白内障は特別な病気ではありません。

ある程度の年齢になった犬の多くに見られるのが白内障です。命にかかわる病気ではありませんが視力を徐々に失うことで犬の生活レベルは落ちてゆきます。また、若年性でかかる白内障もあります。正しい治療を行うことで進行を遅らせたり、現在では、手術によって治すこともできる病気であることを知っておきましょう。

白内障にはどうしてなるの?

白内障の原因には様々なものがあります。若いうちに発症する先天的、あるいは遺伝的な要因によるものや、他の病気(糖尿病や他の眼病など)が原因のもの、外傷性のものなどです。中でも一番多いのは加齢によるもので、これは眼球の中の水晶体が紫外線などの影響により経年劣化することでおこります。

白内障ってどうやって知ればいいの?

犬の白内障はなかなか気が付かない場合が多いようです。もともと視力の弱い犬は目よりも、優れた嗅覚を備えた鼻や、聴覚を備えた耳を頼りにする傾向があるので衰えた視力をそれらでカバーし生活できるからです。ですから、外見上、犬の目が白濁してきて初めて気が付くというケースも少なくありません

白内障にはどんな治療があるの?

白内障の原因によって治療法は様々です。他の病気が原因であれば、まずその病気を治すことから始めます。外傷性の場合は外科的手術で治す場合もあります。加齢の場合は点眼薬により進行を遅らせる治療法が最も多いようですが、最近では人間と同じように手術による治療法もあります。

手術を受けることのリスクとは?

目薬による治療は、完治と言うことはなくあくまでも進行を抑える対処的な治療法であるのに比べ、手術は劇的な改善も望めます。ただし、犬の場合は人と違い手術には全身麻酔が必要なため心臓に大きな負担がかかります。また、大変高度な治療の為、施術の出来る病院も少なく治療が高価であるというリスクがあります。

白内障の犬にしてあげられることは?

目が見え難いと不安になり警戒心が強くなる犬もいます。そんな犬には驚かせないよう声をかけたり、臭いを嗅がせてから触れれば犬も安心します。また、部屋の模様替えなどは控えて犬が今まで生活していた環境を変えないようにしましょう。ぶつかると危険のある個所は布を巻くなどして、犬が安全に暮らせるようにしましょう。

ある程度年齢を重ねた犬が白内障になると「仕方ないこと」と諦めて、そのままにしてしまう飼い主さんもいるようですが、白内障が老化によるもの以外の病気である可能性もありますし、発症した白内障も薬で進行を抑えることが出来ますので必ず病院に連れて行ってあげるようにして下さいね。最後までお読みいただきありがとうございました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 951 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 7363 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1734 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1874 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 1217 view

愛犬のお口が臭い!ひどい口臭はこうして解決できる!?

シニアになってくると気になるのが愛犬の口臭です。歯磨きができるコでも気になるという飼い主さんは多いようです。…

Chriee / 1661 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2531 view

獣医師が解説「犬のうつ病?」:もしかして、、、と思ったら症状をチェック!原因と予防策…

犬は感情豊かな動物で、繊細な心を持っています。生活環境の変化などから犬にもうつ病のような症状があらわれること…

本間獣医科病院 / 1170 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1068 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 1059 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2254 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 2636 view

関連するキーワード