愛犬の便で健康状態をチェックしてあげましょう!

愛犬が最近便がゆるい・・・・。ちょっと心配になる時はありませんか?
排泄物は愛犬の健康状態や食事の状況を判断する重要なポイントになります。普段より軟便な状態が続いたり、下痢の症状が見られたらどんなことに注意したらいいでしょうか?

食事で水分を摂り過ぎていることも

いつもより軟便な状態の時には、食事を考えてみましょう。
手作りご飯の時には軟便になることがあるんです。食事に含まれる水分の量がドライに比べて多いからなので特に心配は要りません。ただし、元気が無かったり、あまりに続くようなら水分を摂り過ぎているのでドライに切り替えたり見直してあげるといいですよ。

食べ過ぎかも?食事の量は大丈夫??

いつもより食べ過ぎてしまった時にも軟便になることがあります。
便がいつもと違う時には、その前に過食していなかったか、量を増やし気味にしていないか、考えてみましょう。
量を増やしていたようなら元に戻してみて、便の状態が戻れば心配は要りません。

油分が多いのかも?フードを見なしてみましょう

市販のドライフードの場合でも、油分が多いものがあります。
犬は油分を多く摂取するとお腹の調子を崩しやすいので、フードを切り替えた後に軟便の症状が続いたら、フードの油分が多いのかも知れません。または、脂っぽい物を与えていないか考えてみましょう。油で揚げた物も犬にはNGです。

いつもと違う物を食べていないか?チェック

お散歩デビューしたての頃に特に多いのが散歩中の拾い食い。成犬になって治るコがほとんどですが、興味津々な時期でもあるので、家の中でも注意が必要です。
いつもと違う物を食べてしまったていないか考えてみましょう。アレルギーで軟便になることもあります。

軟便より下痢??重大な病気やストレスが原因かも

特に軟便というより下痢といった症状の時には、感染症や寄生虫によるものなど重大な病気の場合もあるので注意が必要です。
中にはストレスで腸内の環境が崩れてしまい、酷い下痢になってしまうコもいますが、死に至るような感染症が隠れている場合もあるので、早めに病院へ行きましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬の軟便はほとんどが食事が原因のことが多いですが、症状によっては重大な病気が潜んでいることもあるんです。
軽い軟便の場合は食事を見直してあげるだけで改善されれば問題はありませんが、続いたり、さらに酷くなる場合には早めに判断して獣医さんに診てもらうのが大切ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 6077 view

犬の水分足りてますか?暖かくなったら散歩にも給水器持参でお出かけしましょう

暖かくなると犬もお水をたくさん飲みます。特にお出かけや散歩には必ず持参して十分与えたいですね!飲みやすく便利…

Chriee / 2013 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 1194 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 9435 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 849 view

それは熱中症かも?愛犬の食欲不振などに表れるサイン

気温が高くなると心配なのが熱中症です。屋外はもちろんですが室内でも危険はいっぱい!突然の食欲不振など、愛犬の…

Chriee / 685 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 1990 view

簡単にチェックしたい!犬の皮膚や毛の状態でわかる、手軽な健康管理とは?

愛犬の体調管理は飼い主さんにとって一番気になることではないでしょうか?嘔吐や食欲不振など判りやすい症状のほか…

Chriee / 1139 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 966 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 781 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1523 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1025 view

関連するキーワード