そもそも、何故避妊手術や去勢が必要なのか?

昔は犬と言えば番犬として飼っている家が多く、外飼いが主でした。避妊手術や去勢をしていない状態での無駄な繁殖を避ける目的で奨励されてきたのもあり、現在もそれは勿論同様です。
しかし、室内飼いが増えた最近では、愛犬の健康上の理由で手術を受ける飼い主さんは増えているのです。

避妊手術や去勢が何故 健康管理に繋がるの?

昔のように無駄な繁殖を未然に防ぐよりも、犬の健康管理を、目的としての傾向が強い避妊手術や去勢ですが、実際に重大な病気の予防になるということが解明されています。
雄犬の場合は前立腺肥大や肛門周囲線ガンなど、雌犬の場合は子宮蓄膿症、卵巣腫瘍など、ガンを予防する効果が高く、犬の寿命にも影響があるのです。

雌犬の避妊手術のタイミングと費用は?

生まれてから初めてのヒート(発情)が来る前が適切と言われています。犬種や個体によって様々ですが、6ヶ月〜8ヶ月前後が多いようです。
費用も病院やサイズによって異なり、小型犬の場合なら2万円前後、大型犬なら4万〜5万円程度という感じのようです。
手術時期や費用は行きつけの病院で相談してみましょう。

避妊手術でのデメリットは?手術後に注意するのはこんなこと。

避妊手術をするには全身麻酔になります。犬によっては負担がかかってしまう体質で麻酔は出来ない個体もいる為、事前に検査してもらうと安心です。
抜糸まではなるべく安静に。それから、避妊手術後は太りやすくなります。肥満防止のフードなどもいろいろ出ているので、太らないような食事管理や適度な運動が必要です。

去勢手術するタイミングと費用はどれくらい?

雄犬は発情している雌犬に反応するというだけで、決まった発情時期というものがありません。その為、特に適正時期というものはありませんが、マーキングを防ぐ目的も兼ねている場合は、生後半年前後で受ける飼い主は多いようです。
費用は犬種や病院にもよりますが、1万円〜2万円程度が多いようです。

去勢手術後の注意点は?飼い方はどう変化するの?

抜糸が必要な場合は、抜糸までは安静にします。
雌同様、太りやすくなるので、こちらも専用の肥満防止のフードを検討したり、散歩を始め適度な運動を心掛けるのが大切です。
個体差はありますが、雄は去勢によって攻撃的な性格が和らぐ事も多く、マーキングも含めて飼いやすくなる傾向は強いようです。

まとめ

避妊手術や去勢手術の際には、抜けきれていない乳歯を抜いて貰ったり、他の治療もして貰う飼い主さんも多いです。
全身麻酔は余程必要に迫られない限りはあまり勧められませんので、気になる部分は一緒に処置して貰うのも犬の負担を軽減する手段です。
犬の健康を第一に考えて、獣医に相談しながら適切な判断とケアが大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

タバコの煙、犬の健康にどう影響する?気をつけるべきこととは?

人間の健康には多大な害があると言われているタバコですが、犬にとってはどうなのでしょう?人間と同じように犬にと…

cezannee / 2655 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2961 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 2543 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7920 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3469 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1417 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 3627 view

夜中に愛犬の具合が悪くなったら、きちんと対処できますか?

人間でも犬でも、夜中に急に具合が悪くなることってありますよね?そんな時、落ち着いてきちんと対処できるよう日頃…

cezannee / 2416 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 1695 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 1296 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3445 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 1608 view

関連するキーワード