混合ワクチンって必要?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されています。犬の健康を守るために、毎年注射することをすすめられたり、犬関係の施設の利用時には接種していることの証明が必要になったりします。それはどうしてでしょうか?

そもそもワクチンって何ですか?

ワクチンとは、無毒化または弱毒化した病原体をあらかじめ体内に入れることで、体に抗体と呼ばれる物質を作って免疫システムを強化し、その病気にかからなくする、あるいはかかっても軽く済むように開発されたものです。狂犬病は1種類の病気だけを予防するものですが、混合ワクチンは複数の病気を一度に予防できるようにしたものです。

ワクチン接種の目的は、 毒性を無くしたか、あるいは毒性を弱めた病原体を、ヒトを始めとする動物の体内にあらかじめ注入することで体内に抗体(病原体を攻撃する防御システム)を作っておき、感染症にかかったときの症状を軽くすることです。

混合ワクチンと狂犬病予防注射は違うもの?

狂犬病予防注射は厚生労働省が犬を飼う人すべてに毎年義務付けている注射です。なぜかというと、狂犬病は人間にうつる上、治療法もなく致死率100%という恐ろしい病気だから、人間のために予防が必要なのです。一方、混合ワクチンは犬にとって大変致死率が高く、伝染性も強い病気を予防するためのものです(人にうつる病気もあります)

犬の病気には大きく分けて、人(をはじめとする他の動物)にもうつるものと、犬だけに広がるものがあります。
人などにうつる病気には狂犬病、レプトスピラという病気などがあります。これらは人の健康上でもとても重要な問題になります。
特に狂犬病に関していえば、人はじめとする哺乳類全てにうつり、発症した場合有効な治療法はなく100%死亡します。日本では昭和38年以降発症はありませんが、海外では未だに大勢の人が亡くなっていますし、数年前にタイから帰国した日本旅行者が当国で発症・死亡しています。そのため、狂犬病ワクチンの接種が法律で義務付けられています。

犬だけにうつる病気はジステンパーやパルボウィルス感染症という死亡率が高い恐ろしい病気や、感染力が強く風邪のような症状が長い期間続く病気などがあります。

混合ワクチンではどんな病気が予防できますか?

ジステンパー、パルボ、犬パラインフルエンザ、アデノ1型(犬伝染性肝炎)・2型(犬伝染性喉頭気管炎)、コロナの各ウィルス感染症、およびレプトスピラという細菌の感染症3種です。これらのうち、犬にとって最も恐ろしい感染症であるジステンパー、パルボ、アデノ2種、パラインフルエンザの5ウィルス感染症を中核に、用途により病気を組み合わせ、3~9種があります。

様々ありますが、現在は以下の病気に関してのワクチンが開発されています。
うつりやすく、ワクチンの効果が高い割に副作用が少ない病気です。
 
・ジステンパーウィルス感染症
 (呼吸器症状(咳など)・消化器症状(下痢など)・神経症状をおこす病気。致死量が高い。)
・パルボウィルス感染症
 (特に子犬で激しい下痢・嘔吐、あるいは突然死を引き起こす病気。致死率が高い。)
・犬パラインフルエンザウィルス感染症
 (俗に「犬かぜ」と言われてきたもの。咳・鼻水などの風邪様症状が主。)
・犬伝染性喉頭気管炎
 (から咳が長く続くことが多い。パラインフルエンザ等と併せて俗に「ケンネルコフ」と言われることがある。アデノウィルスが原因。)
・犬伝染性肝炎
  ( 急性の肝炎を起こし、黄疸や嘔吐などがみられる。アデノウィルスが原因。)
この5種は基本となるワクチンで、<コア(核)ワクチン>と呼ばれます。

・レプトスピラ感染症
腎炎や黄疸を起こします。ネズミが運び屋となり、人にもうつります。川や池、田んぼ等の‘淡水’を介して感染することが多く、暖かい地域(四国・沖縄・九州)では多く見られます。2~3種類のタイプがあります。
効果を高めるための物質と一緒にしたワクチンのため、その分反応が強く出ることも多く、副作用も考えられます

・コロナウィルス感染症
俗に言う「腹風邪」のウィルスで、下痢・嘔吐などが見られます。単独では重症化しないものの、パルボウィルスなどと一緒になると重くなります。

いつ打てばよいのでしょうか?

重要なのは生後2ヶ月から6ヶ月くらいの間です。ちょうど母犬のお乳からもらった「移行抗体」と呼ばれるものが減少する時期にあたり、子犬は非常に感染に対して弱くなっています。この時期から子犬は自分で抗体を作れるようになっているのですが、まだ機能が未成熟なため、ワクチンを定期的に2~3回打つ必要があります。

生まれたばかりの仔犬は、免疫系が未発達なので、自分で免疫抗体を作ることができません。抗体を作れるようになるまでは、母親の初乳に含まれていた移行抗体という免疫抗体によって様々な病気から守られています。この移行抗体は、生後約5週間目くらいから徐々に減少し始め、12~14週間目くらいでほぼ消滅します。
 この時期、仔犬も徐々に自分で抗体を作れるようになって来ますが、移行抗体は減少するため感染を防御する能力も次第に弱くなってきます。従ってこの時期に最初のワクチンを接種する必要があるのですが(「ワクチンを打つ」ということは、「自分で抗体を作らせる」ということです)、ここで問題が一つあります。移行抗体が仔犬の体に残っていると、ワクチンを接種しても、きちんと抗体を作ることができません。ですから、この期間、病気から仔犬を守り、最終的に、ワクチンによってしっかりと抗体が作られるようにしなければなりません。そのためには、移行抗体が減少し始める5週目くらいから完全に無くなってしまう14週目までの間に数回に渡ってワクチンを接種するのが最も効果的です。

 このようにして考えられたワクチンの打ち方(いつから、どのくらいの間隔で、何回打てばよいか)を、ワクチン接種プログラムといいます。ワクチン接種プログラムには、仔犬の生活環境やワクチンの種類などによりいくつかの方法がありますが、次のようなプログラムで接種します。

1. 生後2カ月目(約8~9週)と3カ月目(12~14週)にそれぞれ1回づつの計2回接種
2. 生後6週目と9週目、更に12~14週目に1回ずつの計3回接種

初年度はともかく、次の年からも打たないとなりませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 555 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 887 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1349 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 885 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 1912 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 558 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 754 view

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 876 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 1293 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1123 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 1160 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1340 view

関連するキーワード