犬にマイクロバブルのお風呂はどんな効果がある?

犬用のマイクロバブルのお風呂、最近増えていますね!皮膚トラブルのある犬には特に良いと言われており、動物病院でも推奨していたり、治療の一環に取り入れられてきています。実際には通常のシャンプーとどう違うかを調べてみました。

マイクロバブルは毛根から汚れを浮かせる

マイクロバブルの名の通り、ミクロの泡状になったお湯を全身に当てて皮膚を洗浄していくというものです。
毛根から汚れを浮き立たせていくので、シャンプーだけでは落ちにくい汚れも取ることが可能になるんですね。

余計な抜け毛もスッキリ取れる

毛根から効いていくので、マイクロバブルした時に抜け毛がスッキリ取れます。
ブラッシングが苦手なコや抜け毛が多いコは、マイクロバブルすることでブラッシングと同じように余分な抜け毛を取り除ける効果が得られます。
皮膚病やケガなどでブラッシングが思うように出来ない時にも、マイクロバブルはおすすめなんです。

マイクロバブルのお風呂だとシャンプーは要らない?

マイクロバブルで毛根や皮膚の細かい汚れや余分な皮脂を浮かせていくことで、その汚れや皮脂が被毛についている状態になります。
その為、シャンプーは通常通り必要になるんです。マイクロバブルは、通常のシャンプー前に毛穴から汚れを浮き立たせるという役割なんですね。なのでシャンプーは必要です。

マイクロバブルで顔もしっかり汚れ落とし

マイクロバブルはシャワーで全身にかけていくことで、頭や耳にも行うことができます。シャンプーではなかなかやりにくい箇所もお湯の泡なので大丈夫。
温かくて滑らかな泡で全身をマッサージするという感じなので、ほとんどの犬が気持ちよく入浴出来るようです。
自宅でも可能なシャワーヘッドも販売されていますよ。

お湯の泡だからデリケートな犬にも安心

通常のシャンプー剤で皮膚の汚れを落とそうというのと違い、滑らかな泡でまず毛根から汚れを出していくので、皮膚病やケガをしている犬でも安心して入浴出来るんです。
酷い皮膚トラブルの犬でも、発毛が認められた例もあるんですよ。動物病院推奨の理由はここにあるんです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
シャンプーを自宅でする人も多いですが、実は意外と洗い残しやシャンプーが残っていて皮膚トラブルを起こす犬もいます。
自信の無い人は、毎回ではなくても時にはプロのトリマーさんにシャンプーしてもらうと安心ですよ。特に肌の弱いコは2回に1回程度の頻度でもマイクロバブルのお風呂はおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 628 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 992 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 1698 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 1345 view

ミニチュアダックスフンドは腰を大事にして!犬種によって気をつけたい病気や不調とは!?…

犬を飼っていて重要な事の1つは、病気になった時です。病気・不調は犬種によっても様々なもの。事前にかかりやすい…

Chriee / 919 view

これは病気・不調なの?!愛犬の食糞症って?

パピーを迎え入れたけれど、あのかわいい愛犬が、まさかの食糞症! これは病気・不調のサインなのでしょうか!? …

amblee / 776 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 550 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 1409 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 1369 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 7612 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 1874 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 1371 view