そもそも、何故避妊手術や去勢が必要なのか?

昔は犬と言えば番犬として飼っている家が多く、外飼いが主でした。避妊手術や去勢をしていない状態での無駄な繁殖を避ける目的で奨励されてきたのもあり、現在もそれは勿論同様です。
しかし、室内飼いが増えた最近では、愛犬の健康上の理由で手術を受ける飼い主さんは増えているのです。

避妊手術や去勢が何故 健康管理に繋がるの?

昔のように無駄な繁殖を未然に防ぐよりも、犬の健康管理を、目的としての傾向が強い避妊手術や去勢ですが、実際に重大な病気の予防になるということが解明されています。
雄犬の場合は前立腺肥大や肛門周囲線ガンなど、雌犬の場合は子宮蓄膿症、卵巣腫瘍など、ガンを予防する効果が高く、犬の寿命にも影響があるのです。

雌犬の避妊手術のタイミングと費用は?

生まれてから初めてのヒート(発情)が来る前が適切と言われています。犬種や個体によって様々ですが、6ヶ月〜8ヶ月前後が多いようです。
費用も病院やサイズによって異なり、小型犬の場合なら2万円前後、大型犬なら4万〜5万円程度という感じのようです。
手術時期や費用は行きつけの病院で相談してみましょう。

避妊手術でのデメリットは?手術後に注意するのはこんなこと。

避妊手術をするには全身麻酔になります。犬によっては負担がかかってしまう体質で麻酔は出来ない個体もいる為、事前に検査してもらうと安心です。
抜糸まではなるべく安静に。それから、避妊手術後は太りやすくなります。肥満防止のフードなどもいろいろ出ているので、太らないような食事管理や適度な運動が必要です。

去勢手術するタイミングと費用はどれくらい?

雄犬は発情している雌犬に反応するというだけで、決まった発情時期というものがありません。その為、特に適正時期というものはありませんが、マーキングを防ぐ目的も兼ねている場合は、生後半年前後で受ける飼い主は多いようです。
費用は犬種や病院にもよりますが、1万円〜2万円程度が多いようです。

去勢手術後の注意点は?飼い方はどう変化するの?

抜糸が必要な場合は、抜糸までは安静にします。
雌同様、太りやすくなるので、こちらも専用の肥満防止のフードを検討したり、散歩を始め適度な運動を心掛けるのが大切です。
個体差はありますが、雄は去勢によって攻撃的な性格が和らぐ事も多く、マーキングも含めて飼いやすくなる傾向は強いようです。

まとめ

避妊手術や去勢手術の際には、抜けきれていない乳歯を抜いて貰ったり、他の治療もして貰う飼い主さんも多いです。
全身麻酔は余程必要に迫られない限りはあまり勧められませんので、気になる部分は一緒に処置して貰うのも犬の負担を軽減する手段です。
犬の健康を第一に考えて、獣医に相談しながら適切な判断とケアが大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 999 view

アレルギー体質の犬はご注意!ワクチンに気をつけることや食べ物の選び方は?

アレルギー体質の犬のケアにはいろいろ気を使う必要があります。普段から気をつけたいアレルギー体質の犬の食べ物の…

Chriee / 1073 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1748 view

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 1067 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1530 view

獣医師が解説「逆くしゃみ(犬の病気)」:小型犬や短鼻種のワンちゃんに起こりやすい!?…

逆くしゃみって知っていますか? 犬が突然立ち止まって苦しそうにグエ~グエ~というような音をさせながら、空気を…

本間獣医科病院 / 2373 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 937 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3184 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 2628 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 833 view

愛犬が寝たきりになったら…高齢犬の床ずれ対策は大丈夫?

犬も高齢になると寝たきりになってしまうことがあります。そうなると人と同じで床ずれが出来てしまうことをご存じで…

cezannee / 1743 view

なんだかおいしそう⁈犬用フィラリアのお薬は進化しているのです

犬のフィラリアの薬と言ったら白い錠剤。なかなか飲んでくれないし、困ってる…。そんな方にお勧めしたい、フィラリ…

Gigii / 2596 view

関連するキーワード