愛犬が咳き込む?一体それはどんな時??

愛犬が咳き込む時はいろいろなことが考えられます。慌ててフードやおやつを食べて喉に引っかかってしまった場合もあれば、実は重大な病気が懸念される場合も。愛犬が咳き込んでいたら、その症状をしっかり見て早めの判断をしましょう。

子犬が頻繁に咳き込んでいる場合は感染症を疑う

幼犬に特に多いのがケンネルコフという呼吸器官の病気です。
「犬かぜ」とも言われているものですが、継続する咳が症状の1つです。感染症で、ペットショップなどで感染している場合も多く、咳が続いている時にはすぐに病院で診てもらいましょう。
初期段階なら数回〜1週間程度の通院治療で完治します。

目やにや鼻水も伴うとジステンパーの場合も

咳き込む症状がありながら、目やにや鼻水も出ている場合には、ジステンパーを疑います。
ジステンパーも感染症の病気ですが、これは進行してしまうと最悪は死に至ってしまう、犬の病気としては恐ろしいものの1つです。食欲も低下していたり、嘔吐などの症状も見られたらすぐに病院で行きましょう。

お水を飲む回数が増えたらフィラリア症かも?

咳き込む症状の他に、愛犬がいつもより水を飲む回数が増えていたり、散歩を嫌がるような様子であれば、フィラリア症の疑いがあります。
フィラリア症は蚊を媒介して犬の心臓などに寄生虫が寄生することで引き起こす病気です。発症すると血液の流れを悪くするなど臓器の機能に影響を及ぼし、死に至るケースもあります。

咳き込む症状を放置すると肺炎に発展することも

ケンネルコフやジステンパーなどの感染症から肺炎を引き起こすケースもあります。
咳き込む症状が見られる段階で早期に受診しておけば、まず肺炎にまで至る可能性は低いですが、稀に咳の症状を見落としてしまい、愛犬の食欲や運動意欲の低下が見られる場合には、一刻も早く病院で相談することをおすすめします。

アレルギーが原因でも咳き込むこともあるんです

ここまでに挙げてきた重要な病気以外にも、アレルギーで咳き込む犬もいます。その他、慌てて餌を食べたり飲んだりしてむせて咳をすることもあります。
人間同様、気温差に反応して出る咳もありますが、アレルギーの原因を取り除いて解決したり、単発的なものであればあまり心配は要りません。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
犬が咳き込んでいると何だか人間みたいなのですが、人間と違って意外と重大な病気が隠れている場合が多いのです。咳が継続していたり、頻繁に見られるようになったら、早めに獣医さんに相談するのが一番です。
特にワクチンが完了していない幼犬は感染症にかかりやすいので、気をつけて見てあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1926 view

犬の水分足りてますか?暖かくなったら散歩にも給水器持参でお出かけしましょう

暖かくなると犬もお水をたくさん飲みます。特にお出かけや散歩には必ず持参して十分与えたいですね!飲みやすく便利…

Chriee / 2913 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 3856 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 5040 view

それは熱中症かも?愛犬の食欲不振などに表れるサイン

気温が高くなると心配なのが熱中症です。屋外はもちろんですが室内でも危険はいっぱい!突然の食欲不振など、愛犬の…

Chriee / 973 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 1038 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 2302 view

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 1167 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10584 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1149 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2450 view

関連するキーワード