かわいいお顔が・・・なんとかしたい涙やけ

チワワ・バグ・マルチーズなど目が大きく鼻が短い小型犬に多く発症する流涙症(涙やけ)、特に毛色の薄い子のほうが目立ちます。こまめに拭いてもすぐに出てきますが、症状が悪化すれば重い細菌感染から別の病気を発症することも。飼い主さんがするべき対策をご紹介します。

なぜ涙やけになるの?

鼻にかけて赤くなっているのが涙やけ

鼻にかけて赤くなっているのが涙やけ

涙の通り道である”涙小管”が詰まったり狭かったりして涙が正常に流れなくなっている状態が涙やけを起こす原因です。先天的な場合と後天的な場合があり、授乳期から涙やけが起こっていた場合は手術を行うことがありますが完治しないこともあり、症状を悪化させないようにすることが大切です。

涙やけ対策1.食事を変える

手作り食

手作り食

涙やけの主な原因は、涙小管が消化しきれないタンパク質や老廃物で詰まってしまうことなので、高たんぱく高カロリーな食事を控えて出来るだけナチュラルフードや手作り食を与えてあげましょう。食生活の見直しだけでも、症状はかなり改善されると思います。

涙やけ対策2.間食を控える

たっぷり甘そうなクッキーたち

たっぷり甘そうなクッキーたち

ご褒美や飼い主さんとのティータイムにのおやつに、間食は人も犬も嬉しいものですが、市販のジャーキーやクッキーなどの甘いものは、涙やけが悪化する原因です。他にも添加物が入った食べ物や柔らか半生フードなど、どれも高たんぱく高カロリーな食品。特に症状の重い子はきっぱりとやめるようにしましょう。

涙やけ対策3.生活習慣の見直し

走り回って気持ちいいね!

走り回って気持ちいいね!

運動不足・肥満・ストレスは新陳代謝を低下させて老廃物がたまり、涙小管が詰まる原因にもなります。室内のみではなく外で日の光をしっかり浴びて適度な運動をさせ、十分なスキンシップを取り、食べすぎをさせないよう気をつけてあげましょう。ストレスのない健康な生活が涙やけの原因を作らないことにつながります。

ひどい場合は獣医師に相談を

しっかり検査してもらおうね

しっかり検査してもらおうね

症状が長期間続いている場合や症状が強くてなかなか改善しない場合は、動物病院で相談をしてみましょう。検査などで具体的なアレルゲンを特定すれば、除去することでしっかり治る場合もあります。発症してからの期間が短いほど、愛犬が幼いほど、治療や対策の効果が出やすいので、根気よく続けていくことが大切です。

いかがでしたか?フードの変更をするだけでもかなりの症状の改善が見込めるようです。愛犬の体にいいナチュラルフードで体質改善をして、涙やけができないようにしてあげましょう!◆最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 843 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1385 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2147 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7169 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9144 view

突然犬が過呼吸を起こしたら?過呼吸の原因と治療、応急処置を解説

犬も過呼吸を起すことがあります。突然の過呼吸や呼吸の乱れにはどんな病気や体調不良があるのでしょうか?そして異…

Chriee / 13240 view

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 1050 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1189 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 9804 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 818 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2554 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 933 view

関連するキーワード