愛犬が健康で長生きできる餌の与え方とは?

子犬、成犬、老犬のうち体の成長期にある子犬と、体は既に完成しもっとも行動的な時期にある成犬、そして、運動量も減り、体に不調が現れ始める老犬では必要な栄養や食べる量も違ってきます。愛犬が健康で長生きするためにどんな餌を与えれば良いのか考えてみましょう。

生後6カ月頃までの子犬の餌の与え方

生後6カ月頃までの子犬は筋肉や骨などの体組織を短期間で育てるために沢山のタンパクやカロリーを摂取する必要があります。しかし、子犬の胃はまだ小さく一度に沢山の餌を消化することは出来ません。そこで、子犬には少量で十分な栄養を取れる高タンパク、高カロリーの餌を選び、3回に分けて与えるようにしましょう。

生後7カ月以降の子犬の餌の与え方

生後7カ月を過ぎると子犬の体の成長も緩やかになります。また、餌を消化するための胃も大きくなるので食事は2回に分けて与えるようにしましょう。始めのうちは減らされてしまった餌の時間に子犬が騒ぐこともあると思いますが、そういう時は遊びで気を紛らわせたりしながら2回の食事に慣れさせるようにしましょう。

成犬期の犬の餌の与え方

成犬期の犬は、体の成長は終わっていますので餌を高タンパク、高カロリーな物から6大栄養素がバランスよく摂取できるものに切り替える必要があります。また、犬の一生の中で最も長い成犬期の食事はこの後に訪れる高齢期の犬の健康を左右しますので質の良い物を選び、決まった時間にきちんと与えることが大切です。

高齢犬の餌の与え方

見た目や、食欲などに変化はなくとも体の中では少しづつ老化が始まっています。犬は高齢化に伴い新陳代謝や免疫力が落ちることで太りやすくなったり、病気になりやすくなったりします。また、胃や腸など内蔵機能も落ちて消化がしにくくなりますので低脂肪、低カロリーで消化の良い餌に替えるようにしましょう。

餌の切り替えと与え方で注意すること

餌を切り替える時一度に替えてしまうとお腹に負担がかかったり、新しい餌になじめず食べなくなってしまうことがあります。始めは今の餌に新しい餌を少しづつ混ぜてゆき、慣れてきたら徐々に新しい餌の量を増やすようにしましょう。また、子犬や高齢犬が固い餌を食べない場合には水などでふやかしてあげると良いでしょう。

犬にとって餌は成長や生命維持のためにとても大切なものです。でも、子犬、成犬、高齢犬では、それぞれ餌に求められる栄養や与え方に違いがあることがわかっていただけたでしょうか?最近では犬の餌の種類も大変豊富になっていますから、その中からあなたの愛犬の成長にあった餌を選んで正しい与え方をしてくださいね。最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

すき焼きの煮汁も要注意!?犬に与えると危険な食べ物”玉ねぎ”の中毒症状の正体とは?

「犬には玉ねぎをあげてはいけない」は有名な話。なぜだめなのか?と聞かれると答えられますか?犬に与えてはいけな…

Antoine / 1825 view

口臭ケアできるサプリ⁈犬にあげたい乳製品まとめ

犬は乳製品が大好きなコが多いですね。ミルクやヨーグルトなど、種類豊富な乳製品ですが、製品ごとの与え方や特徴な…

Chriee / 1132 view

獣医師が解説:愛犬にトウモロコシを与えても大丈夫なのでしょうか?

犬のごはんについて解説します。トウモロコシは犬にとっても良質な穀物なのです。

本間獣医科病院 / 509 view

愛犬のいつものフードに肉だんご!健康的にカロリーを抑えて便秘や肥満を解消する方法

犬も便秘になることがあります。そして便秘がちだとさまざまなトラブルや肥満に繋がることもあるんです。低カロリー…

Chriee / 615 view

ドッグフード選びのお助け技!こんなにある、無料で支給されるサンプルフード

愛犬の餌を変えたい、体調に合った新しい物を探したい時は無料で貰えるサンプルがあると助かりませんか?そんな飼い…

Chriee / 2751 view

タケノコが美味しい季節です!ところで犬にタケノコを与えていいの?

多くの人に親しまれている“タケノコ”。旬の食べ物を大好きな愛犬にも味わってもらいたい…。しかし実は与えないほ…

Chriee / 651 view

危険度MAX!犬にあげてはいけない食べ物「チョコレート」、その危険性とは?

犬にあげてはいけない食べ物はいろいろありますが、その中でも最も危険度の高いのがチョコレートです。実際にどんな…

Chriee / 905 view

必要なカロリーは?妊娠中の犬に気をつけたい食べ物まとめ

一般家庭で飼われている犬でも、出産させたいという飼い主さんはいます。妊娠中の犬に与えたい食べ物?妊娠時期に応…

Chriee / 962 view

獣医師が解説:タバコの煙は犬にも悪影響がある?副流煙による発がんのリスクを考える

喫煙はタバコの葉に含まれるニコチンを摂取する行為であり、一時的に疲れや苦痛を和らげることができますが、同時に…

本間獣医科病院 / 646 view

ガン予防に脂肪燃焼効果も!注意点を守れば、犬に与えていい?赤いトマトの実態まとめ

ブームの食材ともなっているトマトについて、犬に与えていい・わるいをまとめました。

Antoine / 792 view

ポイントは一口サイズ!愛犬の健康を考えた魚介ならこれ

お肉の好きな犬は多いですが、時にはお魚を与えるのもいいんです。大切なのは一口サイズ!愛犬も安心して食べられる…

Chriee / 498 view

食物繊維もたっぷり!西洋では薬や香料として古くから親しまれてきたあの野菜(セロリ)は…

西洋料理のスープに欠かせないセロリは、βカロテンとカリウムなどが豊富で栄養価も高い食材です。そんなセロリを犬…

Antoine / 903 view

関連するキーワード