愛犬の便で健康状態をチェックしてあげましょう!

愛犬が最近便がゆるい・・・・。ちょっと心配になる時はありませんか?
排泄物は愛犬の健康状態や食事の状況を判断する重要なポイントになります。普段より軟便な状態が続いたり、下痢の症状が見られたらどんなことに注意したらいいでしょうか?

食事で水分を摂り過ぎていることも

いつもより軟便な状態の時には、食事を考えてみましょう。
手作りご飯の時には軟便になることがあるんです。食事に含まれる水分の量がドライに比べて多いからなので特に心配は要りません。ただし、元気が無かったり、あまりに続くようなら水分を摂り過ぎているのでドライに切り替えたり見直してあげるといいですよ。

食べ過ぎかも?食事の量は大丈夫??

いつもより食べ過ぎてしまった時にも軟便になることがあります。
便がいつもと違う時には、その前に過食していなかったか、量を増やし気味にしていないか、考えてみましょう。
量を増やしていたようなら元に戻してみて、便の状態が戻れば心配は要りません。

油分が多いのかも?フードを見なしてみましょう

市販のドライフードの場合でも、油分が多いものがあります。
犬は油分を多く摂取するとお腹の調子を崩しやすいので、フードを切り替えた後に軟便の症状が続いたら、フードの油分が多いのかも知れません。または、脂っぽい物を与えていないか考えてみましょう。油で揚げた物も犬にはNGです。

いつもと違う物を食べていないか?チェック

お散歩デビューしたての頃に特に多いのが散歩中の拾い食い。成犬になって治るコがほとんどですが、興味津々な時期でもあるので、家の中でも注意が必要です。
いつもと違う物を食べてしまったていないか考えてみましょう。アレルギーで軟便になることもあります。

軟便より下痢??重大な病気やストレスが原因かも

特に軟便というより下痢といった症状の時には、感染症や寄生虫によるものなど重大な病気の場合もあるので注意が必要です。
中にはストレスで腸内の環境が崩れてしまい、酷い下痢になってしまうコもいますが、死に至るような感染症が隠れている場合もあるので、早めに病院へ行きましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬の軟便はほとんどが食事が原因のことが多いですが、症状によっては重大な病気が潜んでいることもあるんです。
軽い軟便の場合は食事を見直してあげるだけで改善されれば問題はありませんが、続いたり、さらに酷くなる場合には早めに判断して獣医さんに診てもらうのが大切ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬の避妊手術と去勢後、どんな体調管理が必要?

犬を飼うに当って、避妊手術や去勢をする人は多いですね。これは自治体や動物病院などで奨励していたり、ペットの健…

Chriee / 1736 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1683 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1310 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 798 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 1510 view

簡単にチェックしたい!犬の皮膚や毛の状態でわかる、手軽な健康管理とは?

愛犬の体調管理は飼い主さんにとって一番気になることではないでしょうか?嘔吐や食欲不振など判りやすい症状のほか…

Chriee / 1071 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4163 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1638 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 956 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 732 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 926 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1739 view

関連するキーワード