そもそも、何故避妊手術や去勢が必要なのか?

昔は犬と言えば番犬として飼っている家が多く、外飼いが主でした。避妊手術や去勢をしていない状態での無駄な繁殖を避ける目的で奨励されてきたのもあり、現在もそれは勿論同様です。
しかし、室内飼いが増えた最近では、愛犬の健康上の理由で手術を受ける飼い主さんは増えているのです。

避妊手術や去勢が何故 健康管理に繋がるの?

昔のように無駄な繁殖を未然に防ぐよりも、犬の健康管理を、目的としての傾向が強い避妊手術や去勢ですが、実際に重大な病気の予防になるということが解明されています。
雄犬の場合は前立腺肥大や肛門周囲線ガンなど、雌犬の場合は子宮蓄膿症、卵巣腫瘍など、ガンを予防する効果が高く、犬の寿命にも影響があるのです。

雌犬の避妊手術のタイミングと費用は?

生まれてから初めてのヒート(発情)が来る前が適切と言われています。犬種や個体によって様々ですが、6ヶ月〜8ヶ月前後が多いようです。
費用も病院やサイズによって異なり、小型犬の場合なら2万円前後、大型犬なら4万〜5万円程度という感じのようです。
手術時期や費用は行きつけの病院で相談してみましょう。

避妊手術でのデメリットは?手術後に注意するのはこんなこと。

避妊手術をするには全身麻酔になります。犬によっては負担がかかってしまう体質で麻酔は出来ない個体もいる為、事前に検査してもらうと安心です。
抜糸まではなるべく安静に。それから、避妊手術後は太りやすくなります。肥満防止のフードなどもいろいろ出ているので、太らないような食事管理や適度な運動が必要です。

去勢手術するタイミングと費用はどれくらい?

雄犬は発情している雌犬に反応するというだけで、決まった発情時期というものがありません。その為、特に適正時期というものはありませんが、マーキングを防ぐ目的も兼ねている場合は、生後半年前後で受ける飼い主は多いようです。
費用は犬種や病院にもよりますが、1万円〜2万円程度が多いようです。

去勢手術後の注意点は?飼い方はどう変化するの?

抜糸が必要な場合は、抜糸までは安静にします。
雌同様、太りやすくなるので、こちらも専用の肥満防止のフードを検討したり、散歩を始め適度な運動を心掛けるのが大切です。
個体差はありますが、雄は去勢によって攻撃的な性格が和らぐ事も多く、マーキングも含めて飼いやすくなる傾向は強いようです。

まとめ

避妊手術や去勢手術の際には、抜けきれていない乳歯を抜いて貰ったり、他の治療もして貰う飼い主さんも多いです。
全身麻酔は余程必要に迫られない限りはあまり勧められませんので、気になる部分は一緒に処置して貰うのも犬の負担を軽減する手段です。
犬の健康を第一に考えて、獣医に相談しながら適切な判断とケアが大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 939 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 955 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 1278 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 1928 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 2850 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 5493 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 804 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1486 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1604 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1219 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 844 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 2411 view

関連するキーワード