乳歯の生え変わりに飼い主が心掛けたいこと

人間同様、犬の歯もその生え変わりのタイミングは大切なものです。乳歯から大人の歯に変わる時には、飼い主も気をつけてあげたいことがいくつかあります。
健康にどのような影響があるか?どんなことに気をつけたいかまとめてみました。

犬の乳歯が生えそろう時期は?

個体差は見られますが、犬はおおよそ、生後2ヶ月ぐらいまでには乳歯が生え揃います。この頃はまだフードも離乳食が主なので、まだ小さな歯ですが、健康な犬であれば手前にある門歯や犬歯、奥歯まですべて揃うのが通常です。
多くの場合、幼犬を迎えた時には既に生え揃っているタイミングだと思います。

乳歯から大人の歯への生え変わりはいつ?

こちらも犬の成長によって差はありますが、多くの場合4〜5ヶ月頃から少しずつ乳歯が抜け始めます。犬用のベッドなど、行動スペースに小さな歯が落ちていることもあります。
そのタイミングで、大体8ヶ月頃までにはほとんどの犬は乳歯からの生え変わりが完了します。

半年を過ぎても数本乳歯が残ってしまった場合には?

多くの犬は大人の歯が生え揃っていくにしたがって、乳歯は抜け落ちていきますが、時々乳歯が残ったままの場合も見られます。半年を過ぎても自然に抜けず大人の歯のじゃまになっていることがあります。
半年と言えば避妊手術や去勢のタイミングでもあります。獣医に相談し、手術のついでに抜歯して貰うのもおすすめですよ。

歯の生え変わりがうまくいかないとどうなるのか?

乳歯がきれいに抜けずに大人の歯が横から生えてしまったり、さらにその状態を放置してしまうと、当然は並びが悪くなります。これは人間も同じですよね。
きれいに生えていないと噛み合わせがずれてしまったり、犬によってはあごが上手く開かない場合もあるんです。

噛み合わせが悪いと内蔵に負担がかかる場合もあります

これは人間と同じです。
歯がしっかり役目を果たせていないと、食べ物をしっかり噛み砕くことが出来ません。丸呑みに近くなってしまうと、その分内蔵にも負担がかかります。
また餌そのものが上手く食べられない為、成長そのものに影響が出る犬もいます。

犬の歯~構造・数から歯並び・かみ合わせまで

犬の歯~構造・数から歯並び・かみ合わせまで

犬の歯の構造・数・かみ合わせや歯並びについて写真やイラスト付きでまとめました。犬の体を知って、ペットともっと仲良くなりましょう!

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
犬といっても人間と同じで歯は健康上とっても大切です。特に理由があって譲渡された犬や、ペットショップで半年以上売れ残っていた犬などは生え変わりのタイミングにケアされていない場合が多いものです。
愛犬を迎えたら、乳歯からの生え変わりにしっかりケアしてあげれば長生きにも繋がりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7920 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 2077 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1896 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 1163 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1708 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2931 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 1100 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1216 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 2207 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10671 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1637 view

完治しないと言われている犬のてんかん、その症状とは?

犬にもてんかんを発症するコがいます。完治はしないと言われており、飼い主のケアが必要になってきます。てんかんの…

Chriee / 1782 view

関連するキーワード