かわいいお顔が・・・なんとかしたい涙やけ

チワワ・バグ・マルチーズなど目が大きく鼻が短い小型犬に多く発症する流涙症(涙やけ)、特に毛色の薄い子のほうが目立ちます。こまめに拭いてもすぐに出てきますが、症状が悪化すれば重い細菌感染から別の病気を発症することも。飼い主さんがするべき対策をご紹介します。

なぜ涙やけになるの?

鼻にかけて赤くなっているのが涙やけ

鼻にかけて赤くなっているのが涙やけ

涙の通り道である”涙小管”が詰まったり狭かったりして涙が正常に流れなくなっている状態が涙やけを起こす原因です。先天的な場合と後天的な場合があり、授乳期から涙やけが起こっていた場合は手術を行うことがありますが完治しないこともあり、症状を悪化させないようにすることが大切です。

涙やけ対策1.食事を変える

手作り食

手作り食

涙やけの主な原因は、涙小管が消化しきれないタンパク質や老廃物で詰まってしまうことなので、高たんぱく高カロリーな食事を控えて出来るだけナチュラルフードや手作り食を与えてあげましょう。食生活の見直しだけでも、症状はかなり改善されると思います。

涙やけ対策2.間食を控える

たっぷり甘そうなクッキーたち

たっぷり甘そうなクッキーたち

ご褒美や飼い主さんとのティータイムにのおやつに、間食は人も犬も嬉しいものですが、市販のジャーキーやクッキーなどの甘いものは、涙やけが悪化する原因です。他にも添加物が入った食べ物や柔らか半生フードなど、どれも高たんぱく高カロリーな食品。特に症状の重い子はきっぱりとやめるようにしましょう。

涙やけ対策3.生活習慣の見直し

走り回って気持ちいいね!

走り回って気持ちいいね!

運動不足・肥満・ストレスは新陳代謝を低下させて老廃物がたまり、涙小管が詰まる原因にもなります。室内のみではなく外で日の光をしっかり浴びて適度な運動をさせ、十分なスキンシップを取り、食べすぎをさせないよう気をつけてあげましょう。ストレスのない健康な生活が涙やけの原因を作らないことにつながります。

ひどい場合は獣医師に相談を

しっかり検査してもらおうね

しっかり検査してもらおうね

症状が長期間続いている場合や症状が強くてなかなか改善しない場合は、動物病院で相談をしてみましょう。検査などで具体的なアレルゲンを特定すれば、除去することでしっかり治る場合もあります。発症してからの期間が短いほど、愛犬が幼いほど、治療や対策の効果が出やすいので、根気よく続けていくことが大切です。

いかがでしたか?フードの変更をするだけでもかなりの症状の改善が見込めるようです。愛犬の体にいいナチュラルフードで体質改善をして、涙やけができないようにしてあげましょう!◆最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 942 view

愛犬のお口が臭い!ひどい口臭はこうして解決できる!?

シニアになってくると気になるのが愛犬の口臭です。歯磨きができるコでも気になるという飼い主さんは多いようです。…

Chriee / 1688 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 1453 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2209 view

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 1072 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 1319 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 988 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1667 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 2457 view

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 1326 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2854 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 1204 view

関連するキーワード