愛犬の餌の回数やタイミングはどれが適当なの??

愛犬の餌って一日にどれぐらいの回数に分ければいいのか悩みませんか?おやつのタイミングも考えると上げ過ぎてもいけないし、犬によっては空腹が長いのもNGな場合もあります。
愛犬への適切な餌やりの回数を考えてみましょう。

お散歩デビュー前のパピーには??

離乳食の頃や、離乳食から普通のフードに切り替えたばかりの子犬は、まだ一度に沢山の量を摂取することが出来ません。しかし、成長期なので一日に必要な量をしっかり摂ることは大切です。
4〜5回に分けてあげるのが理想的ですが、飼い主さんの都合で難しい場合には3回程度でも大丈夫です。

お散歩するようになったら回数も減らしてOK

生後4ヶ月以降成犬までの間には、食事の回数を減らして大丈夫になってきます。
特にお散歩するようになってくると身体も一気にたくましくなって来るコも多いので、一度に食べる量も増えてきます。小魚などカルシウムも摂れるおやつなど併用しながら、一日の必要量を2〜3回程度に分けて与えます。

成犬になったら一日2回でも大丈夫!

成犬になったら、一日の量を朝晩など2回程度に分けます。1日1回の飼い主さんもいますが、空腹時間が長いと体調を崩す犬もいるので、合間におやつを与えたり個体に合わせて決めましょう。必要量は与えているフードの目安を基準にします。おやつの量が多い場合はフードはやや少なめにすると肥満も防げますよ。

シニア犬にはどれくらいであげるのが理想的??

シニアになってくると、人間同様、高齢になることで内蔵の働きが低下したり、一度に摂取できない犬も増えて来ます。
一般で売られているシニア用のフードは食べやすさや栄養価が考慮されています。決められた量を2回など愛犬に合わせて分けて与えます。ドライが苦手そうな場合は手作りもおすすめです。

犬の体質によって回数を考えることが大切です

一般的な場合を書いてきましたが、犬の体質によっては勿論異なってきます。
成犬になっても回数を減らすことで、吐いてしまう犬がいます。実は空腹時間が長過ぎると吐いてしまう体質の犬もいるのです。3回程度で与えたり、2回にしても、おやつやミルクを与えるなど、空腹な時間が長くならない工夫をします。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
犬の餌は、成長期に合わせて、与えるフードを考えたり、そこに記されている目安量に沿って適切に分けて与えるのが大切になってきます。
個体の体質によっても違ってくるので、気になる場合はなるべく早めに獣医さんに相談し、体調不良を起さない与え方をしてあげるのが理想的ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

食が細い愛犬の救世主♡ほくほくがおいしい秋の味覚のあの食材は犬にとってのカロリーメイ…

秋の旬食材の代表格と言えば”さつまいも”ですね。甘みもたっぷりあるため、好きな犬も多いことでしょう。犬にさつ…

Antoine / 1400 view

ドッグフード選びのお助け技!こんなにある、無料で支給されるサンプルフード

愛犬の餌を変えたい、体調に合った新しい物を探したい時は無料で貰えるサンプルがあると助かりませんか?そんな飼い…

Chriee / 3829 view

与えていいの!?日本人の知恵が詰まった”梅干し”犬に食べさせたらこんな効果が!!

昔から保存食として親しまれてきた梅干し効果は、疲労回復、食欲増進、殺菌、老化予防など多岐に渡っています。そん…

Antoine / 1851 view

愛犬にも安心な食べ物「さつまいも」の驚くべき魅力とは?

さつまいもが美味しい季節ですね!さつまいもが好きな犬には嬉しい季節です。実はさつまいもって犬には結構すごい食…

Chriee / 926 view

クリスマスシーズン到来!愛犬OKの安心で美味しいクリスマスケーキ

クリスマスは愛犬と一緒に楽しむ飼い主さんは多いと思います。愛犬用のディナーやケーキもいろいろ出ていますね。愛…

Chriee / 1666 view

ポイントは一口サイズ!愛犬の健康を考えた魚介ならこれ

お肉の好きな犬は多いですが、時にはお魚を与えるのもいいんです。大切なのは一口サイズ!愛犬も安心して食べられる…

Chriee / 737 view

愛犬の内蔵の活性化にも効果的!納豆のおやつ

人間も犬も健康は血液や内蔵から考えていくのが理想的です。胃腸にも良く血液もきれいにする効果の高い納豆をおやつ…

Chriee / 1193 view

豆乳の好きな犬は痩せられるのか?犬も豆乳でダイエットは可能なのか調べてみました!

豆乳は体に良い飲み物としてダイエットに飲んでいる飼い主さんも多いと思います。犬も人間のように飲ませてよいもの…

Chriee / 873 view

犬に魚貝類は要注意!アレルギーの原因になりやすいんです

魚介類は犬に与えるとアレルギーを起こしやすくなります。加熱で大丈夫なものもありますが、皮膚に湿疹やしこりがで…

Chriee / 1831 view

いつもの餌に加えたい!水分不足の愛犬にやさしい野菜まとめ

犬も適度に水分を摂ることはとっても大切です。餌には水分補給にも役立つ愛犬にやさしい野菜をトッピングしませんか…

Chriee / 821 view

種類も豊富で美味しい!犬も人間も食べられるヘルシーなスイーツ

誕生日やイベントに愛犬も食べられるケーキっていいですよね?そんな気持ちに答えた、飼い主と犬が一緒に食べれられ…

Chriee / 5174 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物によっては有害となる食べ物があります。私たちが善意…

本間獣医科病院 / 748 view

関連するキーワード