愛犬の健康診断はどれぐらいの時期から受ければ良いか?

愛犬を迎えての初めての健康診断は、犬がどのような経緯で家族に加わったかでも違って来ます。
ペットショップで子犬の状態で購入した犬なら、特に健康に問題が無い場合、次の狂犬病予防接種やワクチン接種などのタイミングで十分です。迷い犬など保護した犬の場合は健康状態を知る為にも早急に受けておくと安心です。

犬の健康を保つためのポイントは?

まずは、身体上の弱点を把握し、散歩など日常生活で負担がかからない配慮をする事です。犬種によってかかり易い疾患などもあるので、心配な点があれば獣医に相談し、健康診断で状況をチェックしておくのもお勧めです。
特に問題が無くても、成長に合わせた食事や運動、定期的なシャンプーなどのお手入れも大切です。

犬の健康診断はどんな種類があるのでしょうか?

犬の健康診断は、主に血液検査、触診、体温チェック、エコーや心電図など、その内容は人間並みです。
その他、フィラリア予防薬などを投与する時期にはフィラリアに感染していないかの血液検査があり、それと合わせて行う飼い主や獣医も多いのです。

健康診断の費用は?頻度はどれくらいがいいの?

特に健康上の問題のない場合は、年に1度程度で十分です。上で書いているように、毎年春先から始めるフィラリア予防の投薬開始や、狂犬病予防接種などのタイミングで受ける飼い主は多いようです。
費用は病院や内容で様々ですが、体温チェックや触診程度なら1,00円〜、血液検査などプラスする内容で変わってきます。

健康診断の重要性はこんなにあります。

一番大きなメリットは、勿論、日常生活では気づかない疾患や異常の発見に繋がる事です。
早期発見する事で、適切な処置を早い段階で出来れば、犬の身体に大きな負担をかけずに済みますし、寿命にも影響が出ます。
動物病院でやっているシャンプーやグルーミングを利用すると触診しながらやって貰えるので更に安心ですよ。

若い犬と老犬での健康管理の違いは?

疾患や問題を抱えている犬の場合は、こまめな健康診断が必要なコもいますが、通常の特に問題のない若い犬であれば、年1回程度の健康診断で十分なようです。
シニア犬なら、年に2回など、年齢を重ねたり、それによって伴う健康状態に合わせて受けるようにすると安心ですね。

まとめ

犬の健康診断は、健康を管理・維持する上でも大切な習慣です。年1回は受けるようにして、飼い主が行きやすいタイミングや、個体の健康に合わせた検査内容で適切に受けるのが望ましいと思います。
また、気になる場合はいつでも獣医に相談し、必要があれば便や尿を見てもらうなどの検査も大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 7627 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 2164 view

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 1102 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1507 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3104 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 969 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 1986 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2308 view

飼い主が何気なく吸っているタバコ、愛犬の健康にはどんな影響があるか知ってますか?

ペットの健康を気遣う飼い主さんは増えていますが、タバコはどうでしょうか?しっかり別の部屋で吸う人もいると思い…

Chriee / 1449 view

獣医師が解説:犬に生理痛はあるのでしょうか?

避妊手術をしていないメスの犬には「生理」が年に1~2回ほどあります。生理中の犬にも人間の女性が感じるような「…

本間獣医科病院 / 1749 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2274 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1107 view

関連するキーワード