様替えなどは控えて犬が今まで生活していた環境を変えないようにしましょう。ぶつかると危険のある個所は布を巻くなどして、犬が安全に暮らせるようにしましょう。

ある程度年齢を重ねた犬が白内障になると「仕方ないこと」と諦めて、そのままにしてしまう飼い主さんもいるようですが、白内障が老化によるもの以外の病気である可能性もありますし、発症した白内障も薬で進行を抑えることが出来ますので必ず病院に連れて行ってあげるようにして下さいね。最後までお読みいただきありがとうございました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10670 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 8011 view

愛犬が寝たきりになったら…高齢犬の床ずれ対策は大丈夫?

犬も高齢になると寝たきりになってしまうことがあります。そうなると人と同じで床ずれが出来てしまうことをご存じで…

cezannee / 1967 view

犬が震えたり吐く時はこんな病気を疑ってみて!

犬が震えている時や、吐く症状にはさまざまな原因があります。特に心配ないものや、見落としてしまいがちな病気や体…

Chriee / 2254 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1403 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 1267 view

獣医師が解説「血尿(犬の病気)」:早めの検査を!重大な病気が隠れていることもあるんで…

オシッコが赤い!愛犬が血尿をしていたらビックリして心配になりますよね。考えられる原因をまとめてみました。(犬…

本間獣医科病院 / 3313 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 1161 view

犬のおならには情報がいっぱい⁈おならでわかる内蔵の異常や病気について

犬のおならには体調を知る為の情報が意外とたくさんあります。臭いや頻度、音の有無など、内蔵の異変に気づけるもの…

Chriee / 1799 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1390 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 3228 view

みんなどうしてる?犬のバスタイム、適切な回数はどれくらい?

犬を自宅で入れる場合もトリマーさんにお願いする場合も、気になるのはその頻度だと思います。爪切りなどと合わせて…

Chriee / 1396 view

関連するキーワード